SIMカードカッターで標準SIMをnanoSIMに切り取ったやり方…適当にやっても普通に読み込めます

      59 views 

SIMカードカッター

今回はSIMカードカッターを使ってSIMカードのサイズを変更してみたので、使い方などについて紹介したいと思います。

購入したSIMカッターはこういうもので、Amazonで700円程度で購入する事が出来ます。

これでSIMカードを切ってみたんですが、ちょっと個人的に戸惑う点が多かったのでそこから紹介します。

スポンサードリンク

説明書が無い

面白い事に説明書がありません。

大雑把なやり方は箱に書いてありますし、それはAmazonでも確認をする事が出来ますが、本当に簡単な説明に留まっているので「これで本当に大丈夫?」とビビりながらやる事になります。

それでもSIMカードのサイズが合ってない場合は自分でなんとかやるしかないので…僕も適当にやりましたが、とりあえず問題なく行けたので、適当でも一応大丈夫です(笑)

付属の型にはめ込んで切り取る

今回僕は標準SIMをnanoSIMに切り替える作業をする事になりました。

最初は何も考えずに標準SIMをSIMカッターの切り口に入れてみたんですが、どうもめちゃくちゃズレます…これはさすがにヤバイと考えた結果、付属してた黒い物体にはめ込んでみたらめちゃくちゃしっくりきました。

SIMカードカッター
これっぽい…たぶんだけど…。

ってわけでこれにはめ込んだ状態でSIMカッターに入れてみるとこのようになりました。

SIMカードカッター
ズレてね?

SIMカードカッター
微妙にズラせる…。

どっちでやるべきかイマイチわからず、とりあえず中間に来るように微調整をしました。

ここで忘れてはいけないのが、SIMカードは真四角ではなく、一角がへこんだ形になっているので、その凹んでいる向きだけは絶対に合わせるようにしておきました。

また上下に関しては黄色い方がご覧の通り背面で見て確認出来るような向きで切り取りました。

スポンサードリンク

雑に切り取る事に成功する

とりあえずここで迷ってはいけないと思い、微調整を終えたら思い切って全体重を乗っけてSIMカードカッターをバッチンと押し込んでみました。

SIMカードカッター
凄く…雑に切れました…。

セットの中に紙やすりが入ってたので「なんで紙やすり入ってんだ??」って思ってましたが、これで切り口を削れって事だったんですね…恐ろしいです…。

めっちゃ黄色い所も切ってる

左右はしっかり合わせたつもりでいましたが、改めて切り取った標準SIMを見たら見るも無残な姿になっていました。

SIMカードカッター
これ…使えるのか…????

一気に不安になります。黄色い部分はてっきり残るものだと思っていたので、一切残らず切り取ってしまった事に怯え始めます。

無事に認識はしてくれました

恐る恐るこのためだけに買ったもう一つのNexus5Xに挿入してみると、しっかりと電話番号を認識してくれました…良かったです…。

切り口を見ると「これ使えるのか!?」って凄く心配になりますが、案外思い切ってやっても大丈夫みたいです…。ただk本的には黄色い部分は切り取っちゃダメだと思いますけどね!!(笑)

SIMカッターが必要になった理由

ちなみにNexus5Xにわざわざ機種変更した理由は単純で、ZenFone GoがなんかバグったみたいでSIMカードを読み込んでくれなくなったからです…。

実際には恐らくASUSに電話して修理をしてもらえばそれで済んだんでしょうけど、元々僕と妻がNexus5xを使っていて、そっちの方が明らかに良かったので、ZenFone GOを使ってた母ちゃんも「それが良い」と言い出した次第でございます…(笑)

ZenFone GOが標準サイズのSIMだったのでそっちを持ってたんですが、Nexus5XはnanoSIMなので、これで今回はSIMカッターの出番となったわけです。

何にせよこんな簡単にサクッと切れるなら買う価値があるとは思いますよーなんだかんだ結構硬かったので、専門の道具以外で切り取るのは個人的にはオススメしません。

たぶん下手に切り取ろうとしたらへし折れたりすると思いますしね…。