MacBook Pro2016年版の返品をした理由…バッテリー消耗が異常でキーボードが使いづらかった

      1,811 views 

MacBook Proの2016年版を購入してから2ヶ月が経過しましたが、とうとう「返品」と言う形になってしまいました…。

今回のMacBook Proはどうやら外れだったみたいで、色々な意味で僕の初MacBookは失敗に終わりました…。

今回はどうしてMacBook Proを止めたのかを説明したいと思います。

買った時の記事はこちら。

スポンサードリンク

バッテリーの減りが早すぎる

事務所で使う分にはいつでも充電を確保出来るので問題がありませんでしたが、問題は外に出た時でした。

子供の用事に付き添って外に出た際に充電する場所がない状態だったんですが、その時点で80%はあったので「まさ数時間は十分作業出来るだろう」と呑気に構えてたんですよ。

数分後に7%減ってました。

さすがにこれはドン引きしまして、やってた事と言えばいつも通りブラウザでWordPressを使ったブログ更新作業…って言うか文字を打ってただけなんで、そんなバッテリーの消耗を促すような事はしていないはずです。

更にモバイルバッテリーで充電しながら作業しても充電するどころか減るレベルでした。さすがにこの消耗はヤバ過ぎだろうと…。

この時点で「さすがにこれちょっとキツイな」と感じはじめていました。

キーボードの入力のしづらさがシャレにならない

最初から書いてはいましたが、本当にキーボードが使いづらすぎて全く話にならなかったんです。

家で使っているデスクトップPCのキーボードがRealforceと言う良いキーボードなので、そのせいなのかな?とも思ったんですけど…。

改めてChromebookを使って入力してみた際に、あまりの入力のしやすさに鼻毛が出そうになりました…そこでようやく気付いたんです「あ…MacBook Proのキーボードやっぱ僕には向いてないわ…」と…。

元々バッテリーの消耗が異常に早い事、そしてディスプレイもたまに変な表示がされたりしていて、ちょっとイライラしていたのも事実でした。

そこで最後のトドメに「肝心の文字入力が全然捗らない」と言う点で怒りが爆発してしまいました。

また改めて探してみたら、Surfacebook以外にも僕が求めていたタイプのノートパソコンがある事に気付いてしまって「これ…返品出来ないかな…」と模索する事に。

スポンサードリンク

購入して2ヶ月経っていたのに返品出来た理由

「MacBook Pro 返品」でググった際に見つけたページに、このような事が書かれていました。

http://www.apple.com/jp/shop/help/returns_refund

特定期間中の返品返金条件

Appleで2016年11月10日から2016年12月25日の間にお買い上げいただきました製品は、2017年1月8日まで返品ができます。その他の条件はすべてApple Online Storeの返品・送料を含む販売条件に基づきます。2016年12月25日以降のご注文については通常のApple Online Storeの返品条件が適用されます。

え?これって実は出来るんじゃね?

でもアップルストアにログインしてみると、正確には返品期間は2週間となっており、2週間はとっくに過ぎていたので返品が不可能な状態になっていました。

ですがここに書かれている表記を見ると、2017年1月8日までは返品が可能って書いてあるし…どういう事だ??と混乱したので電話する事にしました。

説明したら返品可能に

電話でバッテリーの消耗が非常に早い事、そしてもうMacBook Proは良いや…と諦めの境地に入ってしまった事を伝えました「修理をするよりも返品したい」とハッキリ伝えました。

実際にもう色々な面で「Appleは懲り懲りだな…」と感じていたので、返品が出来なかったらどこかで売って別のPCに買い換えるつもりでいたんですが、上記の期間だった事から返品が可能だったんです。

ってわけで残り少ない時間ではありますが、2017年1月8日までなら、今回のMacBook Proの返品が可能みたいなので、僕みたいに初期不良で悩まされている人は対応してもらうのも手だと思います。

Appleの対応自体は神対応だった

よく「Appleは神対応」って話は聞いてたんですが、実際に凄く対応は良かったです。

技術系のサポートセンターはちょっと微妙な点もありましたが、最後に返品対応してくれたヘルプサポートセンターは本当に真摯に対応してくれました。

だから「もう二度とアップル製品は買わない」ってほどには思ってません。でも正直MacBook Proを買った時に結構念願だったと言うか…ずっと欲しいと思ってたのを買ったわけで…なんかその反動で落胆が強いです…。

バッテリーとキーボード以外は非常に良かった

バッテリーの消耗が異常に早かったのと、キーボードが全然自分には合わなかったのはショックでしたね…。それ以外に関してはそこまで不満はありませんでした。

でもどうしても入力がメインで使う事になるので、そうなるとキーボードが合わないのはかなり痛かったです…。

音がうるさいし、指が痛くなるし…キーストロークは浅いし…色々な面でキーボードは個人的にはダメでしたね…。

ただAppleはやっぱり対応が良かったので、もしまたキーボードとか改善される事があったら購入しようかなとは思いました…。

でもやっぱり何よりも一度実物を触ってから購入しないとダメだなーってのは改めて思いました!

次のパソコンも注文してありますけど、ちゃんと実店舗に行ってじっくり触れてから決めましたからね…(笑)