Kindle Fire7インチタブレットを5千円で買ってみた感想…Amazonプライム会員は買って損なし!

Kindle Fire

妻にずっと使ってもらっていたNexus7のバッテリーがとうとう亡くなられました…。

そこで今回は「自炊した漫画を読む程度しか使わないので安いタブレットが欲しい」と言う状況になりました。しかも僕が使うわけじゃないので、本当にスペックなんて大して要りません(笑)

そこでやはり頭に浮かんだのが、Amazonの「Kindle Fire」です。Nexus7と同じ7インチで激安で売ってたので早速買ってみました。

スポンサードリンク

価格が安い

かつてはプライム会員のみが安い設定でしたが、気がついたらデフォルトで5,980円になっていました。これは安い。

8GBで5,980円、16GBで7,980円という設定になっていますが、これに関しては8GBを強く推奨します。何故ならSDカードが使えるからです。

SDカードで256GBまで拡張可能

今時はSDカードはめちゃくちゃ安いです。32GBのカードも約2,000円で買えます。

容量が欲しいならカードを買えば良いだけですし、そもそも自宅で見る分には容量は必要ありません。

ストレージが必要なのは持ち歩く人だけ

自宅でWi-Fiに繋いで本をダウンロードして、外で読む場合には確かにストレージが必要です。

ですが自宅でのみ使うならストレージは要りません。いつでも落とせるからです。

また繰り返しますが外に持っていく用途で使うならSDカードを買ってもっと容量を増やした方が良いに決まっています。どう考えても16GBモデルは不要です。

Fireを使ってみた感想

今回は7インチのタブレットであるKindle Fireを使ってみた事になります。

同封されているのはこれだけです。

Kindle Fire

本体とUSBに繋げるためのコンセント、micro USBの3つですね。micro USBはよくある規格なので皆さん持っているとは思いますが、まぁ複数あって損はないので…(笑)

7インチは女性にも使いやすい

妻に使いやすさを確認してみたら、やはり7インチの方が小さくて使いやすいと言う事を強調されました。

僕が使っているNexus9は確かに大きくて重いので…そりゃまぁ違うわなぁ…とは思いつつ…。

ちなみにFireは313gでNexus9は435gです。100gしか差はありませんが、ちょっとしたサイズの違いで感じる重量が違うって事でしょうね。

ちなみにサイズ比較はこれになります。

KindleとNexus9のサイズ比較

これぐらいのサイズの違いですが、片手で掴めるどうかの違いが大きいみたいですね。

スリープ明けに広告が出るのはうざい

Fireは何故かスリープから明けると広告が出る仕様になっています…。

Fireの広告

どうしてこんなユーザーに嫌がられる仕様にしたのかは不明です…。

アカウントは最初から設定済み

驚いた事に電源を入れた時点でもうアカウントは設定済みでした。

ですから妻のKindleには僕のアカウントが同期されています。僕の買ったKindle本は全部妻のFireで見れる事に…。

「サッカー本とか要らないんだけど」って言われて泣きました。

でも最初からアカウント設定がされているのは楽で良いですねーでも裏返すと子供に持たせるとなんでもガンガン買える事になるので注意です…(笑)

本を読む程度なら十分

ハッキリ言って本を読む程度なら全然問題ありません。

ブラウザもFire OS特有のものがデフォルトでありますが、ハッキリ言って使う事はほぼないでしょう…だってKindleを読んだりするために買ったものなので…(笑)

自炊本もPerfect Viewerで見れる

Androidアプリとしても存在する「Perfect Viewer」ですがFire OSにも有料としてですが存在しています。

基本的に昔から僕等が持ってた本は自炊してファイル化してあるので、そっちで読むのがメインとなるので、これがないとタブレットを持っている意味がなくなってしまうので…(笑)

今回購入を決意したのは、この「自炊本も読める」事がわかっていたからでした。

またAmazonで漫画読み放題系の月額サービスが始まるかも…?って話もあったので、それがあるなら絶対入ろうと思って買ったのもあります…(笑)

カバーや保護フィルムも有り

当然ですがタブレット用のカバーや保護シートも売ってます。

今回ボクは珍しくこれらのカバーやフィルムは購入してませんが、欲しい人は持っておくと良いと思います。

まぁ別に大して高くもないし…良いかなって思っちゃいました…(笑)

プライムビデオ用としては微妙

正直な話、プライムビデオを見る用としては個人的には微妙だと思います。

理由については以下の通り。

解像度が低い

Fire HD8でも1280×800でして、Fire7だと1024×600の解像度となっています。これはかなり解像度が低いです。

動画を見るにはあまり適していません、個人的にはかなり微妙だと感じるレベルです。今時のiPhoneだと2436×1125、iPhone8でも1920×1080でしてスマホ以下の画質になってしまうわけです、ちょっとディスプレイサイズ大きいのに…(笑)

って事を考えると動画を視聴するならせめてFire HD10の1920×1200ぐらいは欲しいところなんですよね。

解像度が低い上に7インチって大したサイズじゃないので僕は微妙だと思います。

割り切って外で見るならあり

画質が低くても良いし、出退勤時にドラマやアニメを見る用として持ち歩くなら良いかなと、スマホのバッテリーを気にする必要もありませんし、大したサイズじゃないのでまぁ見れない事はないです。

画質を気にせず見るならありかなと、スマホの予備と言うか「外での暇つぶし用」として持ち歩くには悪くない選択肢になります。

ただ繰り返しますが、別に自宅専用機の場合はここまで小さくある必要はないと思うので、僕はせめてHD8の方が良いと思います。

コスパが良くて最高なタブレットの一つ

正直「タブレットはもう本を読む用しか要らないな」と思っていたので、たったの5千円で購入出来るタブレットがあるのはデカイなと改めて今回感じました。

もし僕のNexus9が壊れたら、今度は僕もKindleを買おうと思っています。本が見やすければそれで十分ですからね…(笑)

またAmazonのサービスにも全部紐付いているわけなので、その点でも使いやすいとは思います。

「ただ本を読むためだけのタブレット」だと思えば値段相応な機能で十分だと思いますよー!