「HP Chromebook11G3」を2万円で購入した感想

      2016/06/10  3,587 views 

これまで僕は「外でブログを更新するならタブレットで良いじゃない!」と思ってきました。

実際旅行先で僕はタブレットにBluetoothキーボードを接続して、それでポチポチと旅行記事を書いたりしていたんですね。

正直「一つの記事をメモする程度の使い方なら良いと思うんですが、それ以外の使い方は微妙だなぁ…って今回思ったので、それについてちょっと書きたいと思います。

今回は結局Chromebookを購入したので、Chromebookを実際に使ってみた感想も込みです。

やっぱりブログ書くならタブレットじゃダメだった…ノートパソコンが必要でした…。でも期間限定の特売品とは言え、新品のノートパソコンが2万円で買える時代になったんですねぇ…恐ろしいです…。

スポンサードリンク

タブレットはノートパソコンの代わりにはならない

あくまで「本格的に作業をするなら」という前提になりますが、その場合はやっぱりタブレットで作業をするのは限界があるなぁ…って改めて思いました。

ですが今回の話にはいくつか前提があります。それは以下の通りです。

  • 複数のブログを更新する作業を行う
  • ブラウザのタブ移動を頻繁に行う
  • プレビューを頻繁に使う場合
  • 調べ物もしながら書く場合
  • 入力時の不便さ

これだとタブレットだと微妙…って話でございます。

以下に理由をまとめていきます。

複数のブログを更新する

僕は一つのブログを更新しているわけではりません。

複数のブログを運営しており、それらを気分によって更新しています。

自宅ではないと更新出来ないものもあれば、逆に外に出て色々な刺激を受ける事で更新を捗るブログも存在します。

今回に関しては特に後者のものが存在しているので、外で作業をしたくなっているわけです。

この複数のブログを運営している場合、ブラウザだと出入りが面倒です。

WordPressのアプリを使う手もありますが、そしたら今度はパーマリンクの設定などが出来ないので、微妙です。

ブラウザのタブ移動を頻繁に使えない

AndroidのGoogle Chromeはタブを移動していると、途中でリロードされてしまいます。

5つタブを開いたとして、一番左のタブで作業してて、ふと4つ目のタブに移動すると、リロードされちゃうんですよね。

もちろん逆に戻ったらまたリロードされます…この際にWordPressに自動バックアップ機能をつけてないと、書いてた記事も消えます…。

自動バックアップがある場合は復元する事が出来ますが、それもまた一手間かかるわけですよね…これが外で作業してるとかなりのストレスになります。

だから僕はAndroidタブレットで作業しているとイライラしてくるんです…。

プレビューを頻繁に使う場合

僕はこう見えて記事を書く際にはプレビュー機能を使って頻繁に見た目を気にしています。

見出しの間隔は適切なのか、文章量は適切なのか、装飾はやり過ぎていないか?少なすぎていないか?

一応色々と考えて作業しているんですこれでも…笑

それをAndroidタブレットでやろうとすると、頻繁に画面に手を伸ばす事になります…これがまた面倒なんだ…笑

キーボードでずっと入力しているのに、そこでタブレットに手を伸ばしてプレビューボタンを押すのって結構なんかね…面倒なんです…。

ノートパソコンならそれもタッチパッドで出来るわけなので、やっぱりタッチパッドがあるのって大事だなぁ…って改めて思ってしまうのです…。

調べ物をしながら書く場合

僕は馬鹿なので「あれ?こういう時の日本語ってどう使うんだっけ?」って調べる事がめちゃくちゃ頻繁にあります。

「ちょっとここはカッコ良い単語を使いたいな」と思った時に、僕の貧相な知識では思い通りに浮かばない事が多々あります。

そういう時は僕は常にGoogle先生に聞くようにしています。そこで意味を調べてから単語を使ったりするんです。

そういう「調べ物をしながら作業する」場合って、やっぱりタブ移動をするんですよね…。

家だと常時ブラウザ2つ、タブを合計30個ぐらい開いて「いつでも見れるように」しています。

外ではせいぜいタブは5つぐらいしか開かないように気をつけてますが、やっぱりこの際に移動が大変になるんですよねAndroidはね…。

ここが個人的には一番ネックになってます。

入力時の不便さ

入力してると、突然カタカナしか打てなくなるんですよAndroidタブレットだと…。

これ僕だけなのかもしれませんが、本当にこれイライラします…特にタブ移動を終えた後に発生しますこれは…笑

またタッチキーボードが画面の下の方に出たままになる事もあって、非常にうっとうしいです。

せっかくBluetoothキーボードを持っているのにね…と。

Androidタブレットで不便だと思った事まとめ

マウスポインタが欲しい!

僕が以前「Surface良いなぁ」って思った理由がこれでして、Surfaceにはタッチパッドとマウスポインタがあるんですよね…。

それだけで僕にとっては神ツールになるわけでして…正直キーボード入力をする作業の時にタッチパネルって要らないじゃないですか。

文章入力がメインの作業をする人からすれば、タッチパネルは不要なんです。

だから僕が作業してていつも不便だなーって思ってしまうのは以下の点です。

  • マウスポインタが欲しい
  • キーボードが小さすぎる
  • 定期的にカタカナになってイライラする
  • タッチキーボードが邪魔で画面が見づらい

これなんですよね…これらで本当にイライラします…。

Bluetoothキーボード自体は良い

僕が使っているBluetoothキーボードは天下のMicrosoft様が出しているこのキーボードです。

正直この製品はかなり良いです。キーボードが小さい事だけが僕の中でネックになっていますが、それ以外の点では実に満足しています。

キーボードが小さい事を除けば、打鍵感も実に良くてですね。僕は本当にこのキーボード自体は気に入っているのです。

そして上の記事の中で「もうノートパソコンなんていらないね!」とか言ってて本当にごめんなさい…笑

ノートパソコンはブロガーにも必須でした…まだまだ必要でした…でもSurfaceなら有りなのかな…でもSurface高いしキーボードがペラペラなのが気になるんですよね…。

スポンサードリンク

外の作業で使う安価なサブPCは何が良いか?

って事で僕はここ一ヶ月ばかし、珍しく悩んでいたんですよ。

僕が求めているノートパソコンは以下の通りでした。

  • 安価
  • キーボードはフルサイズ
  • 重量は出来れば1kg以内
  • 出来ればグラフィックはそこそこ綺麗(汚いと目が痛くなるので)
  • ブログ更新とブラウジングが出来れば良い
  • 10インチ以上15インチ未満

こんな感じでずっと考えていたんですが、今やWindows10のPCなら低スペックで安価な物が売っている事がわかりました。

でもここでまた僕がワガママを言い出しました。

WindowsやMacBookほどのスペックは不要

Windows10が入ってるって事はなんでも出来るって事じゃないですか…そこまでのものは求めてないんですよ…。

そこまでマシンパワーが必要な作業をするわけじゃありません。

求めているのはあくまで「安価で文字入力がしやすく、最低限のブラウジングだけが出来れば良い」わけですよ。

自宅のPCがWindowsなので、Windowsgならいつもと似たような環境を準備する事も可能なはず。

OSが同じなら良いかなー?とも思ったんですけど「そこまでのスペックは要らないんじゃないのか?」と改めて考えなおしてしまいます…。

MacBookの軽量さはカッコよさには惹かれましたが、なんか違うなぁ…と途中から思って来ました。

そこで思ったんですけど、Googleのサービスを多用している僕の場合は、やはりGoogle製品の方が良いんじゃないか?って感じたわけです。

そこで思い立ったのが「Chromebook」です。

Chromebookの特徴

僕がChromebookを良いと思った理由は以下の通りです。

  • Chromeブラウザ上での作業しか出来ない
  • 低スペックでも機能する
  • ウイルスの心配が低い
  • めちゃくちゃ安い

これらの点を考えると、僕はChromebookで十分だと思って購入する事にしました。

今回購入したのは「HP Chromebook 11G3 N2830」です。楽天のマラソン限定価格とやらで、なんと税込み送料無料の19,800円でゲットです。

2万円で買えるなら全然良いよね…ちなみに僕が購入した直後に売り切れになってました…。

ちょっとモデルが異なりますが、こういうものですね。

というわけで今回はこの購入してみたChromebookを実際に使ってみた感想などについても書いておきたいと思います。

クロームブックのスペック

今回僕が購入したクロームブックのスペックは以下の通りになります。

名称性能
モデルHP Chromebook11 G3
プロセッサーインテルCeleronプロセッサー N2840(2コア、1MB、L2キャッシュ、2.16-2.58GHz)
メモリオンボード4GB(4GB×1) DDR3L-1333 PC3L-10600
メモリスロット空きなし
ストレージ16GB SSB(eMMC)
Webカメラ720p 92万画素
無線LANデュアルバンドa/n/g/n/ac + Bluetooth4.0
グラフィックスインテルHDグラフィックス
ディスプレイ11.6インチワイド 1366×768ドット
インターフェイスUSB3.0、USB2.0、HDMI、ヘッドフォン/マイクジャック、各1個
バッテリー駆動時間約8時間
充電方式ACアダプター
サイズ300×205.7×20.4mm
重量約1.28kg

というスペックになっています。他にも細かいスペックはありますが、主に気になるのはここらの点だと思います。

クロームブックの見た目

クロームブック

中に入っていたのはこれだけ、充電器と本体だけって事になりますね。ちょっとしたマニュアルもついていたので、気になる人は読むと参考になると思います。

クロームブック

これぐらいの厚みになってます。最近のMacBookに比べるとやや分厚い印象になりますね。正直僕はそこは諦めました…笑

クロームブック

キーボードはこのようになっていました。普通のノートパソコンぐらいのピッチはあります。十分じゃないでしょうか?

クロームブック
近くで見ると、やっぱり安物感が出てきてしまいます。キーボードはちょっと触ればカタカタ動くタイプなので、長期間打ち続けるとすぐ壊れそうな予感はします…笑

クロームブック

タッチパッドもちょっと不安な安物感がありましたが、これがまた触ってみると使用感はかなり良かったです。

クロームブック

気に入らないのはディスプレイの下の方です。ベゼルとの間にホコリがすでに入り込んでいます。これ指で触れても取れない絶妙な所にハマってますからね…。

クロームブック
Nexus9とのサイズ比較をしてみました。やっぱりそこそこ大きいですね。正直もうちょっと小さいと思ってたので「思ったよりしっかりしてる」って好印象でした。

では次に実際に触ってみた感想についても書いていきます。

実際に記事を書いてみて感じた点

この記事は実際に届いたクロームブックを使って書かれています。外に出て書いているわけではないのですが、クロームブック単体で書いているので、一応かかっている手間としては外で作業するのと変わらないはずです。

その上で感じた事をまとめていきます。

本体はそこそこ重い

とりあえず持ってみた感じ、流石に1.28kgあるというだけあって、そこそこの重さはあります。

正直端っこを持ってみた感じだと「重いな」と感じたのは事実です。またこれはカバンに入れて出かけた際にどう思うのかをまとめたいとは思います。

ですが現状で少なくとも「重い」と感じたのは事実です。

キーボードは軽くて打鍵感は悪くない

キーボードはフルサイズという話なだけあって、それなりに打ちやすくなっています。

僕はタッチタイピングをするのですが、感覚人間なのでキーボードのサイズがちょっとズレるだけで豪快にミスタイプをしてしまいます。

ですがそこまでミスをする事なく、現状は打つことができています。バックスペースが小さいので、そこでちょっとミスをしてしまうかなぁ…という感じですね。

もう少しバックスペースの横幅がある方がありがたいんですけど…そこはまぁただのワガママなので仕方ないとします…笑

エンターキーも初見だと小さく感じましたが、実際に打っている感じだとそこまで悪くないかなと思います。

正直キーを押した時にちょっと「ペコっ」って音がするので、ノートパソコン特有の「ぺこぺこ」って打鍵音がしてちょっとオモチャのような感じは正直受けます。

ですがまぁ2万円だって考えたら値段相応かなぁ…とも思います。

タブレットの時に購入したMicrosoftのキーボードと同等ぐらいの打鍵感だと個人的には思いますね。

ただかなり軽いので、軽く入力するだけで問題なく文字を打てるので、僕みたいに慢性的に指の痛みと戦っている腱鞘炎な方には結構良いと思います。

ともかく今は早く辞書が僕の変換に馴染んで欲しいですね…ユーザー辞書そのものはデスクトップのをインポートしたんですけど、普段の変換候補がちょっといつもと違うのでそこで誤字が増えます…笑

文字入力の処理速度は中々早い

僕は一応ブロガーなんてのもやっているだけあって、文字入力はそこそこ早い方です。

だからあまりにも低スペックなものに触れていると入力速度に変換が追いつかずに、後で遅れて文字が出現する事が多々あります。

ですがこのクロームブックは2万円の割にかなりしっかりついてきてくれます。もちろんちょっとノッてしまった時や、変換をする必要がなくてすらすら入力をしてしまうと若干のズレが生じますが…。

今の所は変換ミスやタイプミスが普段よりはやはり増えてしまっているので、その処理速度の遅さにイラッとした感じはありません。

これはまたこのキーボードになれてしまって文字入力が早くなった時にどうなるか、変化があれば追記したいと思います。

正直ここが一番不安だったので、ついてきてくれて本当に良かったです。やっぱり昔と違って今のPCはこのあたりは大丈夫なんですかね??

マルチタスクも結構イケる

試しにGoogle Playミュージックを聴きながらYouTubeを開いて、公式PVを最高画質で流してみたんですが、ロードするまではちょっと遅くなる事はあっても、ロードが終わってからは問題なく普通に流れてました。

だから案外マルチタスクも問題なくこなせそうです。少なくとも音楽を聴きながらタブを12個開いて作業しても問題なく動作しています。

これだけ出来るならブログを更新するぐらいの作業は普通にこなせそうですね…。

現状では結構驚いてますし気に入っています。正直な話、アンドロイド単体より全然使える気がします…。

11インチで十分大きい

家電屋さんなどを回って、様々なサイズのノートパソコンを調べてみたんですが、10インチになるとキーボードのサイズが小さくなるので微妙です。

今回購入した11インチのこのクロームブックだと一応フルサイズキーボードで、テンキーがないだけになります。

僕はテンキーがあった方が数字の入力は早くなるのも事実ですが、そんなに数字打たないだろうと…

そういう理由で、フルサイズキーボードかつ一番小さいぐらい…って事で11インチにしたんですけど、思ったより大きかったです。

画面を見る分には本当に問題がないレベルです。僕はモニターのサイズに関しては気になっていませんし、むしろ13インチとかよりこれぐらいの方が良いと感じています。

やはり外で作業する用なので、極力小さいに越した事はありません。

グラフィックの質は高くないが不便でもない

正直僕がこだわりたかったのは、IPS液晶などの液晶画面の質でした。

本当はIPS液晶のクロームブックが欲しかったんですけど、お手頃価格かつ日本語キーボードでは存在していなかったんですよね…。

そこで今回は値段で妥協してこのHPのクロームブックを購入する事にしたんですけど、言うほど悪くもないです。

確かにブログを見て画像を見ようと思うと「なんか薄い」と感じる事が多いです。画像を見るのに適したグラフィックではないのは事実です。

ですが文字は思ったよりそれなりに鮮明に映っているので、そこまで気になりません。

Nexus5Xが5.2インチで1920×1080のIPSだって考えると結構差を感じるとは思ったんですけど、僕のポンコツ視力ではそこまで気になりませんでした。

元々過去に購入したノートパソコンが気に入らんかった理由が「グラフィックが悪すぎる」だったので、ここは怖かったんですけど、案外いけましたね…。

個人的にはこの点は嬉しい誤算でした。

タッチパッドも快適に動作する

これまた昔買った某社のノートパソコンのタッチパッドが悪くてですね…結構トラウマだったんです。

ですが今回買ったこのHPのクロームブックですが、タッチパッドもかなり使い勝手が良い。カーソルスピードもChrome OSは変更が可能なので、自分好みの速度に変更が可能です。

タッチジェスチャに関してもかなり充実してまして、特に3本指を使ってタブ移動が可能な点が個人的には気に入っています。

初めてタッチパッドがあればマウスが要らないと言う事を実感しました。これまでそんな事は思った事がなかったので…。

以前のノートパソコンだとタッチパッドの誤作動が酷すぎて入力時には常にOFFにしていたぐらいなので…ここまで使えるとは本当に思いませんでした。

これならChromebookを操作する時にわざわざマウスを持ち歩こうとは本当に思いませんね…うーん本当に凄い。

ブロガーにはクロームブックは十分使える

あくまで「外でも作業をする人向け」でしかありませんが、僕はブロガーぐらいならChromebookは全然使えると思います。

ただし一つだけ問題がありました。これだけは絶対に譲れません…笑

画像編集作業はこれだと重すぎる

Chrome拡張でフォトショップのようなアプリはあるので、それで画像の編集は可能です。ですがせいぜいリサイズをするぐらいだなぁ…と個人的には思いました。

僕がいつも画像につけているURLなどは、いつもWindowsのアプリを使って全部一括でつけています。

今回はそういうのも全部Chromebookでやろうと思ったんですが、激重でした…笑

やっぱりこの低スペックでは画像編集は無理がありますね…複数の画像をリサイズして、画像のデータを削除してURLを入力して〜ってやるのは結構なストレスになりました…。

だから画像をたくさん使うブロガーさんにとってはあまり使えない端末と言う事になります…。

ですが文章入力がメインの人には全く問題ないと思います。ただサイトデザインをいじるには向いてませんね。やはり配色の確認はしづらいです…。

ちなみに画像に関しては、僕はNexus5Xで撮影して、Googleフォトに自動的に同期しているので、そこから引っ張ってきて作業しました。

また一応本体のストレージにもいくらかはファイルが入るようなので、一時的にそこに保存して作業する感じです。

文章入力なら全く問題ない

文章を入力する分には全く問題ありません。個人的にはむしろ「思ったより快適」だとまで思っています。

キーボードの打鍵感も別にそこまで悪くはありません。ちょっとしたオモチャ感はありますが、それでも不快なほどではありませんでした。

むしろ「軽く押すだけで良い」って意味では快適だとまで思います。普段入力しているデスクトップ型のキーボードも好きですが、こういうノートパソコンのキーボードも悪くないなと、正直今は思います。

なのでこれからは外でもガンガン作業ができそうなので、ちょっとお出かけが捗るかなー?とも思っています。

外で作業するサブPCとしては優秀すぎるぐらい

Googleのサービスを主に使っている人に限定されますが、かなり優秀なサブPCだと言えると思います。

だってこれ2万円ですからね…笑

Nexus7ですら本体だけで2万円でキーボードは別売りなわけですし…またタブレットでの記事作成は本当に向いてないのを今回実感したので…。

改めてブログを更新するならやっぱりノートパソコンの方が良いのは間違いないと思います。

そしてちょっと本格的に調べ物をしながら記事を書くのも、ノートパソコンの方が便利です。

僕は自分のブログも見直して「過去にこれは書いたな」と過去記事へのリンクを貼る事もよくあるので、そういう時にもタブレットだとやりづらいんですよね…。

すべての面で、今回のクロームブックは僕の需要にピッタリハマりました。

何より安いのが一番でかいです。多少不備があっても「まぁ2万円だしなぁ…」で済むんですよね…。2万円で画像編集作業以外は可能なPCが手に入るなら、それで良いじゃないかと、僕は思うのです。

あとはもうちょっとキーボードの質が良いものがあるなら、いずれはそっちに乗り換えても良いかなー?なーんて思いますね。

2万円なら毎年買い換えても良いぐらいだと思うので…適当に使い倒したいと思います。

改めてこうやってスペックを調べてみると、家で使っている高スペックなPCって本当に必要なのかな…?とも思ってきました…。

もう動画編集とかしてないので、一番スペックが必要な作業が画像編集って…しかもちょっとしたものなので…全然スペック要らないなぁ…って事を今回痛感しました…笑

これからはアイディアが浮かばない時は外に出て色々作業していきたいと思います…!!笑