NURO光に乗り換えたら爆速過ぎてヤバイ件…対応地域の人は今すぐ変えるべきレベルの快適さだよ

NURO光に変えたら爆速過ぎてヤバイ件
マジでこの速さはヤバイ

これまで約10余年、1GbpsのNTT光を使って来ましたが、2GbpsのNURO光に乗り換えたら、あまりの爆速と快適さにビビりまくったので今回は激推しで紹介したいと思います。

そしてこれまで紹介してきた総てを否定することになるので、それをお許しください…申し訳ないです…NUROがやはり神だったです…。

ってわけでやった事とその変化について紹介していきます。

申込みはコチラ


NURO光NURO光

スポンサードリンク

NURO光は申込みから総て簡単だった

NURO光は非常に簡単に申し込む事が出来ます。

申し込んだらまず家の中の工事の日程を決めます。日程を決めるとSMS(ショートメッセージサービス、電話番号で来るメッセージ)で連絡が来るので、後は日程を本決めします。

そしたら業者が来て家の中の工事を簡単にサクッとやってくれます。1時間足らずで完了。この際にルーター兼モデムの機械を置いていきます。

後は外工事の日程を決めますこれは外からケーブルを持ってきて設置するだけ、家の中にはほぼ入らず、ベランダに出るために入るぐらいですね。

これは外で約1.5時間ぐらい作業をしてもらって完了。

設定がほぼいらない

工事が終わったらルーターの電源を入れます。そして有線LANなら繋げば完了、Wi-Fiは普通にパスワードを入力すればそれで完了です。

簡単過ぎて鼻毛出そうです。

NTT光の時は別でプロバイダの設定とかあったわけですが、NURO光の場合はそのまま繋げば一発です。これが非常に便利、プロバイダと分ける必要なんか一切なかったんや!!

初心者としてもこの方が100%わかりやすいです。ネットに接続する際に無駄にIDやパスワードを入力する必要がありません、ああ最高。

こういう意味でも「初心者にもオススメなのがNURO光」だと言えます。

LANケーブルにだけ注意

LANケーブルにも色々と規格があります。安物のLANケーブルを使っていると、もしかしたら粗悪品な可能性もあります。

念の為に説明すると1Gbpsを出すには最低でもCat5e、Cat6のLANケーブルが必要です。さすがに2019年にもなって激遅なLANケーブルが売っているとは思いたくは有りませんが、一応注意喚起しておきます。

NURO光の爆速恩恵を受けるにはこういうLANケーブルを使いましょう。例えば「LANケーブル Cat6」「LANケーブル 1Gbps」とかで検索すれば出るはず、たぶん。

NUROはマジで爆速だった

僕は愛知県の田舎に住んでおります。一応名古屋だと言い張っておりますが、ハイ。

そこで試したNURO光、どれぐらいの速度が出たのでしょうか?

ちなみに速度に関する目安は、とりあえず動画で表すとこれぐらいです。You Tubeを参照しました。

  • 1080p(Full HD)3.0Mbps以上
  • 2160p(4K)は25Mbps~40Mbps
  • 4320p(8K)は80Mbps~100Mbps

ちなみに一般的には10~20Mbpsもあれば十分快適にネットが使えます。動画を見る人は20~30もあれば4Kもある程度見れますね。

ではその上でどれぐらいだったかと言うと、以前までのNTT光とZOOT NATIVEを使っていたネット環境で有線LAN接続の速度がこれぐらい。スピードテストはGoogleで行いました。

ちなみに見るべき所はダウンロードの数字(左の方)です、アップロードは無視で基本OKです(笑)

スピードテストの結果

Googleで行ったスピードテスト
Googleで行ったNTT光のスピードテスト

そしてこれがNURO光です。

Googleで行ったスピードテスト
NURO光のスピードテスト

見ての通り単純に2倍です、まさかこうも綺麗に2倍になるとは思わなんだ。ちなみに普通に700~800行く時もあります。そんなにあって何をするんだ。8Kでもここまで要らん。

スマホでは速度がバラけた

iPhoneXSではルーターと同じ階では300~400、別のフロアに移動すると100~200という数字になりました。

結構離れると60Mbpsぐらいになったりもしております。

Pixel3では少し遅くなっており、別のフロアだと大体100を切ったりしていました。まさかのここで性能の差が出るとは…。

ちなみに子供に持たせているファーウェイの廉価版スマホの場合はまさかの10~20でした、ルーターと同じフロアでようやく50Mbps、いやまぁ50あれば十分ですけどね…4K画質のディスプレイじゃないし…要らんし…。

とまぁこのように実は端末側の性能によって出る速度は大きく異るのでそこは注意です。今のスマホはMAXでも600しかいかないはず、だから1Gbpsは絶対超えません。

2019年のスマホだと行くんだろうか??行くならスイマセン。

夜になっても速度は落ちない

金曜の夜中のピークタイムになっても速度は大して落ちませんでした。

有線LANの場合は400Mbpsをキープし、無線であるWi-Fiでもルーターと同じフロアなら200をキープ、別のフロアに移動して家の中で最も離れた場所に行っても100前後をキープしていました。

ただスピードテストは基本不安定なので、何度も繰り返すべきなのですが100を切る方が少なかったです。たまに「バグッたの?」ってぐらい遅い速度を出しますが、それでも70Mbpsぐらいでした。

基本は100~200をキープするぐらい、家の中で最も離れた場所でこれなら問題ないなと確信しました。


NURO光NURO光

ZTEのルーターが思ったより優秀でした

NURO光からレンタルされてるONU…簡単に言うとルーターですね。これが非常に優秀でした。

このONU一つでWi-Fiも有線LANも接続する事が出来ます。

これなんですけど、僕がこれまで使ってきたバッファローのルーター(2万円超)のルーターより性能が良かったです。

デュアルバンドで、まさかのバッファローでは届かなかった所まで電波が届きます。正直「おいおいなんでや」って独り言が出ました。

絶対まともなルーターが来ないと思ってメッシュWi-Fiを準備してた僕は一体どうすれば良いんでしょうか?人生が辛いです。

接続台数も問題がない感じに…

バッファローのルーターを使っていた時は徐々に誰かのスマホのWi-Fiが切れていたりして「あー接続台数の限界が来てますな」感がありありでした。

だから「次はメッシュWi-Fiにしてトライバンドだ!!これで絶対に接続台数も問題ないぞ!!」と思っていたんですが、まさかの全部繋がってしまいました、どうすれば良いのアタシ…。

なんか…想像以上にNURO光の待遇が良い。ただZTEは中国企業なので、そういう考え方の人には良くないかもしれないのでそこだけ注意。

ちなみにうちの環境ですが、だいたいこれぐらい繋いでいます。

  • 有線3台
  • スマホ3台
  • スマートスピーカー2台
  • Dysonの空気清浄機
  • アイロボット製品3台
  • スマートリモコン
  • テレビ
  • Chromecast
  • ゲーム機2台

有線を抜くと合計で13台は繋いでいる感じですか、これでたまに僕のノートパソコンも取り出すので、14台繋いだりすることもあります。

もちろん全てが常にフルで使っているわけではないのですが、どれだけ不安定になるかは今後様子見をしてまた問題が起きたら追記しておきます。

初心者にこそNURO光をオススメしたい

正直NTT光時代はわかりづらかったと思います。NTTと契約してプロバイダは別なので、プロバイダ、ルーター、モデム等の単語が飛んできて「え?なにそれ??」ってなります。

またIDやらパスワードやらごちゃごちゃして本当にうっとうしい。それがNURO光では一つに統一されています。

IDもパスもとりあえずNUROのがあればOK。何よりネットに繋ぐにはIDもパスもへったくれもありません(Wi-Fiは別ねw)

Wi-Fiだけは必要になりますが、有線に関してはマジで繋ぐだけでOKなので、これはかなり初心者には優しい仕様だと思います。

特に「プロバイダによって速度が変わります!!」って言われても「え~どれ選べば良いの???」ってなるのは当然な話でして…。

NTTの1Gbpsの2倍となる2GbpsがNURO光なので、基本性能から既に上回っていますが「わかりやすさ」でも上回ってきています。これは完全にNURO一択になってきました…。

NUROのメリットとデメリット

ただNUROにもデメリットが一つだけあります。それは対応地域の問題です。

デメリットは対応地域の限定

そもそも東海地方に来たのも結構最近でして、ひかりTVも関東は対応していても東海は対応していませんガッデム。

おかげでNTTで見ていた我が家は地上波が見れなくなりました。まぁ…どうせ地上波なんて全然見てないのでどうでも良いっちゃ良いんですが…(笑)

またNURO光自体も地域が限定されています。対応地域の人はこの神速を体験できて最高ですが、対応地域外の人は「おいおいそんな良い物が都会にはあるのかよ」と言う屈辱を味わう事になります、悲しい。

でも本当にNUROが来たら「すぐ乗り換えた方が良いよ」と断言出来るぐらいにはNUROは優れているので、個人的にはオススメしたいですね。

メリットばかりである

恐ろしいほどにメリットばかりである、適当に挙げてもこれだけがある。

  • NTTから速度が単純に2倍
  • 月額料金は大差なしでむしろキャッシュバックがあるから一時的にめちゃお得
  • プロバイダ不要で契約がわかりやすい
  • ルーターが想像以上に優秀な上に無料
  • とりあえず早い、マジで速い、爆速

とまぁこんなメリットばかりです。色々と代理店によって対応は様々ですが、どこでもキャッシュバックやら何やら色々とあるので、自分に合ったものを選択して欲しい。

また期間限定でのイベントもよくやっているので、それに合わせると良い。僕が契約した時は月額が1年間実質2,000円ぐらいになるキャンペーンやってました、ワッショイ。

まぁNTT光が長期契約していたので違約金で1万円取られたりしてますが、別に良いかなーと…ルーター買い換える必要すらなくなってしまったので…シクシク。

対応地域の人は迷わずNURO光へ行こう

僕はこう見えてネットに強い………つもりです。

その僕が断言する「入れる人は迷わずNUROへ入ろう」と。

それぐらいNUROは素晴らしい、爆速である。そしてとてもわかりやすい、初心者でもきっと大丈夫なはずだ。

工事に来たオジサマは2回とも素敵なオジサマだった、と言うか毎回来る人とは談笑する、ワッハッハ、おしゃべりなのでもはや恒例である。

本当に対応している人は今すぐNTTから乗り換える事をオススメする。それぐらい「NTTとは何だったのか」「これからはソニーの時代なのではないか?(So-netはソニーです)」「やはりPS4を買うべきなのではないか?」「キャッシュバックではなくPS4を買うべきだ」「今すぐにPS4を買ってデス・ストランディングを予約するべきだ」そう思わざるを得ないレベル。

敢えて断言しよう、2019年夏現在、NURO光が最もベターな選択肢だと。


NURO光NURO光

6Gbpsと10Gbpsについて

一応補足で小難しい話も挟んでおきます。

NUROには2Gbpsのベーシックなプラン以外にも、6Gbpsと10Gbpsのプランがあります。実は僕も最初はコチラを検討していました。

ですがそもそも論の突っ込みとして、600Mbpsの時点で現代には不要なレベルの超高速なインターネット回線となっている上に、更に最大60000Mbpsや100000Mbpsが必要かと言われれば「不要」と即答出来ます。

更に突っ込むとiPhoneXSやPixel3等の2018年ハイエンドモデルスマートフォンの最大通信速度は1Gbps規格のはずです、たしか、たぶん、恐らく。

そう、実は端末側がそこまでの爆速に対応していないんです。6Gbpsの時点で完全にオーバースペックなわけですよ。もちろん近い未来に対応する可能性はあります。

でも繰り返しますが、8Kですら100Mbpsで十分なのに、6000Mbps規格は要らんだろうと、60倍ですからね、界王拳かよ。

というわけでしばらくは2Gbps(2000Mbps)のNURO光で十分であろう…というのが僕の見解です。もちろん「もっと上に行きたい!」って人はいきなり6Gbpsや10Gbpsを目指しても良いと思います。

ただしその場合、それらに対応した端末、そして有線LANの場合はLANケーブルが必要である事をお忘れなく…!!

では皆さん、良いネットライフを。


NURO光NURO光