Lenovoゲーミングノート「Legion Y540」17インチ使ってみた…デスクトップばりの性能でコスパがめちゃ良い

Legion Y540(17)レビュー
Legion Y540

Lenovo様から「 Legion Y540 」を貸し出して頂きまして、ちょっと使ってみました。

ってわけで今回はこの Legion Y540 を実際に使ってみた感想をザックリと書いておきます。最近のゲーミングノートはこれぐらいなんだなって指標にして頂ければと思いまする…!!


動画版はコチラ

公式サイトはコチラ

スポンサードリンク

「 Legion Y540」17インチのスペック

今回お借りしたノートPCの主なスペックはこんな感じです。

CPU intel Core i7-9750H
GPU GeForce GTX 1660 Ti 6GB GDDR6
メモリ 16GB
ストレージ SSD 1TB (PCIe NVMe/M.2)

快適なCPUとストレージで快速ではある

スペック上を見てもわかる通り、第9世代のCore i7を搭載し、ストレージも普通のSSDより速い PCIe NVMe で1TBも積んであります。

この二点に関しては非常に素晴らしく、個人的にも満足いくレベルの挙動でした。

GPUが1660Tiですがどれぐらいの物なのか、実際に使ってみて判断する事にしました。

17インチでゲームはやりやすいが持ち運びは不可能

当然17インチのゲーミングPCを選択して「外に持ち歩きたい」なんて思う人はいないでしょう。外に持ち運ぶゲーム機ならスマホやSwitchで十分。

Legion Y540(17)レビュー
フルサイズキーボードがあってもこれだけ余裕がある幅

このLegion Y540は2.84kgとかなり重いです。片手で持とうと思うと「うげぇ」と感じるレベル。

Legion Y540(17)レビュー
あまりの大きさにビビるレベルのアダプター

ちなみにACアダプターは本体800gとコード211gとなっておりまして、これだけで合計1kgあります、わーおキング。

17インチの画面はゲームをするには最低限のサイズを十分満たしていると言えますが、外出時に使うのは現実的ではありません。家の中での移動は十分可能です。

以上を踏まえた上で使ってみた感想行きます。

公式サイトはコチラ

ゲームと動画編集でテストしてみた

ゲーミングPCを買う人はゲームをやるか、または動画・画像編集をするかだと思うので、実際に使って試してみました。

FF14でのベンチマークも良し

FF14ベンチマーク結果
スペックも表示されてます。ってかデスクトップPCって書いてあるんだけど…なんでや…。

Legion Y540 は1920×1080解像度、俗に言うFullHD画質って奴です。FF14も十分快適に出来るとの事。

ただこれ一回目にやってみたら動画はカックカクだし、全くスコアも伸びず「ええええ!?」ってめちゃビビった後に、もう一度やったらこれでした…一体…どういう事だってばよ…最初の一回はバグだったのか…。

ちなみに僕のメインPCのデスクトップでやってみた結果、まさかの敗北しました。

FF14ベンチマーク結果
左下の小さな文字をよく見るとスペックが違います。

実は僕あまりGPUには詳しくなくて、どっちがどれだけ凄いかイマイチわかってなかったんですが、ノートPCに負けるデスクトップに泣いています…。うーんこれ凄いな。

Premier Proの挙動もスムーズ

同じi7で世代は違うものの、第8世代と第9世代は微々たる違いしかないとは聞いてましたが、なんだかんだ挙動もまさかの Legion Y540 の方が上でした。

この時点で個人的にはちょっと泣けてきました。一応僕のデスクトップPC、25万円ぐらいで買ったんですけど……。

以前の動画で僕のデスクトップPCで「10倍速にすると固まる」というのを紹介しています。

試しに2000%、要するに20倍にしてみたら「結構スムーズに動きました」もちろん色々な物を付与すると固まり始めましたが、耐久性は Legion Y540の方が上でした…。

CPUに大差があるとは思わないので、やっぱGPUの問題なんでしょうか…と思いつつ…いやわからんけど…。

何にせよ「あれ?これノートPCでもイケるんじゃないの??」と思わされました。何より素晴らしかったのは、排熱です。

排熱がとても素晴らしい

これだけのデカブツなので、ファンもしっかりついてましてエンコード時に爆音が鳴り響いても、そこまで熱くなりませんでした。

Legion Y540(17)レビュー
USBポートの横にある穴が排気口、これは右側

僕がブログ執筆用に持っていた薄型ノートパソコン「HP SPECTRE13」に比べると排熱具合が全く違います。

「HP SPECTRE13」をブログ更新で使い続けた上での実機レビュー…キーボードの打ちやすさが最高

こちらは軽量・薄型化のために排気ファンがショボいわけでして、熱がめっちゃ籠もります。You Tube見ているだけで本体がめちゃ熱くなります…。もちろん年季入ってるからってのもあるとは思いますが(笑)

Legion Y540では音はそこそこするものの、熱が一気に放出されるので本体に籠もる事がありませんでした。

You Tube程度では全く問題ないぐらい、ファンの音も気になりませんでした。さすがにエンコード時は結構な音を鳴らしていましたが、それでも本体の熱は全く気にならない。

「あ、これ行けるわ」と感じた瞬間でした、うーんナイス。

公式サイトはコチラ

拡張性が高く デスクトップ化も可能

公式サイトを見てもこれだけの端子を挿す事が出来る事がわかります。

  1. USB 3.0
  2. USB 3.0
  3. マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  4. セキュリティ キーホール
  5. USB3.0 Type-C
  6. Mini-DP
  7. USB 3.0
  8. HDMI
  9. イーサネット・コネクター(RJ-45)
  10. 電源コネクタ

USBポートが合計で3つ、左右背面に1個づつ存在しています。更にHDMIでもMini-DPでもディスプレイに映す事が可能です。

Legion Y540(17)レビュー
左側にはイヤホンジャックとUSBポート、そして排気口がある

やろうと思えば大きい画面に映して作業するのは当然として、外付けキーボードを使う事も可能です。

だから簡易デスクトップ化する事も可能なわけです。

Legion Y540(17)レビュー
背面にはポートがビッシリ、イーサネットやHDMI等が揃っている

実際に僕は試しに動画編集をする際に、ずっと下を向きたくなかったので、自分のディスプレイに表示して使っていましたが、全く問題なく作動します。

設定をちょいとイジる必要はありますが、どのように使うかは本当にその人次第ですね。

公式サイトはコチラ

外への持ち出しは一切考えないノートパソコン

この17インチゲーミングPCは外に持ち出す事は一切考えてはいけませnそれぐらいの重量と重さです。

友人の家に持って行って一緒にプレイするとか(するか??)そういう意味では携帯性はありますが、車移動以外はかなり厳しい。

まさに「持ち歩く」のはきついです。合計で4kg近いわけなので、実際に本体を持つと「これを持って歩くのは嫌だ」と心から思いました。車移動なら考えます(笑)

例えば車通勤で自宅と事務所で同じ環境で作業したい…なんて場合にはありだと思いますが、それ以外ではありえないかな…。

またACアダプターの重さも大きさも半端ないので、この持ち出しの時点で結構大きなカバンが必要になります、うん…嫌だ…。

家の中での移動は可能

もちろん充電ケーブルの持ち運びが非常に大変ではありますが、それでも持ち運ぶ事は可能です。

家の中で「好きな場所でPCをしたい」と思っている人には結構向いていると思います。

毎日色々な場所で作業して気分を変えたい…なんて思っている人には凄く良いんじゃないでしょうか??

公式サイトはコチラ

操作性について

実際に触れてみて、最低限の操作性についても触れておきます。

カメラをオフに出来るのはナイス

ソフトウェアでカメラをオフにする事は当然出来ますが、更に手動で「カメラのレンズ自体を覆う事が可能」になっています。

Legion Y540(17)レビュー
カメラONの状態です

ソフトウェアでオフにしても、ハッキングされたら盗撮されてるかも知れないじゃない!!なーんて考えちゃう心配性な人でも大丈夫、シャッターみたいなのがついてるので、手動でサクッと隠せます。

Legion Y540(17)レビュー
カメラ下にあるスライダーを動かすと隠せます

実際に僕もメインPCのWEBカメラは普段は電源ケーブル(USBで繋いでる)を抜いてますからね…(笑)

タッチパッドは普通

タッチパッドに関しては良くも悪くも「普通」って感じでした。

全く問題なく動作するし、逆に言えば「やべぇこれ最高!!」って思う部分もありません。と言ってもこの辺りはジェスチャーとかの問題になるだろうから、ハードウェアというよりソフトウェアの問題だろうし、Legionは関係ないかな…(笑)

キーボードの打鍵感は最高

キーボードの打鍵感は全然良かったノートパソコンとしてはトップクラスだと言っても遜色ないでしょう、たぶん。

Legion Y540(17)レビュー
少しだけ浮いているキーボード、打鍵感は最高

こう見えて元々タイピングばかりをしてきた人間で、普段はRealforceを使っている僕から見ても「うん、これなら問題ない」と言えるぐらいの快適な打鍵感。

ちょっとだけ押し込む事で動作し、そして軽すぎず重すぎない。普段Realforceの最軽モデル(ちょっと触れたら入力されるレベルのスッカスカ)を使っている僕が「打ちやすい」と感じるわけなので、軽い方だとは思います。

ですが最大の問題点が一つあります、英語配列なんですこれ…英語配列はヤバい。

英語配列キーボードの弊害

英語配列である事の最大の問題は個人的にはエンターキーだと思っています。初めてキーボードに触れたのは小学生の頃、それから「タイピングが速いってカッコいい」と思って練習した中学生時代。

そして「アホみたいにタイピングが速い」と言われ続けてきた僕ですがエンターキーは常に小指で押しやすい所に存在しており、いつもそこを打ってます。

ですが英語配列の場合は微妙に下なんです、ほんのちょびっと下。

Legion Y540(17)レビュー
日本語に慣れてると独特な配列に戸惑う…エンターが小さいのが最大のネックだった。

いつもの癖でエンターキーに触れると表示されるのは常に「¥」です。悲しいまでに打ち出される¥¥¥¥…。

これに閉口しまして…半角と全角の変更がShift+CapsLockなのはすぐ慣れましたが、エンターキーはマジでどうしようもありません…。

これはちょっと辛いですね…恐らくこのLegionの最大の問題点は「英語配列である」という事になると思います。

もちろんUSキーボードが大好きな人には全く問題はないと思いますが…。

公式サイトはコチラ

価格が安く素晴らしいゲーミングノート

今回僕が貸して頂いているスペックを公式サイトで見ると、価格はなんと 264,384円となってまして、何故かクーポンがありクーポンを使用すると税込み177,137円となっています。たぶんクーポンは常に使える、何のためのクーポンだ(笑)

約18万円でこのスペックが買えるなら安いと本当に思う、USキーボードでなければ完全に激推し案件でした。

だって俺が今使ってるデスクトップPC24万円ぐらいで買ったのよ(正確な金額は忘れましたが)それでこのノートPCより性能低いって、泣ける。

デスクトップPCはディスプレイとマウスとキーボードが別途必須だよねと、ノートPCはそれ一つで動作する。それならこのノートの方が遥かにコスパが良い、とても辛い。

HPの15インチよりも安い

ビビったのは僕が妻用に買ったHPのOMENよりも安いって事です…。

OMEN by HP15を買ってみた感想…本体は悪くないがもうHP製品は買わないかも

こっちも約18万円ですが、15インチと17インチである事、そしてGPUが少しLegionの方が良く、Legionは1TBのSSD PCIe NVMe/M.2 なんですね…。

HPは256GBの PCIe NVMeと2TB HDDです。僕なら1TBの PCIe NVMe/M.2 の方が嬉しいです…。

そういう意味でも「あ、Lenovo凄いじゃん」と思いました…。

公式サイトはコチラ

僕が感じた良い所と悪い所

では最後に僕が感じたメリットとデメリットをまとめておきます。

悪いと感じた所

  • デカくて重い
  • バッテリーがめちゃデカイ
  • 充電が独自規格
  • USキーボードのみ
  • バッテリー消耗が半端ない

良いと感じた所

  • 全SSDなのでめちゃ動作が軽い
  • 動画編集やゲームもある程度はしっかり動作する、専門的な事をやる場合はデスクトップにした方が良さげ
  • 排熱もしっかり出来るので熱くなりづらい
  • とても打ちやすいキーボード
  • ベゼルが小さく144Hzのリフレッシュレートで十分綺麗なFull HDディスプレイ
  • ともかくコスパが良い、この金額でこの性能は嬉しい

こんな感じになっております。

実際に触れてみて「Lenovo良いじゃん」とマジで思いました、後は問題が起きた時のカスタマーサービスの対応次第ですね…(笑)

公式サイトはコチラ