TouchBarつきのMacBook Pro13インチを使ってみた感想まとめ…初のMBPだけど良さげ

      2016/11/25  954 views 

MacBook Pro

とうとう念願だったMacBook Proを購入してしまいました…!!

更に何を思ったのかTouch Barつきのモデルを購入したのでこれまで時間が必要になってしまったのですが、実際に購入してみて感じたことなどをまとめておきたいと思います。

特にこれまでずっとWindows派で、今年になってようやくChromebookに手を出したばかりの僕が、とうとうMacBookにも手を出した事になります。初MACなのでヘビーユーザーの方に比べると見えるものがまた違うとは思いますので、何かしら参考にしてみてください〜。

ですが実は現状僕はちょっと購入した事を後悔しているのが正直なところです。これならまだSurfacebookの方が良かったかも知れません…。

スポンサードリンク

Touch Barの使い勝手は悪くない

正直な話、実際に触れてみて感じたのはTouchBarの使い勝手は結構良いなと思いました。。

デフォルトでは4つの項目を表示する事ができる状況で、その4つはショートカットキーとして自分でカスタマイズする事も可能になっています。

MacBook ProのTouchBarカスタマイズ済み

現時点でこのボタンはすでにカスタマイズ済みのものになります。

これで自分が好きなボタンを入れる事が可能になっているのは個人的には有りかなと。

使いこなすにはApple純正を揃える必要がある

例えばブラウザをSafariにしておかないと、ブラウザで使う事ができるショートカットは表示されません。

Safariを使っている場合には、開いた際にはいくつかのブックマークがデフォルトで準備されているので、それが表示されます。

更に使用中の場合でも、ブラウザの操作をTouchBarから行う事が可能になっているので、その点に関しては感覚的に使うには都合が良いのかな?とは個人的には思いました。

MacBook Pro

これは入力辞書にも同じ事が言えて、デフォルトのままの辞書を使っていると変換候補がTouchBarに表示されるので、個人的にはこの機能についてはありだと思います。

Googleに切り替えると使えなくなる

言うまでもありませんが、Googleに切り替えちゃうとこれらの機能は使えなくなります。

MacBook Pro

ですから僕は結局使う事ができません。入力もグーグル日本語入力ですし、ブラウザもどうしてもChromeがメインになっているので、そちらを使うことになります。

こうなるとTouchBarの恩恵はあまりありませんね…。

ただパスワード入力の手間が省けるの良い

僕はパスワードをすぐ忘れるタイプのアホなので、起動時などにパソコンにパスワードを入れる必要がなく、そのまま指紋認証で行けるのは嬉しいです。

Chromebookの時はAndroidスマートフォンとBluetoothで連携する事で起動するようにしていましたが、MacBookは指紋で行けます。この点は個人的には気に入っています。

Chromebookと見た目を比較

早速ですがChromebookと見た目を比較してみました。

これはChromebookが11.6インチを使っていたので、今回は最小でも13インチしかない事から「それなりに大きなものが来るだろな…」とちょっと嫌な気持ちでいたんですが、何て事はなくまさかのサイズがほとんど変わらないというオチでした…スペックよく見ろよって話なんですけど…(笑)

MacBook Pro

これだけのサイズ差しかありません。

当然MacBookの方が薄い

MacBook Pro

見ての通り厚さは圧倒的にMacBookの方が薄いです。こういう部分では当然ですが圧勝ですね…!!価格が高いだけあります。

キーボードもMacBookの方が圧縮されている

MacBook Pro

キーボードの上下の幅を見ればわかりますが、MacBookの方が圧縮されている事になります。

キーピッチと言う意味では僕はこちらの方が打ちやすいと感じました。実際に今はMacBook Proで記事を書いていますが、タイピングに関しては色々と思う所はあるので検証しておきます。

スポンサードリンク

タイピングは非常にやりづらいので微妙

僕が最も重要視しているタイピングですが、やはりMacBook Proはやりづらかったです…。

一応ネットの評判でも「打ちづらい」と言う評価はありましたが、やはり実際に使ってみないとわからないなーと思ってたんですけど、実際に使ってみると非常に打ちづらいです。

打鍵音がめちゃくちゃうるさい

僕がChromebookから乗り換えようと思った理由の一つが「打鍵音がうるさいから」ってのがありました。

ですがMacBook Proはそれを更に超える音です…「パチン!」って音が非常に頻繁に鳴り響きます。しかも結構音のキーが高いので、これは響くなと…Chromebookはカチャカチャおもちゃのような音がしてましたが、MacBook Proの方がもっと酷かったです。これは正直最大の誤算でした。

キーストロークが浅すぎて指が痛い

元々話題にはなっていた「キーストローク浅すぎ問題」ですが、想像以上に浅いです…。

しかもこれ困った事に、どれぐらい押せば認識するのか慣れが必要ってことです。

しっかり押そうとすると音がうるさく、更にかんたんに底に触れてしまうので指が痛いです。

僕は元々腱鞘炎を持っているので、指の痛みには敏感です…だからこれは凄く困ります…。

だから痛くないように、音がしないように優しく押し込むつもりで軽く押し込むと、キーストロークが浅すぎて押せているかどうかの判断がわかりません。

おかげで頻繁にタイプミスが発生します。それも「打ったつもりが打てていない」系のタイプミスになるので非常にイライラします。

これは現状最大の問題点ですね…僕の場合はある程度タイピングの速度があるので、ちょっとミスをするとその間にかなりの文字数を打ってしまうので、直すのも非常に沿道です…。

これが一番の不満点だと言って良いかなと。

トラックパッドの誤動作は少ない

トラックパッドなんですが、言われている通りかなり大きくなっています。

ですがさすがAppleと言うべきか、僕が入力中に手のひらとかが当たっても、全くトラックパッドの誤動作は起きていません。

つまり手のひらが当たったぐらいではカーソルが動く事はないって事です。

これを気にする人って結構いると思うんです。実際に昔僕が使っていた安物のノートパソコンでもそういうのたくさんあってイライラしましたから…でも現状は全くありませんね誤作動は。

手が汚れると反応が悪くなる

試しに手に油みたいなのをつけた状態で触れてみたんですが、ページのスクロールをしようとして二本指で操作しても、何故か右クリックを押した状態(本来は軽くタップ)になる事が多発しました。

これも誤作動といえば誤作動かも知れませんけど、これに関しては「手が汚れている状態だと増える」と言うべきかも知れません。

実際に手を洗ってから触れてみたら誤作動はなくなりました。つまり手が汚れていたから誤作動があっただけに過ぎないって事になります。

TypeーCでの充電が可能なのは最高

MacBook Pro

入ってたのはこれだけだったんですが、このUSB Type-Cだけで充電が可能なのは最高に嬉しいです。僕が使っているAndroidのNexus5Xで同じ充電器で使う事が出来ますからね…!!

個人的にはこの点だけでMacBookを選択したと言っても過言ではありません…僕がノートパソコンに引っ付けるのって、基本的に充電コードとイヤホンぐらいなので、その2つがあれば実は十分…そういう意味では僕にとって非常にベターなラップトップであると言えます。

OSの違いは慣れの問題になりそう

元々僕は自宅のデスクトップはWindowsで、外ではChromebookを使う…という状態でした。

Chromebookの場合はキー配置に関しても大差なかったので、そこそこ良い感じに使う事ができていたと言って良いでしょう。でもなんだかんだ数ヶ月使ってきたので慣れていたのもあるとは思います。

ですからMacBook Proも使い続ければOS部分に関しては慣れると思います。

ちょっとまだタブ移動がやりづらいんですけどね…どうしてもWindowsのコントロールキーに慣れすぎて…(笑)

ただcommandはWindowsで言うControlキーと同意だと考えるとそこそこすぐに慣れると言えるのかも知れません。

これはしばらく使ってみてから再評価したいと思います。

トラックパッドのジェスチャをカスタマイズしてみた

トラックパッドのジェスチャをカスタマイズする事が可能なアプリがあったのでダウンロードして使ってみました。

そのアプリは「Better touch tool」です。おそらくマカーには非常に有名なアプリだと思います。実際に使ってみるとあまりの便利さにビビりました…これがあればMacBookが神化するなと確信しました。

公式サイト→https://www.boastr.net/

Better touch toolの設定のやり方

ダウンロードが終わったらとりあえずインストールしましょう。インストールを終えるとこういう画面が出て来ます。

スクリーンショット

上部にある「Trackpad」をまず選択しましょう。

そこからウインドウの右下の方にある「Add New Gesture」を選択しましょう。そこで選択できる項目が表示されます。

一番左がTrackpadの操作、右にあるのが割り当てるショートカットです。これでどの操作をすればどのような効果が出るか設定出来るようになりました。

Chromeでの設定方法

Google Chromeをブラウザとして使っている場合の設定方法を紹介しておきます。今回僕が使っているのはこれらのショートカットです。

  • タブを左に移動=control+tab
  • タブを左に移動=control+tab+shift
  • タブを開く=command+t
  • タブを閉じる=command+w
  • 文章全体にチェック=command+a
  • コピー=command+c
  • ペースト=command+v

僕はこれらの動作を非常に頻繁に使います。例えば画像ファイルをブログに貼り付ける際にも、ずっと定型文をコピーしてペースト、ファイル名を切り替えるだけ…と言う手法を使うので、凄く頻繁に使うんです。

だからこれらを全部このうように割り当てました。

僕がやったジェスチャへの割り当てまとめ

  • 一本指を置いた状態で左側をタップ=タブを左に移動
  • 一本指を置いた状態で右側をタップ=タブを右に移動
  • 三本指で上に払う=タブを開く
  • 三本指で下に払う=タブを閉じる
  • 三本指で左に払う=全選択
  • 三本指でタップ=コピー
  • 三本指で右に払う=ペースト

こういう形にしました。これでかなり操作が楽になったので、個人的にはオススメしたい。

設定時の注意

スクリーンショット

「tiptap left」(1本指で触れている状態で左側をタップ)はTwo fingerの所にあるので注意です。ちょっとわかりづらい。

他はThree fingerにあるのでわかりやすいかな…これはほとんど英語がわからない僕でも大体見れば理解出来たので、そこは誰でもわかるはずです。

これを使うだけでMacBookがちょいと神ツール化したので、もし購入を検討している人がいたら参考にしてみて下さい。

tiptapは誤作動はちょっと増える

ただこれ、このtiptap系のジェスチャを使っちゃうと、入力中に誤作動が起きる事が増えました…。

これまでは一切誤作動はなかったんですが、ちょっと手のひらが当たった際に、片方なら良いんですけど両方が当たるとこのタブの移動が発動する事があります…。

そこを考えるとtiptapを使うのはちょっと微妙かも知れません。その場合はもう少し違うジェスチャの割り当てにすれば良いだけですね。

MacBookで良いと思った点

  • ディスプレイがキレイ
  • 本体が薄い
  • 持ち運びやすい
  • スタバでドヤ顔できそう
  • スピーカーもかなり良い
  • TouchBarは使い方次第で化けそう
  • 本体の開閉も非常に軽い
  • 充電器がスマホと統一出来るのが最高
  • トラックパッドのジェスチャをカスタマイズすると快適になる

個人的には結構これらのついては満足しています。

特にTouchBarは自分好みでカスタマイズすればかなり良いものになりそうです。個人的にはこの「カスタマイズ可能なボタンがある」のは気に入ってます。確かにそれに3万円以上の価値があるのかと言われたら迷うところですけど…(笑)

MacBookで微妙だと思った点

キーボード、とりあえずキーボード、キーボードが最悪。

それ以外に関してはOSに慣れていないから…と言う点が非常に大きいので、それに関しては慣れるまでは絶対に悪いと感じるので、現状はノーコメントです(笑)

とりあえずこのキーボードの微妙さはなんとかしてほしいですね…キーボードに関してはSurfacebookは良かったので、そこの差で次にもし買うならそっちかなぁ…とは思ってしまいます…。

でもキーボードの感触も慣れてきたらだいぶ良くなるとは思います。実際に一度PCから離れてまた打つようになったらかなり良い感じに思えてきました…(笑)

仕事で使うならハイエンドモデルの方がベター

何よりやっぱりディスプレイのベゼルが小さくて画面が見やすいので、そういう使い勝手の良さの方が目立ちます。

これまでのChromebookの場合はどうしてもメモリも4GBでCPUも大した事がなかったので、MacBook Proにしてからはマルチタスクをしても全く動作も重くなっていないので、これらの方が個人的には恩恵がデカイなと感じました。

やはり仕事で使うならある程度のハイエンドモデルの方がベターだなと…あとはSurfacebookの充電が独自規格じゃなくて、USB Type-Cになってくれたらなぁ…とは心から思います…。

もしそうなったら本当にSurfacebookに最終的に乗り換えるのは手だなと…!!(笑)

少なくとも現状は僕の中ではMacBook Proが最もベターな選択肢かなーって思っている所ですね。

約20万円しましたが、個人的には悪くない買い物だったなと思っています。ただあくまで用途は「ブロガーとして必要最低限の部分」に限られてます。

やるとしても画像をちょっと編集する、文章を書くのがメイン…って所ですね。

それだけの用途ならメモリ8GBで十分だとも思います。動画編集とかするならメモリ16GBにしたんでしょうけど、そこまでやる気はないので…(笑)

ってわけでサクッとですが使ってみた感想でした。キーボードのクセが強いのでそこだけは気になりますが、そこは慣れたらなんとかなるのかなーとも思ってます。

慣れなかったら「やっぱりこれだめでした」って形で追記しておきます…(笑)