定額動画配信サービスが大好きな僕が利用しているものまとめ…一番のオススメはやっぱAmazonプライム

楽しむ家族

ビデオオンデマンドサービスと言うべきか、動画配信サービスと言うべきかわかりませんが、最近流行りの「定額で動画を見放題になるサービス」についてまとめたいと思います。

個人的に良いと思っているものに関しては実際に加入して試してから紹介しています。

どの動画配信サービスが良いかは何を求めているかによるとは思うので、それについても書いておきます。

ちなみに定額動画配信サービスを見る際に必須なデバイスですが、僕は断然Amazon Fire TVをオススメしているので、こちらも良ければどうぞ。

月額動画配信サービス比較まとめ

サービス名月額無料期間動画本数PPV
Hulu933円(税抜き)14日3万本なし
Amazonプライム年会費3,900円(税込み)30日2.1万本あり
dTV540円31日12万本以上あり
DMM見放題ch540円14日9,000本以上(大人向け2,000)あり

Amazonプライムビデオ

ある意味最強の動画配信サービスです。

Amazon様がやっているだけあって配信も安定しており、見てて重くなる事がほとんど一度もありません。

何より素晴らしいのが年間で3,900円(税込み)なので月額にするとたったの325円になる超激安のサービスです。

値段を考えるとAmazonプライムが100%最強だと断言出来ます。

公式サイト→Amazonプライム

子供向けのアニメ、クレヨンしんちゃんとかドラえもんとかも多数作品ラインナップがあるのでかなりのオススメです。

僕は本当に毎日見てる感じ…最近はウォーキング・デッド以外はAmazonプライムですね…。

Hulu

僕が動画配信サービスに対して「これ良いな」と感じたきっかけとなったサービスです。

Huluの最大の魅力は大人気の海外ドラマ「ウォーキング・デッド」の最新シーズンが放送される点です。

我が家の夫婦はこれを楽しみに生きているので、それだけでHuluの月額約千円は全く惜しくありません。

字幕版・吹替版の映画・ドラマがてんこ盛りなのもグッドです。

公式サイト→hulu

DMM見放題chライト

たったの月額540円で加入が可能な上に、グラビア動画や大人向け動画も含まれていると言う…恐るべきサービスです。

独身男性には超絶オススメなサービスとなります。

大人向けだけで2,000本以上の作品があり、一般でも5,000本以上の動画があるとの事。ちなみに人気順で調べてみると一般でもグラビア動画が上位を独占していたので、需要は完全にそっちでした。

また大人向けの動画も2週間置きで十数本程度の入れ替えがあるので、それも込みで楽しむ事が出来ます。

2週間無料なので登録してみたんですが、かなり多かったです…。独身なら絶対に愛用してましたね…(笑)

公式サイト→DMM見放題chライト

dTV

月額500円から見る事が出来る大手のドコモが開始している定額動画配信サービス。

漫画を読み上げて動画で見れるサービスや、エイベックスのアーティストのMVやライブ映像を多数見る事が出来るのが強み。

EXILEやAAAや最近話題の三浦大知さんなどが好きな人にはオススメ。

公式サイト→dTV

Netflixはクレジットカードの登録すら出来なかった

こんな事は初めてだったんですけど、Netflixも試そうと思ったんですが登録すら出来ませんでした。

何故かクレジットカードの登録をする事が出来ませんでした。

調べてみると何故か結構あるバグみたいです…朝やってみて、しばらく時間を置いて夜に操作もしてみたんですが登録すら出来ませんでした。

だからNetflixは比較しようにも出来ていません…何故登録出来ないのかも不明。クレカが対応してないわけじゃないし、僕が使っているクレカは他にも複数のサービスで使用しているので、使えない事は100%ありえません。

少なくとも言えるのは「Netflixはクレカ登録が出来ないバグが起こる可能性がある」と言うのが事実かなと…。

クレカ情報なんて出来れば何度も入力したくないものなので、登録出来ない時点で個人的には萎えてしまいました…。

4K動画もあるのがNetflixの魅力なので、いずれは4Kテレビを買ったら加入しようとは思っていたので、これは正直ショックです…なんでや…。

また試す事が出来たらその時に追記します…(笑)

各々の長所は?

色々なサービスに登録してみて感じた各々のサービスの長所についてもまとめておきたいと思います。

個人的に感じたのは各々のサービスに長所がちゃんとあるって点です。

月額料金の違いも込みで、どれを選択するかは自分の趣味と一緒に考えると良いと思います。

Amazonプライムは付加価値が大きすぎる

Amazonプライムは動画だけのサービスじゃないのが大きすぎます。音楽も定額で聴きまくる事が出来ます。特に洋楽も豊富にあります。

ご存知の通り、AmazonプライムでAmazonで購入した商品が早く届くようになりますし、それだけの付加価値があるにも関わらず月額にすると330円程度と最も安いのは凄すぎます。

プライムビデオで見れる動画の量もかなりのものですが、それ以外の付加価値が多すぎるのと、月額にすると安すぎるんですよ…。

Amazonプライムに関しては、動画や音楽を好む人で入らないのは大損だと思うレベルです。

だから僕は断然Amazonプライムを推してます。

ドラえもんやクレヨンしんちゃんもあるので、子供向けとしても使えるのもメリットですね。

Huluの長所はわかりやすさ

Huluは僕がVOD(定額動画配信サービス)に触れた最初のサービスとなります。

月額約千円と言うわかりやすい料金かつ、総ての動画を定額で見る事が可能になっているので見てて安心ですよね。

動画を検索してお目当てのドラマや映画があっても、追加課金が必要…となるのはかなりのストレスになります。

僕はPPVがあるサービスを利用する度にその追加課金に萎えているので…。

個人的にはHuluはこの点が最強だと感じています。

そして何より大人気ドラマのウォーキングデッドが優先的に配信されているのも大きいですね。

我が家は夫婦揃ってウォーキング・デッドを楽しみにしているので、それだけでもHuluを契約しているメリットはある感じですね。

どの動画を見ても追加課金はないので、初心者にも安心して利用出来るサービスだと僕は思います。

初めて定額動画配信サービスに触れる人はHuluから入ってみても良いと思います。

映画・ドラマ両方充実してますし、何より海外ドラマが多いので海外ドラマに興味がある人には良いサービスです。

DMM見放題チャンネルは大人向け

DMM見放題チャンネルもの良さは断然大人向けの動画がある点ですよね。

実際に試しに登録してみたんですが、結構多いです。さすがDMMって所か…(笑)

実際に動画を人気順で検索してみると、一般放送の方でも上位がほぼ総てグラビア動画になってました…客層もわかりやすい。

もちろん総てのグラビア動画が見放題で見れるわけじゃありません。適当に調べてみると「吉木りさ」さんで、見放題なのは3作品ですが、実際には12作品あるようなのでそれだけの差はあります。

また大人向けの方も基本的に2000作品が視聴可能で、毎週月・水・金に10作品づつ追加されていき、同じ数が配信終了していく形になっているので、それだけ色々な作品が見れる…と言うのは凄い。

ただ趣向がハッキリしている人からすると、自分が見たいタイプの作品が少ないとあまり意味がないと感じるかも知れませんね…。

色々なタイプの作品が見たい雑食系は十分楽しめそうです。

それが月額約500円で見れるのはかなりデカいです…独身なら絶対僕は愛用してました…(笑)

ライブ映像などが見たいならdTVも良い

dTVはライブ映像などが多数あるので、僕はこの点が長所だと思ってます。

好きなアーティストの作品が登録されてると、かなりの数を堪能する事が出来るので月額500円なんて安すぎて笑えるレベルになります。

当然ながら映画やドラマも普通にあるので、ラインナップがまた増えるという点も個人的には気に入ってます。

「あ、この映画もう一回見たかったんだけど他のサービスで配信終わってたんだよね」みたいな作品があったりもするので、僕はその点で500円追加しても良いかなー?って感じてます(笑)

メインで使うとしては微妙ですが、サブとして使うには十分なサービスじゃないかなって思ってます。何より安いですしね(笑)

Amazonプライムが最強です

これまで色々と試してみましたが、現状で僕はAmazonプライムが一番気に入っています。

プライムで無料で見放題の動画と、そうではないPPV(と言うか普通のレンタル)の動画との区別も非常にわかりやすくなっています。

もちろんAmazonのサービスなので他にもプライムミュージックも聴けたりするので、僕は洋楽のいくつかはそちらで聴きながら作業をしている事も多々あります。

月額たったの300円程度で色々なサービスを受ける事が出来るので…特にAmazonで買い物もする人ならよけいにですよね…。

Amazon TVが便利過ぎる

Amazonプライムで動画を見るのがベターな理由の一つにAmazon TVの使いやすさってのもあります。実際に似たデバイスのChromecastも持っていますが、正直現状だとAmazon TVの方が良いと感じてます。

Amazon TVがあるとないとでAmazonプライムビデオの便利さも遥かに変わってくるので、個人的には購入をオススメします。

また他の定額動画配信サービスも大体がAmazon TVやChromecastに対応しているので、どちらかを活用する方がベターです。

スマートフォンやタブレットで見ても別に構いませんが、やはりテレビの大きな画面で見る方がドラマも映画も見やすいですから。

定額動画配信サービスを視聴するならChromecastやAmazon TVなどのデバイスは絶対にあった方が良いです。特に家族や恋人・友人らの複数で見る場合は絶対にある方が楽しいですよ。

定額動画配信サービスを見出すともうテレビを見る気にならない

動画配信サービスの良い点は「いつでも見たい時に見れる」点です。

これまでのテレビだと時間に縛られることになってしまいます。放送されている時間に家にいないと見れなくて、どうしても見たいなら録画する必要がありました。

ですがHuluを見始めてそういう生活からは僕は完全に解き放たれまして「見たい時に見てたドラマの続きが見れる」「好きな時に映画を見れる」って生活になってから、完全に止められなくなりました(笑)

もちろん作品ラインナップが気に入らない時もありますが、そういう時は複数のサービスに登録すれば良いだけの話しです。

実際にAmazonプライムとHuluを併用する事で、時と場合によって見るものを分けています。

DVDレンタルよりも遥かに楽

これまでだと一度DVDレンタルに行ったら5本ぐらい映画を借りて1000円とかだったのが、その千円で見放題になるわけなので…コスパが違いすぎます。

更にレンタルだと「借りに行く」だけでなく「返しに行く」行動も必要になり、その時間がめちゃくちゃ無駄になります。

お金も高い上に時間の無駄にもなるわけですよ。これらの行動が面倒な僕からすると定額動画配信サービスが最強過ぎてヤバイわけです…。

だから元々洋画や海外ドラマを見ていた人、邦画でも映画やドラマをレンタルでたまに見ていた人からすると最強過ぎるんですよね…。

ぶっちゃけ3つぐらい加入しても月額3千円以下ですからね…。

これまで何度かレンタルしてた側からすると安すぎてヤバイです。極論ですがスマートフォンを格安SIMに変えて浮いた金で契約出来ます、ワッハッハ。

スポーツ版のダゾーンにも今後に期待

Jリーグが配信されるようになる事で話題の「DAZN(ダゾーン」ですが、これにも期待はしてます。

ただしあくまで生放送があり、その後に見逃し放送がある形なので時間にとらわれる点は個人的には他の定額動画配信サービスに比べると使い勝手が悪いと感じますね…。

また「リアルタイム」にこだわるのがスポーツなので、その結果見たい試合がやっている時間帯に限って重くなりカクカクしたり、バッファで止まる事があるのが非常に不便です…。

リアルタイムにこだわる必要がないドラマ・映画・アニメとは根本的に異なります。

それでも「自分が見たいタイミングで好きなスポーツを見れる」点は個人的には可能性を感じるのも事実です。少なくとも放送時間が100%決まっていたこれまでのサービスとはちょっと違いますね。

ただスポーツに関しては画質が落ちると、背番号が確認出来なかったりするので、色々な意味で問題が出て来るから…今はまだ「めっちゃオススメです」って言えるほどではないのが残念です。

また個人的には今回紹介しているのは「ドラマ・映画・アニメ」がメインなので、それとは完全に異なる「スポーツ」ってジャンルなので、ダゾーンに関しては完全に番外編的に紹介しておきます(笑)


オススメの記事

1
格安SIMの料金・特徴比較ランキングまとめ…自分に合ったプランを探して契約しよう

最近話題の格安SIMですが、改めてどれだけの種類があって、どのような違いがあるのか、気になったので比較してまとめてみる事にしました。 改めて見てみるとやはり色々なサービスがあるので、個人の趣味によって ...

2
定額動画配信サービスが大好きな僕が利用しているものまとめ…一番のオススメはやっぱAmazonプライム

ビデオオンデマンドサービスと言うべきか、動画配信サービスと言うべきかわかりませんが、最近流行りの「定額で動画を見放題になるサービス」についてまとめたいと思います。 個人的に良いと思っているものに関して ...

3
初心者向けクレジットカードのオススメまとめ…固定費を支払うためだけに持っておくとお得

近代的なサービスを利用しようとすると、どうしても出て来るのが「クレジットカード必須問題」です。 例えば格安SIMの契約にも、定額動画配信サービスを契約する際にも、クレジットカードは必須になってしまいま ...

4
デスクトップパソコンを安く買うならドスパラがオススメって話…用途によって好きにスペックをカスタマイズ可能

僕がいつもデスクトップPCを購入しているのは「ドスパラ」さんです。 ドスパラは実店舗も存在するお店で、ネット通販でもPCを購入しています 様々なタイプのPCを販売しており、ハッキリ言ってそこらの家電量 ...

投稿日:

Copyright© ガジェ論 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.