よく理解してない高齢者に格安SIMを使わせる際の注意点…電話代が高くなってしまいました

      932 views 

スマートフォン

正直これも計算の内と言いますか、僕の中では「やるだろうな」とは思っていた事なんですが、母親に格安SIMを使用させたら、想像以上に電話代が高くなってしまいました。

ってわけで今回は「携帯の事を何も知らない高齢者に使わせる場合の注意」について紹介しておきます。

やっぱり何言っても高齢者はやるので、ある程度の対策が必要になりますね…。

スポンサードリンク

格安SIMのデメリットを把握しておこう

格安SIM最大のデメリットは「通話料が高い」点になります。

若者は「通話なんてほとんどLINEで済ませるでしょう」となりますが、高齢者はLINEを使えない人もいるので、どうしても普通に電話をかけてしまう人が増えるのです。

僕の母親も完全にそのタイプでして、電話料金を見て目玉飛び出るかと思いました。

なんと約7千円もかかっていたのです…。LINEを使えない人に電話はするなって言ったのに…毎日毎日律儀に電話かけてました…さすがです母ちゃん…。

三大キャリアの頃は無料通話があったので、ある程度緩和されていたのでしょうけど、格安SIMには無料通話分はデフォルトでは含まれていません。

この「LINEやネットならお金はかからない、でも電話をかけるとお金が必要になる」を高齢者はあまり理解してくれません。特に機械に弱い人なら尚更です。

定額通話プランに入れておこう

僕の母親の場合は律儀に友人に毎日2~3分電話をかけていました。

この場合、うちは楽天モバイルを使っているので「楽天でんわ5分かけ放題オプション」に加入する方がベターって事になります。通話代だけで約7千円もかかっている状況なので…。

「楽天でんわ5分かけ放題オプション」は月額850円で使う事が出来るので、この時点で十分節約になる事が判明しています。電話をかけるなと言ってもかけるわけなので、その時点で諦めるしかありません。

問題はちゃんと楽天でんわアプリを使って電話してくれるかどうかって話なんですけどね…そこは「電話はここから使ってくれ」と必死に説得するしかありません…。

スポンサードリンク

定額プランがない格安SIMは避けよう

楽天モバイル以外にも定額通話プランがある格安SIMは絶対にあるはず。面倒なのでぶっちゃけ探してませんが、過去に格安SIMについて調べた際にはいくつかあった…気がする…(笑)

なので高齢者に格安SIMを使わえる場合にはその点を注意した方が絶対に良いです。

仮に僕の母親みたいにどれだけ言っても通話しまくる場合は、やっぱり定額プランがないと話にならないので…それでも3大キャリアと携帯代は大差ないですけどね…。

スマホを使いこなせない確率が大

スマホを持たせてから、やっぱり何度も「これってどうやるの?」「これ何なの?」と聞きに来る事が増えました。

ただこれも僕の中では想定内です。僕の母親はDVDプレイヤーを再生する事も出来ない人間で、僕が若い頃から数十回に渡り「ディスクを入れて、再生ボタンを押せば良いから、チャンネルはここね」と教えても、毎回聞きに来るレベルです。

案の定ですが、あまりにも自分が理解できないので「ガラケーの方が良かったかも」と言い出している始末です…本人が何度もスマホを使いたいって言っててその度に「100%使いこなせんぞ」とは言ってたんですけどね…。

こういう例はよくあると僕は知ってました。だからいずれガラケーに戻す可能性がある事も頭には入れてあります。別に構わないっちゃ構わないんですよね…。

ってわけで、我が家みたいになる可能性もある事は考慮しておいて下さい。ただの高齢者なら多少はスマホの使い方について把握可能かも知れませんが、機械に弱い人の場合はもうどうしようもないです…。

電話代と使いこなせないリスクは確実にある

格安SIMは電話をかけなければ凄く安く利用する事が出来るものです。

ですが電話を使う人になるとあまり意味がありません。もちろん上記しましたがかけ放題プランさえあれば、そこに加入する事で十分安くは出来ますけどね。

繰り返しますが高齢者の場合は「スマホよくわからん」と言うお約束のオチが飛び出る可能性もありますので、そこだけは本当に頭に入れておいて下さい…。

スマホは便利なんですが、使いこなせなければ何の意味もないんですよね…ただその「自分が使いこなせるかどうか」も実際に使わないとわかってくれないので…本人が使いたいって言えば与えるしかないのが辛い所です…。

…冷静に考えるとうちの場合、事前にiPod touchを持たせていたはずなんだけど、どうしてこうなった…(笑)