Chromebookの輸入品と日本正規品の違いとは?

      2016/06/10  4,307 views 

Chromebookを購入しようと真剣に検討し始めた時に、僕が最後まで悩んだのは「並行輸入品を買うべきかどうか」でした。

それは何故かと言うと、日本で正規に販売されているものより、海外で販売されているものの方がスペックが高く色々な意味で魅力的だったからです。

調べれば調べるほど、その魅力が僕の中で強まっていき「輸入品の方が良いのでは?」と本気で思うようになってきました。

では輸入品と、正規品の違いとは?

スポンサードリンク

輸入品と日本正規品の違い

ここに関してはそこまで大きな差があるわけではないようです。

単純に大きく異なる点は2つ、価格とキーボードです。

価格が高くなってしまう

並行輸入品は正規品と違って、わざわざ海外から取り寄せる事になるので、どうしても割高になってしまいます。

アマゾンでざっと見ても2〜3万円が相場のChromebookが並行輸入品になると4万円台に突入するのがザラです。

僕が欲しいと思ったChromebookも困った事に4万円台に突入していました。出来れば3万円台に収めたいと思っていた僕にとってはこれがネックになりました。

そこでずっと悩んでいたんですね…。

キーボードが日本語とは違う

僕は別に日本語入力を使うわけではありません。ローマ字入力ですし、それでブラインドタッチ(タッチタイピング)も使えるので、全く問題はない…と思っていたんですが、キーボード配列を見ると日本語キーボードとは微妙に違う事に気付きました。

Chromebookのキーボード

これが僕が持っている日本語キーボードのChromebookです。

HP ヒューレット・パッカード Chromebook 11 クロームブック (Samsung Exynos 5250 1.7GHz/2GB/SSD16GB/11.6inch/Chrome OS/White-Blue) 並行輸入品

これが英語キーボードの画像です。大きく違う点が一つ、これが僕にとっての最大のネックになりました。

「エンターキー」が小さく、下の方にあるんです。

僕はもう生まれてからずっとエンターキーは現状の配置で使ってきました…だからこの位置だとさすがに打ちにくいんですよね…ちょっとこれは本当に厳しいレベルの変化になると思います…ちょっと本気できつい…。

エンターキーって総合的には一番打つ場所だと思うんですよ。最後の決定ボタンなので、常に変換の度に押すわけですよね。その位置がズレるのは…。

そのノートパソコンをメインに使うのならば、いずれは絶対慣れる事は想像が出来ます。ですが僕の場合はあくまでメインPCはデスクトップである事は結局変わらないので…そう思うと結構きついんです。

僕は結構慣れるのは早いタイプですが、そうなるとノートパソコンとデスクトップでキーボード配列が全く異なる事になるので、それは避けたいので、輸入品は諦める事にしました。

海外で発売されているChromebookの方がスペックは高い

僕が最後まで悩んだ理由はこれです。海外で発売されているChromebookの方がスペックが高いんですよ…これが結構個人的にはネックになりましたね…。

ハッキリ言ってChromebookのスペックなんてどれもどっこいどっこいです。僕が一番気にしていたのがディスプレイです。

ディスプレイは汚いとすぐに気持ち悪くなるんです。僕は過去にもディスプレイがあわなくてPCに全然触れれなくなった経験があります。

Acerの2016年モデルが欲しかった

Acer Chromebookの2016年モデルがIPS液晶のノングレアに対応してたんですよ…これが欲しくてですね…。

本気で海外のアマゾンから購入しようかと思ったレベルです…。

ちなみにWi-Fiも11acに対応しているので、ざっと見た感じ最もベターなChromebookでした…これが本当に一番欲しかったです。

ただ海外製になるとキーボードの違いが出るので今回断念したわけです…うーん今考えても惜しいです…。

この日本ではまだ未発売なモデルが発売されるようになると本当に嬉しいんですけど…笑

その時は本気で買い替えだって検討するレベルです…嫁氏に怒られるからダメか…いや今のが壊れたら次は絶対IPS液晶のChromebookにしますよ…笑

海外のアマゾンで見ても好評みたいですしね…日本でも出してくれないかな…。

スポンサードリンク

日本で発売されている中ではベターな製品を購入

ハッキリ言ってChromebookで色々と比較してみても、そこまで大差はないと思うんです。もともとが安価で低スペックに使う事がコンセプトになっている製品ですから。

でもその中でもホントに微々たる差がある。その微々たる差がある中で、今回ベターな製品を購入したなぁ…とは本気で思ってます。

実は単純にタイムセールで安かったから買ったらたまたまあたりだったんですけどね…笑

このあたりのスペック比較についてはまた別に記事にして紹介したいと思います。

ちなみに僕が買ったのはこれです。

3万円で検討していた所で、2万円でタイムセールしてたので勢いに乗って購入したわけなんですが、大正解でした。

今スペック比較しても「これが日本正規品の中では最も自分に合ってた」と本当に思います。

ただ海外で発売されているものの方が更に選択肢が広がるので、もしキーボードがJISからUSに変わっても良いと思っている人がいるなら、買うのもありだと思いますよー。

端末の言語に関しては別に設定で変えられるわけなので、そこに関しては気にする必要もないと思います。説明書もネットで見た方が早いわけですし…笑

輸入代とキーボードを気にしない人には、断然輸入品をオススメします。日本はやっぱりこういうの対応遅いです…海外の方が良い製品ありますよやっぱり…悲しいけどこれが現実なのよね…。