「HP SPECTRE13」をブログ更新で使い続けた上での実機レビュー…キーボードの打ちやすさが最高

      2017/08/25  2,481 views 

HP Spectre13

再び仕事用のノートパソコンを購入したので使ってみたレビューを書いておきます。

今回購入したのは「HP SPECTRE13」です。OSはWindowsとなります。結局Windowsに戻ってきてしまいました…(笑)

今回僕がこれを購入した用途は「外での作業用PC」です。

求めたのは持ち運びやすさ、そこそこのディスプレイ、文字入力がメインなのでキーボードの打ちやすさ、ちょっとした画像編集が可能なぐらいのスペック…です。

それを考慮すると、値段も込みでこのHP SPECTRE13が最もベターなパソコンだと感じました。

今回はPC店に行って散々色々なPCを実際に触れてみて、その上での選択となります。

理由は以前から書いている通り、MacBook Proを名前のみで購入してみて大失敗したからです…(笑)

HPの公式サイト→HPノートPC Windows 10搭載 最新モデル

スポンサードリンク

MacBook Proでの失敗を経てHPを選択

僕は先日MacBook Proの2016年バージョンを購入して大失敗をしています。

単純にバッテリーの初期不良を食らった…ってのもありますが、それ以上に個人的にはキーボードが酷かったのが返品をした最大の理由です。

そこでHPを選択した理由が、僕が以前からChromebookを使っているんですが、そのメーカーがたまたまHPだったんです。

そしてこのChromebookのキーボードの打鍵感を僕は気に入ってたんですよね。

そこでHPで何かいいものはないか…?と思って見つけたのが今回の「HP SPECTRE13」だったわけです。

実際にお店で触れてきた

実際に展示してあるお店に出向いてキーボード自体に触れておきました。

だから打鍵感については全く問題ありません。

これまで触れてきたHPのChromebookより更に静音性に優れた形になっているぐらいですね。

Chromebookはカチャカチャ音がしていましたが、こちらのSPECREはポツポツとした音がする程度で、あまりカチャカチャとした音はしません。

もちろんそれでも僕がスピードを上げて打つとそこそこの音がしますが、MacBook Proに比べると遥かにマシです。

そこそこのスペックを持っている

今回僕が購入を決断した最大の理由はそこそこのスペックを持っていることです。

そしてキーボードの打鍵感に問題がない事、薄くて軽い事で、ある程度のスペックが僕の中での一定の基準に達していた事が理由です。

  • ディスプレイがHD画質の1920×1080
  • インテル Core i5-7200U プロセッサー
  • メモリ8GB
  • USB Type-cでの充電

これらの点が僕の中での決め手になりました。また13インチである事も個人的には最もベターかなと思った点の一つです。

それ以上の大きさだとさすがに持ち歩くのには微妙かなとは思いますが、13インチならギリギリありかなと…出来れば12インチぐらいがベストですけどね…(笑)

またメモリが8GBあるのでちょっとしたマルチタスクが可能な事、そしてCore i5もあれば十分マシンパワーが足りてるという判断からです。

HP公式で買ったら色々ついてきた

HP SPECTRE

購入したらなんか説明書みたいな分厚い物やマウス、PCを入れるカバーが2つもついてきました。

HP SPECTRE

PC本体のケースに入ってたのは充電器と、Type-CとUSBの変換器がついていました。

HP Spectre13
キーボードはこんな感じで、バックライトもついています。もちろんON/OFFも可能となっています。

HP Spectre13

バックライトはこんな感じで光ります。

HP SPECTRE

Chromebookと分厚さを比較していましたが、半分ぐらいの薄さになっています。

HP SPECTRE

上から見たサイズ比較はこんな感じです。

HP SPECTRE

イヤホンジャックとType-Cの端子は背面についている事になります。キーボードがついている横側はType-cの端子すらつけられないぐらい薄いです。

HP SPECTRE

充電器は結局Chromebookのものと大差ありません。右がSPECTREで左がChromebookの充電器です。

スポンサードリンク

ある程度使って感じた不満点

ある程度使ってみて感じた不満点についてまずまとめておきます。

常に移動して移動した先で使っているので、ちょいちょいと不満点は見つかるようにはなっています。

充電が他のType-cからは出来ない

実はちょっと嫌な予感がしてはいたんですが、本体を見た際にあまりにもACバッテリーのサイズが大きいので「これスマホ用の充電器だと充電できないのでは…?」と感じたんですけど、実際に使ってみたらやっぱり無理でした。

これMacBook Proは充電できてたので、ちょっとショックでしたね…。そして僕が持っているモバイルバッテリでも充電することができないことが判明しまして…結局コンセントがないと充電できない環境に逆戻りです…辛い…。

これが僕の中での最大の誤算でした…USB Type-Cでの充電が出来るってのがこのPCを選んだ最大の理由の一つだったんですけどね…。ここだけは購入を検討している人には注意してほしいです。

映り込みが結構ひどい

液晶の問題なんですが、基本的に反射するタイプの液晶となっているので映り込みがひどいです。

また背部に窓があったり、灯りがあるともろに写り込んで反射します…そういうのが気にならないタイプの人は良いかも知れませんが…個人的にはそういうの気になるタイプなので、ちょっときついですね…。

ただこれらは自分が座る位置を調整すれば済む問題ではありますけどね…。

コワーキングスペースで作業する際にどうしてもPCを開くまでこれがわからないので、何度も席を変えてウロウロしてたりします…場所を固定しちゃえばそれで済む問題でもあるので、これは慣れも必要かも知れませんね…。

指紋が目立つ

ちょっとどういう素材なのか僕は把握してませんが、触れているとこのように手垢というか…触れた跡が目立ちます。

HP Spectre13

HP Spectre13

特にこの金色の部分は凄く目立ちます。また操作時にこの金色の部分に光やらなんやら反射するので、それもまた使いづらさに拍車をかけてます。

Windows Helloが使えないのが欠点

これも僕は買うまでわからなかったんですが、まさかのWindows Helloが使えません…。

簡単に言うとカメラを使ってロックを解除するあれです…あれ使えると思ってたんですよ…そしたらまさかの使えないというオチでして…(笑)

普通にパスワードで毎回ロックを解除しないといけないという…まぁ仕方ないんですけどね…。

これも楽しみにしてたので、なんで買う前にチェックしなかったのかと、我ながらアホさ加減に泣けてきます…。

それでも個人的にはキーボードの快適さに勝るものは何もないので今回は後悔はないです!(笑)

タッチパッドは少し誤作動がある

タッチパッドの範囲が狭いので入力中に手が触れるなどの誤作動はありません。

ですが問題は普通に触れている時でして…単純に二本指での操作をしている時にタップしたような挙動をするなどの誤動作があります。

普段のサイト閲覧時にはそこまで気になりませんが、スマホなどでよくあるタイル式のUIをしているサイトなどを見ている時にちょっとイラッとしますね…。

何故か左クリック長押しでマウスを動かした時のような挙動を起こして、新しいタブが勝手に開いてそのリンク先が突然開かれる事もあります…ここが一番の不満点になりそうですね…。

一応お店で触れた時に色々なサイトを閲覧してはいたんですが、そういうサイトを見ていなかったので…失敗しました…(笑)

生々しい事を言うと、僕がTwitterをtweetdeckを使って利用してまして、そのtweetdeckで上記したような誤作動が起こるので、そこだけが不満かなーってぐらいですかね。

普段はそこまで気になる事はないです。

充電器への不満

充電器

充電器は組み立て式になっておりまして、このような受け皿となっている部分に。

充電器

こういうのを差し込みます。

充電器

このような形で差し込んで。

充電器

完成です。ですがここで大きな問題が僕の中でありました。実際に妻にも聞いてみたら同じ問題が発生しています。

抜き方がわからなくなる

恐ろしい事に差し込む方の端子にすべり止めも何もなく、非常に滑りやすくなっています。

差し込んだ際にがっしりロックしてくれるのは良いのですが、どちらに抜けば良いのかわかりません。

しかもかなりの力を入れないと抜けません。滑り止めもないので滑りまくるので、よけいにどっちに抜いて良いのかわからなくなるのです。

横に抜けば良いのか、下に抜けば良いのか「あれ??」と混乱しました。ましてや僕は曲がりなりにもある程度筋トレをしている男性で、それでも手が滑って抜けにくくなる事があります。

これに関しては正直「構造としてこれどうなの」って思うレベルでもあります。

SDカードなどは一切使えない

もちろん拡張機などがあれば使えるとは思いますが、SDカードスロットやHDMI端子などを挿すスロットは存在しません。

ですからスクリーンに何かを映したい時などにはあまり使い物になりません。

最初はType-cから普通のUSBに繋げるケーブルはついてきますが、それぐらいしかありません。

拡張性って意味ではかなり弱いです。当然DVDやBlu-rayを入れるスロットも存在しません。これは今時のラップトップの大半がそうですけどね。

快適だと感じた点

ここからは逆に良いと感じた点について紹介しておきます。

個人的にはキーボードに最大の魅力を感じています。ただこれは好みの問題もあるとは思うので、鵜呑みにせず絶対に自分で触れてから判断してみてくださいね。

ライティングメインでもキーボードには満足している

改めて入力をしていて思いますが、全然タイプミスがありません…って実際にはあるんですが、MacBook Proの場合は打つ度にミスの連続になってしまいました。

軽く打とうとすると文字が打てていないことになり、ちゃんと正確に打とうとすると指に力が必要で、打つ度に僕の指が痛むのを実感するレベルだったんですね…それを考えると今のこのSPECTREのキーボードはかなり快適です。

指が痛くなるほどの強さでも字を打つ必要はありませんし、MacBook Proに比べると音もうるさくないので騒音レベルにはおそらくなりません…たぶん…妻には「それでも音はする」って言われましたけど…(笑)

打っている本人が「これはまじで周囲の人は迷惑だろうな…」と冷や汗をかくレベルではなくなりました。個人的にはこれが一番嬉しいです。

今回はキーボードに満足しているので、僕は有りだと思っています。やっぱりライターにとって一番大事なのはキーボードですわ…。いや僕ただのブロガーですけどね…。

作業用PCは現物に触れてから買おう

本当に今回痛感したのはこれですよ!

文字入力がメインで購入する場合は特にキーボードに実際に触れてからノートパソコンを購入するべきだと思います。

この打鍵感が全てになるので…実際に触れてから購入しているので全然気になりませんし、むしろ「想像以上に打ちやすい」事に驚いている所です。

本当に一度は実物に触れてから購入するのが一番だと思いました…MacBookにはずっと憧れてましたが、実物にちゃんと触れてから購入するべきだったな…ってのは本当に今回痛感しました…。

キーボードの良し悪しを確実に把握してから買うべきでした。

持ち運びは非常にしやすい

実物に触れるとよくわかるのですが、MacBook Proを先日まで使ってた僕もびっくりするぐらい薄いです。

HP Spectre13

HP Spectre13

背面から見てもこの薄さです。

また重量もMacBook Proで1.37kgだったのが、このSPECTRE13は1.11kgと結構軽いです。

文字にすると大した差がないように感じますが、実際に持ち運ぶとなると結構な差が出ます。あの重そうな充電器を入れてても軽く感じますね…。

少なくともChromebookを持ち歩くよりは遥かに軽くなって本当にびっくりしてます。

排熱も気になるレベルではない

熱ですが、MacBook Proは「これは暖房いらずだね!」って冗談が出るぐらい熱を持ってましたが、今回のSPECTREは普通に触っている分には全く熱を感じません。

もちろん持ち上げて背面に触れてみると「あ、ちょっと熱があるな」と感じますが、MacBook Proみたいに操作している最中に「これ熱やばくね?」ってビビるぐらい、手のひらにまで熱を感じるほどではありません。

少なくとも僕の使い方は全く同じで、それぐらいの差はあるので個人的にはその点も気に入っています。

いくらハイスペックでも、それで本体がやばいぐらい熱を持ってしまうとちょっと熱暴走が怖いですしね…。

ディスプレイ解像度はこれぐらいで十分

解像度がちょっと低いのは実感するレベルではありますが、あくまでそれはMacBook Proに比べての話です。

それでもHD画質にはなっているので作業をするには本当に十分です。

Chromebookは画質が低すぎて、作業をする際にも目がチカチカして痛かったりするんですが、これぐらいならそれほどの悪さは感じません。

むしろこれ以上の綺麗さは特に不要かなと…あくまで僕の用途は「仕事での作業用サブPC」って事になります。主に使うのもライティング作業や、外注さんと連絡を取り合うためのものなので、入力がしやすくて持ち運びがしやすくて、そこそこのスペックがあれば十分なのです…!(笑)

って考えるとこれぐらいの性能で十分かなーってのは使っていて感じました。

もちろんこれが動画視聴や編集がメインだったりすると意味合いが変わってきますが、僕の用途はあくまで「文章を書く」のがメインなので、それだと全然問題ありません。

作業用としては今度こそ大丈夫なはず

今回に関しては充電器以外に不満はありません。

文字が打ちやすいのがすべてですけど、それ以上にディスプレイも良くなったし、マシンパワーもそこそこあるので文字入力程度で固まる事がないのも個人的には嬉しいです。

どうしても僕は文字を打つのが仕事なわけなので、それである以上は文字が打ちづらかったら話しになりませんからね…。

その点だけでも本当にこっちを買って良かったです。値段も約14万円になるので多少は安くなりましたし…。

ただ最後の最後までSurfacebookにするべきかどうかずっと悩んでたんですけど…充電器がこれだけ大きくなってしまう上に、スマホ用の充電器やモバイルバッテリーでの充電が不可能なら、Surfacebookにしても良かったかなー?って今はちょっと後悔してます…でもまぁあっちは完全にオーバースペックになるので、まぁこっちで良かったかな。

理想はChromebookのハイエンド版が日本でも出てくれる事だったんですけど…それはなかったので諦めました…。

とりあえずはしばらくはノートパソコンに関してはHP製品を使う事になるかもしれません。それぐらいHP製品のキーボードの打鍵感を僕は気に入っています。

先日もしばらくHPのChromebookを改めて使ってたんですけど、マシンスペックが低い事以外に問題はなかったので…。キーボードの打鍵感が自分に合うのが一番ですよね本当に…。

ただ改めて使ってて思うんですけど、でかいですよね13インチ…(笑)

あくまで用途はサブPC

ただ以前から言ってますが、僕はあくまで家にハイスペックなデスクトップPCを置いてあって、いざとなったらリモートコントロールでそっちを操作して作業する事もあります。

仕事として外に出た際に「ブログの更新をする」「連絡用に使う」などの用途でこちらのラップトップを使っている事になるので、そういう用途では良いよって話です。

僕はこのPCで映像を見ようとはしてません。実際に動画などを見ると多少のディスプレイのショボさは目につきました。だから動画なども見るためにラップトップが欲しい人にはあまりオススメしません。

それならまだSurfacebookとかMacBookの方がディスプレイも綺麗なのでそっちかなと。むしろそういう使い方ならSurfacebookの方がタブレットとしても使えるので絶対に良いとも思います。

あくまで仕事用のサブPCとしては今回のHP SPECTREはベターな選択肢だと感じましたよ。

動作の軽さにも満足している

僕はGoogle Chromeで常にタブを20個ぐらい開いた状態で音楽を流しながら作業しています。

それでも全く重くなる事はなく使えていますし、画像編集ソフトを開いたり、色々ツールを開いてもまだ余裕があります。と言ってもメモリは70%ぐらい使ってましたが…8GBでギリギリかちょうど良いぐらいか…。

WordPressで7千文字を書くと重くなる

僕は最近は文章のバックアップが欲しいので、常にブラウザ上で書いています。

WordPressで普通にブラウザ上で文章を書いていますが、この記事が7千文字で、7千文字になるとさすがに表示が遅れ始めますね…。

ただ以前のChromebookだと3千文字を超えたら重くなってたので、それに比べれば遥かにマシです。

最悪別に昔みたいにテキストエディタを使って文字を書くようにしても良いので、ここはまぁ良いかなと…強制再起動が頻発さえしなければ…(笑)

ですから動作的にも個人的には悪くないと思っています。

僕は基本的に短気なので重いのが一番嫌なので…(笑)

アップデートが多いのがちょっとうざい

これはまぁわがままを言っても仕方ない気はするんですが、アップデートが多いのはちょっとうざいです。

Windows以外のドライバー面だったり、HP独自の「HP support Assistant」ってソフトが入ってまして、そこで色々なドライバのアップデートが来てて、わざわざ自分でやらないといけないので…。

また結構頻繁にBIOSのアップデートもあるのが気になります。こっちは完全に再起動になってしばらく作業が出来なくなるので…出勤した先でまさかのアップデート待ち…なんて事もあります。

冷静に考えたらWindowsも起動してからアップデートを始めたりもしやがるので、そこに関してはどっちも一緒でしたね!(笑)

Amazonとかより公式サイトで買う方がお得

Amazonで見ても一応このノートパソコン売ってますけど、スペックとか自由に選べないのでオススメしません。

値段的にも公式サイトでチェックしてみる事をオススメします。

HPの公式サイト→HPノートPC Windows 10搭載 最新モデル

僕は公式サイトで今回のPCを約14万円ぐらいで購入してます。Amazonだとスペックは確認してませんが18万円だったので…もしかしたらi7モデルかもしれませんし、そもそもそこまでのスペックは動画編集でもしない限りは不要ですしね…。

ちなみにこれ、電気量販店でHPの人がいたので「現物って売ってないですか?」って聞いたら「公式サイトから買った方が数万円安くなるので、そちらがオススメです」とハッキリ言われて笑いました…(笑)

なので仮に買う場合は公式サイトをオススメします(笑)