ノートパソコンのサイズは11.6インチがオススメだと思う理由

      2016/06/10  9,908 views 

過去に一度大きすぎるノートパソコンを購入して激しく後悔した男、でろりんです。

僕の中でずっと疑問があありました。それは「ノートパソコンはどのサイズがベターなのか?」

今回Chromebookで11.6インチを購入した僕は、心の底からこう思いました。

小さければ小さい方が良いんじゃない?

ってわけで今回は「11.6インチでも結構いけますよ」って話をしたいと思います。

スポンサードリンク

キーボードは絶対にフルサイズが良い

とりあえず今回強調しておきたいのは、最低限の打ちやすさを確保することです。

そのために大事な事は何かと言うと、やはりキーボードです。

フルサイズキーボードのギリギリは11.6インチ

これ実は店頭で様々なサイズのノートパソコンをイジってみて感じたんですが、10インチになるとフルサイズキーボードではなくなっている事が多かったです。

もちろんこれも製品によると思いますが、キーボードのサイズが小さくなっていたら文字入力は格段にやりづらくなります。

だからキーボードのサイズは必ず確認するようにした方が良いです。

特に僕の場合は文字入力をメインで使う事になるので、そこが使いにくかったら何の意味もありません。

そういう意味で僕は11.6インチが限界かな?とも思います。

デスクトップ用のキーボードとの比較

HP Chromebook11G3のサイズ

上部にあるのが僕の買った「HP Chromebook11G3」です。11.6インチのサイズでこれです。

キーボードの部分を見ればわかりますが、デスクトップのキーボードと文字入力のサイズは変わらないので、違和感なく打つ事が出来ます。

タブレットのキーボードとの違い

僕が以前までNexus9で使っていたMicrosoftのキーボードとのサイズの違いはこのようになります。

HP Chromebook11G3のサイズ

これだけのサイズの違いがあるので、内安さに違いはどうしても出ます。

HP Chromebook11G3のサイズ

重ねるとこれぐらいの違いが出てきます。

これを見るとフルサイズキーボードと、9~10インチ程度のキーボードの違いがよくわかってもらえると思います。

正直サイズが普段より小さくなるのはかなりやり辛いです。ずっとノートパソコンしか触らなくなるなら、小さくても良いのかも知れませんが…。

頻繁にノートパソコンとデスクトップPCを交互に触る場合はちょっと感覚が狂ってしまうので困ります。

特に僕は感覚人間なので、感覚がちょっとでもズレると一番大事な文字入力に支障をきたしてしまいます…。

だからフルサイズキーボード、これは絶対に譲れない部分です。

ディスプレイは11.6インチがベター

何故僕が11.6インチがベターだと言うのかは、画面を見てもらえればわかると思います。

HP Chromebook11G3のサイズ

これぐらいのサイズになるんですね。そして右側にあるのがChromebookでも使える拡張機能で出したメモ帳のサイズです。

このメモ帳は「常に最前部に表示」にする機能があるので、ブラウザをいじっている間も最前部に表示されます。

コレだと右サイドバーは隠れても、記事のレイアウトを見る部分は常に見える事になりますよね。

これがあるので、僕は入力時にこのブラウザサイズでも困る事がないんです。

ノートPCにマルチタスクを求めていない

あくまで「僕に関しては」ですが、ノートパソコンにマルチタスクを求めていません。

何故なら僕にとってはあくまでノートパソコンはサブ機であり、サブ機を使う時はあくまで「文字入力のみに特化する作業」を行う時と決めているからです。

だからディスプレイのサイズが大きければ大きい程「無駄なスペース」になるのです。

一つの作業に没頭するためにノートパソコンを開く時も僕はあります

デスクトップPCだとついつい他の作業にも時間を取られてしまいますが、ノートパソコンだとやれる事が少ないから、逆に作業が捗るのです。

ノートパソコンをメインPCにしたり、色々な作業を同時にしたい人にとってはこの11.6インチは微妙かも知れませんが、僕みたいにサブ機として考えていて「用途を限定して」購入する人には、11.6インチぐらいのPCを購入するのはありだと思います。

スポンサードリンク

持ち運びやすさを重視するなら11.6インチぐらいが良い

僕は特に持ち運びやすさを重視しました。

かつて購入したPCが本当に重くてですね…2〜3kgあったと思うんですよ。しかもサイズが15〜16インチという無駄に大きなサイズだったので、ホントに持ち運びが微妙でした…。

外に出ても作業が出来るようにノートパソコンを持っていたので、基本的に常に持ち歩いている状況だったんですけど、それでその重さなので…かなりうっとうしかったです。

そこでやっぱり「ノートパソコンは軽さが命!」と僕は思ったんですね。

だから「最低限のディスプレイサイズ」」「でも入力は快適に出来るフルサイズキーボード」を求めた結果が今回の11.6インチのChromebookだったんです。

最初は「13インチぐらいじゃないと入力しづらいんじゃないか?」「ディスプレイが小さすぎるんじゃないか?」って思ってたんですけど、買ってみたら案外そうでもなくてですね…。

解像度自体も低いんですが、低いなりに結構良い感じに見えるので僕はこれはありだと思いました。

11.6インチだとかなり持ち運びしやすい

このPCが1.28kgなんですけど、それでも常に持ち運ぶ事を考えると結構重く感じます…。一度ショルダーバッグに入れて持ち歩いてみたんですけど、ショルダーバッグだとやはりこのサイズでも重いです…笑

やっぱりこれを運ぶならリュックじゃないとダメかなぁ…って今は思ってます。リュックならたぶん大丈夫…のはずです…。今度買ってみて試すつもりですけど…笑

この持ち運ぶ時に極力小さなサイズじゃないと邪魔になる…ってのは前回の大きいノートパソコンを購入した時に痛感した事だったので、同じミスだけは絶対したくありませんでした…そこで今回はセールをしていたのもあり、この11.6インチに落ち着いた感じです。

やはりノートパソコンは持ち運ぶ事を前提に考えた方が良いので、極力小さいに越した事はないです。

そして上記した通り、11.6インチでそこまで画面が足りないとは僕は思いません。

11.6インチは持ち運びやコストの面で優れている

これ以上小さいとキーボードのサイズまで小さくなってしまうので微妙になると思いますが、これが僕はベターだと思っています。

キーボードが小さすぎても微妙、できればフルサイズキーボードかつある程度のブラウザの幅を取る事が出来て、その上で最も小さいサイズ…となるとやっぱり僕は11.6インチがベターだと思います。

これは本当に慎重になって何度も何度も家電量販店に行って色々なノートパソコンをちょびっとだけ触れてみてブラウザ表示を確認してみたり、スペックを確認した上で適当にマルチタスクをして挙動を確認した上での結論です。

その上での結論が以下の通りでした。

  • 10万円レベルのそこそこのスペックでも画像編集などのマルチタスクは厳しい
  • 10インチはキーボードが微妙
  • 12インチ以上はキーボードより大きくて幅が勿体無い
  • 少しでも軽く、少しでも値段が安い方が良い
  • その上で挙動が早いものが良い

これらを考えた上で「MacBookは高すぎる」と判断して除外、Windowsはスペックが低いと不安だと除外、そしてChromebookに絞った形です。途中までは「MacBookが欲しい」ってひたすら言ってましたから(笑)

この辺りはTwitterをフォローしてくれている人はご存知だと思います(笑)

そこで今回この2万円の「HP Chromebook11 G3」にしたわけです。

サブ機には安い11.6インチがオススメ

僕と完全に同じ趣向の人がそこまで沢山いるとは思いませんが、それでも今回のこの僕の選択は我ながら良かったと思っています。

敢えて不満を言うならやっぱりキーボードがオモチャみたいにパカパカしている点ですかね…これに関しては値段相応って事で仕方ないですけど…笑

それ以外に関しては実に満足しています。Nexus9で無理矢理ブログ更新をしていたのが馬鹿らしくなるぐらいに快適です。

11.6インチは本当にベターなサイズだったと僕は思っています。

ってわけで今回はその11.6インチは良いぞ…!!って事を具体的に伝えたくて記事にしてみました。

可能な限り安くて、そこそこ軽くて、それなりに打ちやすい。今回は上手い買い物が出来たな−って僕は思いました。

あと何度も書きますけど、やっぱり作業を限定的にするとめちゃくちゃ捗ります…笑

今回の記事もChromebookでスパっと書きましたからね…本当に早いです…。

ちなみに僕が買ったChromebookについてはこちらで書いてます。