格安SIMの料金・特徴比較ランキングまとめ…自分に合ったプランを探して契約しよう

      2017/02/10  11,821 views 

SIMまとめ

最近話題の格安SIMですが、改めてどれだけの種類があって、どのような違いがあるのか、気になったので比較してまとめてみる事にしました。

改めて見てみるとやはり色々なサービスがあるので、個人の趣味によって分けて考える必要はありそうですね…。

ただ僕は改めて調べてみても、やっぱり楽天モバイルがベターかな?と感じました。総合的に誰にでもオススメしやすい格安SIMですね。

3大キャリアに比べて年間で6~7万円は節約が可能になる格安SIMですが、その上で自分に合ったプランのMVNOを選択する事が更に越役に繋がると思います。

比較した基準について

あくまで以下の条件で比較しています。

  • 最低月額料金を表示
  • スマートフォンの提供があるかないか
  • 使っている回線

これらを比較してまとめています。また個人的に良いなと感じた特徴があったら、そこについても記載はしておきます。

大体値段に関してはどこも大差ないなーってのが正直な意見です。

だから本当に各々の特徴をしっかり調べて、その特徴が最も自分の需要にマッチしている所を選択した方が良いって感じですね。

注意点

あくまで表では「最低金額」を表示していますが、その最低月額の大半は「データSIM」と言われるもので「通話SIM」ではありません。要するに電話機能なしのネットに繋げるだけのSIMの値段です。

また楽天モバイルの場合「ベーシックプラン」を選択すると最初から高速データ通信が出来なくなってしまうので、回線速度は契約時に必ず気にして見ておくようにして下さいね。

それらを踏まえた上で各MVNOの料金プランを比較してみて下さい。

MVNOの特徴比較ランキングまとめ

とりあえずランキング形式にしますが、あくまで僕が良いと思った順番にまとめていきます(笑)

やっぱりある程度見てみても、個人的には楽天モバイルが一番ベターかなとは思いました。サイト自体もわかりやすいし、料金シミュレーターもわかりやすいです。総合的に見ると万人にオススメ出来るのが楽天モバイルです。

LINEモバイル


LINEモバイル

最低月額料金500円~
通話SIMの最低月額料金1,110円~
最高下り速度225Mbps
データ回線ドコモ
スマートフォン販売有り

オススメな理由

  • 月額500円のデータSIMでも十分使える
  • 電話通話ありでも1110円から
  • LINE・Twitter・Facebook・Instagramなどが使い放題のプランもあり
  • LINEの年齢認証などもデータSIMでも可能

ともかく総てにおいてこれまでの格安SIMより勝っていると感じるので、LINEやSNSを頻繁に使う人には絶対的にオススメなSIMとなっています。

公式サイト→LINEモバイル

楽天モバイル



最低月額料金525円~
通話SIMの最低月額料金1,250円~
最高下り速度225Mbps
データ回線ドコモ
スマートフォン販売有り

オススメな理由

  • 使用料金で楽天スーパーポイントが貯まる
  • モバイル通信データ量は余ったら翌月繰り越しが可能
  • 「楽天でんわ」「5分かけ放題」などの通話オプション有り
  • 大手企業だから安心!

公式サイトはコチラ→【楽天モバイル】

DMM mobile


DMMmobile

最低月額料金440円~
通話SIMの最低月額料金1,140円~
最高下り速度300Mbps
データ回線ドコモ
スマートフォン販売有り
  • 業界最安値を目指しているだけあり安い!
  • 1GB~20GBと幅広い通信量をプランを選択可能
  • 誰とでも分け合えるシェアコース

公式サイトはコチラ→DMM mobile

OCNモバイルONE



最低月額料金900円~
通話SIMの最低月額料金1,600円~
最高下り速度262.5Mbps
データ回線ドコモ
スマートフォン販売無し
  • 最大通信速度が262.5Mbps!
  • プランが月割と日割りと分けられる
  • 大手企業NTTだから安心!

公式サイトはコチラ→OCN モバイル ONE

U-mobile



最低月額料金680円~
通話SIMの最低月額料金1,580円~
最高下り速度225Mbps
データ回線ドコモ
スマートフォン販売有り
  • 月額が安いプランでも高速通信がある
  • LTE使い放題プランがある!

公式サイトはコチラ→U-mobile

DTI SIM

DTI SIMプラン

最低月額料金600円~
通話SIMの最低月額料金1,920円~
最高下り速度公式サイトに記載なし
データ回線ドコモ
スマートフォン販売なし
  • シンプルでわかりやすいサイト構造
  • 1GBプランから契約が可能
  • 実際に使ってみると速度はかなり速いとの噂です

どっちもおトク!キャンペーン 開催中

2016年4月からまさかの10GBプランが半年間月額980円の割引、更に3GBプランは月額料金が半年間0円となっています!!

通話SIM=2,900円→1,920円
SMS SIM=2,350円→1,370円
データSIM=2,200円→1,220円

って事になりますね。そして3GBプランは月額料金が半年間0円って…僕の場合はこの半年間0円でたぶん行きてけますよ…うーん辛い。

ちなみにDTI SIMは通話SIMに限り、12ヶ月で最低利用期間が設けられており、その期間に解約すると9,800円の契約解除料が必要になります。

このプランがオトク過ぎる…。

公式サイトはコチラ→DTI SIM

Mineo



最低月額料金700円~
通話SIMの最低月額料金1,400円~
最高下り速度225Mbps
データ回線ドコモ・au選択可能
スマートフォン販売有り
  • サイトが見やすくわかりやすい
  • ドコモ・auの回線を選択可能
  • 余ったモバイルデータを翌月繰り越し可能!

公式サイトはコチラ→格安スマホmineo

スポンサードリンク

月額料金比較の表

見た目でわかりやすく、月額料金をグラフにして表示してみました。データSIM(ネット通信のみ)と通話SIM(電話も可能なSIM)の料金で一応分けてあります。

一つにまとめようと思ったんですが、なんか比較が変な事になってたので分けました…(笑)

データSIMでの比較

データSIMの月額料金比較

意外にもCNが最も高いって事になります。あくまで最低月額料金なので、高速通信に対応しているかどうかは除外しているので注意。

通話SIMでの比較

通話SIMの月額料金比較

DTIが最も高く、DMMが非常に安くなっている事がグラフにするとよくわかります。短時間の電話を頻繁にかけるなら楽天モバイルでオプションをつけた方がお得でしょうけど、ほぼ待機用ならDMMモバイルの方がお得でしょう。

サービスによってMVNOを選ぶ方が良いとは思いますが、これも一つの目安にしてみて下さい。

格安SIMの特長まとめ

全部を簡潔にまとめるとこのようになります。

  • ちょっとした電話をよくかける人にオススメなのが楽天モバイル
  • モバイルデータ使い放題が欲しい人にオススメなのがU-mobile
  • 通信速度を重視する人にはオススメなのがOCNモバイルONE
  • ひたすら安さにこだわる人にオススメなのがDMMモバイル
  • サイトの見やすさやau回線にこだわる人にMineo

って感じなのかなーと僕は思います。僕が楽天SIMにしたのは単純にCMキャラクターがサッカー選手だったから…というだけの話なので、楽天モバイルだけをオススメしているわけじゃないです(笑)

どれでも確実に3大キャリアよりは安くなるので、どこの格安SIMでも損をする事はないと思いますよ!

通信量繰り越しがある格安SIMまとめ

個人的に格安SIMで気に入っている点の一つが「余った通信量を翌月に繰り越せる」というものです。これがなかったら僕は先月間違えてWi-Fiがない状況で動画をGoogleフォトにアップした際に死んでました(笑)

翌月繰り越しがあると、ちょっと控えめのデータ容量プランにしてても、使う月と使わない月で差がでるのでかなり便利。出来れば翌月繰り越しがあるMVNOをオススメします。

  • 楽天モバイル
  • OCNモバイルONE
  • DMMモバイル
  • Mineo

には翌月繰り越しがあるので個人的にはオススメです。やっぱり僕の中では楽天モバイルが最もベターで、万人にオススメ出来る格安SIMだなーと思います。。

モバイルデータ使用量が少ない人にオススメなMVNO

改めて分けてみると、個人的にはここらのSIMがオススメかな~と思ったのでそこもまとめておきます。

僕自身の使い方だと、楽天モバイルは高速通信が使えるプランが3.1GBプランからなので、正直データが余るような状態になってしまいます。

ってわけで、そうなるともっと低いプランから高速通信が可能なプランがある所が良いわけで、そういう人はここらがオススメです。

mineoはまさかの500MBから高速通信プランがあります。もちろん1GBプランもあるのでそちらを選択しても良いですよね。他にも楽天モバイルの3.1GBプランを下回る、定額のプランがあるのは以下の通り。

  • DMMモバイル
  • Mineo
  • DTI SIM
  • U-mobile

は1GBから高速データ通信プランがありますね。

って事になります。また2GBプランもあります。もちろんその時点で通話SIMでも楽天モバイルより安いって事になりますよね~これは良いじゃないですか。

「月に3.1GBも要らないよ、もっと少なくて良いから安い所が良い」って人にオススメの格安SImって事になります。

データ通信速度は混み具合による

結局データ通信速度に関しては混み具合によるので、どこで契約してもそう大差があるものだと僕は思いません。

なのであくまでデータ通信速度は目安程度で良いと思います。人気が出て混み合えば混みあう程結局は遅くなるからです。

だから結局は「みんな使っている所にしよう」という選択基準にすると、逆に混み合って重くなる時間帯が増えると思います。もしかしたら僕が楽天SIMで問題がないのも、そこまで大人気じゃないから…かも??知らんけど。

なのであまりデータ通信速度に関しては気にしすぎてなくて良いと思います。結局混み具合によるので。

自分に合ったSIMを探そう

比較をして考えて欲しいのは、自分に合った形態のMVNOを探して欲しいって事です。

僕は単純に「本田圭佑がCMやってるからやっぱり楽天SIMだよNe!!」と、めちゃくちゃ短絡思考で選択しました(笑)

でも他にも使い放題プランがあったり、通信速度が速い会社もあるので、それらを見比べて自分で判断する事も僕は大事だと思います。

ただどこも安いので…本当に高級品から抜け出して問題がない人に限っては、僕は格安SIMを使えば良いと思います。

クレジットカードが必須な事が欠点

格安SIMの最大の欠点はクレジットカードが必須な事です。

クレジットカードで支払う事が大半になるので、クレジットカードを持っていない人、持つのが怖い人にとっては使い勝手が悪いサービスになると言えるでしょう。

でも個人的には「ネットで楽しむためにもクレカは必須」だと思っているので、格安SIMをきっかけにクレカを契約するのも良いと思っています。

クレジットカードは個人的には楽天カードをオススメしていますが、自分が使っているサービスに合ったカードを選択すれば良いでしょう。

Yahooをよく使う人はYahoo、楽天をよく使う人は楽天、リクルートのサービスをよく使う人はリクルートで問題ありません。

自分がよく使うサービスで、溜まったポイントを使って買い物をする事が出来るので、使えば使うほどお得になるから便利ですよ~。