夜中にネットが遅くなるのがプロバイダを「ZOOT NATIVE」に変えたら解決しました!無料お試し期間もあるのでオススメ

      2,111 views 

速度

「夜中になるとネットが重くなる」「夜中にインターネットが使い物にならない」そう悩んでいる人に朗報です。オススメのプロバイダを見つけました。

「夜中にインターネットが重くなる」という理由の大半は恐らくプロバイダです。めちゃくちゃ大雑把に話をすると、NTTのフレッツ光ネクストなどを使っていても遅い人は特にもうか前にプロバイダです。

今回は実際にプロバイダが原因で重くなっていた僕が解消した方法を紹介します。

だがしかーし!これらは混雑状況によって異なるので、結局みんながZOOT NATIVEに移動しまくったらまた重くなる可能性も0ではないので、そこだけ注意して下さい。

ただしZOOT NATIVEは2ヶ月間は無料で試す事が出来るので、一度は試してみても良いとは思いますよ!

スポンサードリンク

僕の使用環境と重くなっていた理由まとめ

僕が使っていたのはNTT西日本の「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」というものです。

ベストエフォート(要するに最高速度ね)1Gpbsという、関東首都近辺しか使えない「NURO光」を除くと最も早い状態です。ちなみにNURO光は2Gbpsです。

ですがプロバイダを大手の「biglobe」にしていたので、どうしても4月~10月ぐらいの間は夜中に重くなっていました…。

これらの奮闘については過去に記事にしています。

この時に既にIPv6を活用していたのですが、それでもやはり2017年4月頃からまーたbiglobeは重くなりました。そこで「もうbiglobeはダメだ、もっと混まないプロバイダを探そう」とずっと思っていました。

もうマイナーなプロバイダに逃げようと思っていた所、今回の解決法に繋がったプロバイダを見つけました。それは「インターリンク」のZOOT NATIVE(ズットネイティブ)というサービスです。

ZOOT NATIVEとは?




公式サイト→ ZOOT NATIVE

まぁ簡単に言うとIPv6接続で繋ぐ事で快速になりますよってサービス。ぶっちゃけbiglobeでも似たような技術はあります。むしろ全く同じなんじゃないのか?って思いつつ…(笑)

問題点が一つありまして、これを使うためにはある程度良いルーターが必要になります「DS-Lite」という接続方法を活用するために、それに適したルーターでないと使えません。

対応しているルーターは?

ちなみにルーターとはこういうものです。

対応しているルーターは公式サイトに掲載されているのでチェケラッチョしてみてください。

( ・(ェ)・)つ https://faq.interlink.or.jp/faq2/View/wcDisplayContent.aspx?id=93

ちなみに僕が紹介しているバッファローのルーターは対応しています。僕は地味にグレードアップさせて、今はこういうルーターを使っています。

最新式なのでこれも対応しています。これぐらいの投資をした上で僕は「夜中に速度が遅い」と感じたので、プロバイダにも投資する事にしたわけです。

使える環境かどうかは公式サイトで確認可能

ZOOT NATIVEが使える状態になっているのかどうかは公式サイトに行けば確認する事が出来ます。

ルーターも変えないといけない…となるとちょっと試す気が失せるかも知れないので注意ですね…。

ちなみに他のプロバイダでIPv6接続に変えている人は「一度NTTなどで解除してからでないと登録できないので注意です」僕もこれに引っかかって、NTTからネットで一度IPv6接続のみ解約して解除しました。

この解除自体はすぐに可能なので、ネットから解除すると良いです。

クレカで登録すれば30分で試せる

クレジットカードを活用して登録すれば30分でプロバイダの設定が完了します。

必要なのはフレッツ光のIDとパスワードです。これらを把握していればホントにすぐに申し込んで、30分後には試す事が出来るので非常に楽です。

登録してから30分後まで待つだけでもイライラしましたが(笑)それでも実際に開通してからは早い速度を維持しているので満足しています。

設定はルーター側で即座に終わる

登録して「設定が完了しました」ってメールが届いたら、後はルーターの設定をして終わりです。

それらの設定方法も全部メールが送られてきて、そのメールから参照すればやれるはずです。実際に僕もそれで設定は完了しました。

スポンサードリンク

2ヶ月間の無料お試し期間がある

個人的に良いなと思ったのは2ヶ月間の無料お試し期間がある点です。

2ヶ月間も無料で試せばある程度わかるはずです。また特に大事なのは「土日のゴールデンタイムに使えるかどうか」だと思います。

実際に土日に混むかどうかを試してからようやく「じゃあbiglobeは解約しても良いかな」と言い切れますよね。

いつ混むようになるかわからない

はっきり言ってプロバイダが混雑するかどうかは「どれだけ人気があるかどうか」に左右されます。

ZOOT NATIVEについては、僕以外の超大手も紹介しています。僕自身が即座に乗り換えたように、フットワークが軽い人は即座に試している可能性が高い。

これから更にどんどんたくさんの人が「じゃあこっちに乗り換えよう!」と乗り換えたら、今度はZOOT NATIVEの方が混雑して激混みになる可能性もあります。

ってわけで無料で2ヶ月は試す事が出来るので、それで試した上で「夜中になっても激混みやんけ!」ってなったら、即座に契約解除してもとのプロバイダに一度戻す事をオススメします!僕もそうするつもりです(笑)

実際に変えてみた速度

速度
実際についさっき、19時頃に測った有線の速度ですね。有線のPCだとやはりこれぐらいの175Mbpsって速度が出ます。これは十分過ぎる速度です、動画を見るとしても20Mbpsもあれば十分ですから。

速度
日付けと時間をよく見て欲しいんですが、19時や20時でも36ぐらいは出ています。Huluやダゾーンの視聴でも5~9Mbpsで良いとの事なので、これなら夜中の視聴にも耐えられます。

速度
下から2番目の2.77Mbpsってのがbiglobeで測った数字、その後の数字は総てこのZOOT NATIVEでの無線LANでの数字となります。夜中でも10を超えているので、これなら全然大丈夫って事になります。

元々biglobeの時は土日関係なく重くなっていたので、平日の夜中でもAmazonプライムビデオやabema TVが見れるようになったのは良かったです。

もう最近は夜中にアベーマTVも見れなくなってきていたので…。

土日だろうと深夜だろうと快速

速度

これは夜中の速度を測ってみたりしたもので、8日などは土日なので、土日でも全く速度が遅くならなかった証明でもあります。

夜の23時でも102Mbpsなども出ている事を考えれば十分ですよね。この時点で僕はbiglobeを解約しました。

無料期間があるので1度お試しを

またもし「重くなった!」と思えば追記します(笑)

だから追記されてない限りは「僕の環境では」ある程度軽くなっているって事になります。

【追記】実際に何ヶ月か使ってますが、ずっと爆速のままです。快適過ぎてヤバイ。

ただしやっぱり有線と無線での速度の違いは結構あるので、そこも含めてやはり「どうしても軽くしたい」場合は有線を優先した方が良いかも知れませんね。

そうは言いつつ、僕が夜中にHuluやabema TVを見ているのは無線環境ですけどね…biglobeの場合は、有線でも同じぐらい重かったので…諦めてました…。

でもZOOT NATIVEだと、現状で2倍ぐらいの差があるので、メインで使っている環境が有線で使える環境なら、プロバイダを変えて劇的に改善する可能性はありますよ。

公式サイト→ ZOOT NATIVE