Fireタブレットの選び方まとめ…コスパ最強の安価製品だが用途で考えよう

Fireタブレット

AmazonのFireタブレットを買う際に「どれを買えば良いかわからない」って人のために、大雑把に特徴と選ぶべきものを書いておきます。

ただ大前提にFireタブレットを買うべき人は「安くて性能が低い物を買いたい」って人だけなのを先に書いておきます。

良いものが欲しい人は大人しくiPad買っておけ!(笑)あくまでFireタブレットの良い所は「安い!そこそこ良い!」って所なのです。

ではその上でFire7、HD8、HD10の違いについて書いておきます。

スポンサードリンク

Fire3種類の違いまとめ

まずはスペックの違いについて、これでわかる人は特に悩む事はないかなーと思いますが、基本的にこれはガジェットオタクじゃないと意味がわからないと思いますので、参考程度に。

名前Fire7Fire HD 8Fire HD 10
価格5,9808,98015,980
サイズ7インチ8インチ10.1インチ
プロセッサクアッドコア1.3GHzクアッドコア1.3GHz1.8GHz x 2、1.4GHz x 2 クアッドコア
オーディオモノラルスピーカー
マイク
Dolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
マイク
Dolby Atmos、
デュアルステレオスピーカー
マイク
ストレージ8/16GB16/32GB32/64GB
Wi-Fiデュアルバンド
a/b/g/n
デュアルバンド
a/b/g/n
デュアルバンド
a/b/g/n/ac
バッテリー8時間12時間10時間
サイズ192 x 115 x 9.6mm214 x 128 x 9.7mm262 x 159 x 9.8mm
重量295g369g500g

ではどこに注目すべきかを紹介しておきます。

ストレージはSDカードで十分

Fireタブレットにとってストレージとは「動画や本をダウンロードして持ち歩く用」と言う事になります。

自宅にいる場合はどれも無理にダウンロードする必要はありませんし、そもそもWi-Fi環境があればすぐにダウンロードが可能なのであまり気にする必要はありませんしね。

そしてこのストレージは実はSDカードで賄えます、最大で256GBまで対応していますが、まぁ安物でも32GBあるんで、これで十分です。

だからストレージは一切に気にする必要はありません。

サイズより画質を気にしよう

これは結構な差になるので注意して欲しいのが画質の違いです。

7インチは確かに小さく軽くて持ち運びがしやすいんですが、解像度が1024×600と非常に悪いです。ですがHD8になると1280×800と多少マシになっています。

僕はFire7を持っていますが、画質が非常に悪い。ではこれどこに問題が生じるかと言うと「動画を見る際に問題がある」と思って下さい。

漫画や本の場合はそこまで気になりません、ですが動画はちょっと気になります。特に最近のドラマやアニメは高解像度が前提で作られているので、結構汚く感じるんです。まだスマホで見た方がマシなレベル。

つまり動画コンテンツを見る場合は8か10の方が良いって事になります。

Fireタブレットのシリーズ別用途の違いまとめ

大雑把にこのFire3シリーズの用途の違いをまとめるとこうなります。

  • 持ち歩きやすいFire7
  • 万能型のFire8
  • 自宅用のFire10

では細かく書いていきます。まずはFire7からです。

Fire7は外で使う用

出退勤時に漫画や本を読みたい、もしくはダウンロードしておいたアニメやドラマや映画を見たい人にはFire7をオススメしたい。

単純に小さくて軽いから持ち運びがしやすいためです。

特にスマホの充電が気になる人にはオススメ。小一時間ぐらいなら余裕で保つので、電車内で座って見続けるなり余裕でしょう。

Amazon Primeのサービスの素晴らしい点はちゃんとダウンロードサービスがある点なので、外でネット回線がなくても自宅で予めダウンロードしておけば問題ありません。

ただし安価なだけスペックが低いので動作が結構重いので注意です。

Fire8は万能型

もちろんFire7のような使い方も可能、1インチの違いは大した違いではありませんし、重量も70gしか変わらないので凄くこだわりがない限りは大丈夫でしょう。

またスピーカーも8の方が良い物になるので、イヤホンなしで動画を見たい人もFire8の方が良いという事になるのです。

外で見る場合は100%イヤホンをつける事になるのでオーディオは関係ありませんからね。

外で使うのも自宅で使うのも可能で更に適度に安価、最もバランスが良い万能型がFire8って事です。

ただしCPUはFire7と変わらないので、動作が重いのは一緒です。

Fire10は自宅で動画用

10インチはさすがに大きいです。

そして最も解像度も高く、CPUも良い物を使っているわけなので最も性能が高いFireのハイエンドモデルと言えます。

だから外で使う事は想定せず、自宅内で動画コンテンツなどをメインで使う人にオススメなのがFire10って事になります。

価格も8の約2倍になるのでそれだけお高くなっています。ですが動作は7や8に比べればかなり改善されます。

FireタブレットはあくまでAmazon用

あくまでFireタブレットは「Amazon Primeの機能を使うためのサブ機」と考えよう。

カメラも大した事ないし、他の機能も全く大した事ありません。普通のタブレットとしてははっきり言ってポンコツです。

ですがこれだけ安いタブレットは他にはないのも事実です。

ぶっちゃけベッドで横になって漫画や動画を見るためのものならこれぐらいで十分なんですよ。僕自身も数年前に買ったNexus9を未だに使っていますが、スマホとは完全に別物として使っています。

漫画を読んだりNetflixなどの動画を見る用に使っているので、まぁFireと同じ用途ですね。ちなみにFire7は妻用です。

高性能を求めるならiPad一択

高性能を考えるならiPadが最強です、iPad Proを持ってますが動画を視聴する際に使うとまぁ綺麗で最高ですしね…(笑)

Androidのハイエンドタブレットなんかあったっけ…?と思いつつ…(笑)

でも個人的には動画コンテンツなどを見るぐらいならFireで十分かなーとは思いますね。Fire OSはAndroidベースなのでまぁそこまで違和感もないでしょう…たぶん…。

ただ繰り返しますが、Fireは普通のタブレットとはまた別なので、使い所は考えるべきでしょう。

自宅で使うか動画を見るかで考えよう

以前にも記事にしてますが、タブレットってもうかなり中途半端な位置になっています。

自宅で動画を見るにせよ、最近の大きいスマートフォンならそれでも結構いけたりします。僕も先日ダウンしてた時に使ってみたんですが、結構快適でした…(笑)

ですがやっぱり大きい画面で見たいならタブレットかなと、それだと「あれば便利かも」程度の用途なので、あまり高くない方が良い。となるとやはりFireタブレットがベターって事になってしまうわけですよね。

ちなみにFireタブレットはNetflixやHuluなども視聴可能になっているので、本当に「漫画や動画を見る専用端末」として使えるので、そういう用途で是非お試しあれ。