「Chromeリモートデスクトップ」設定のやり方と使ってみた感想

      2016/06/10  10,265 views 

今回は初めてChromebookにて「Chromeリモートデスクトップ」を利用してみたので、その設定方法と使ってみた感想を紹介したいと思います。

これ今回使ってみて思ったんですけど、自宅で使う分には最強の機能になりそうです…ただ外出先でもそこまで自由が利くかと言えばちょっと微妙なのかなぁ…とは思います。

でも設定しておいて決して損はない機能ですね。

ただこれChromebookの機能と言うよりはGoogle Chromeの機能なので、別に他のOSでも使えると思います。

スポンサードリンク

Chromeリモートデスクトップとは?

Chromeリモートデスクトップとは、Google Chromeの拡張機能の一つです。

Googleアカウントを利用して、同じアカウントを使っているPCをリモートコントロール(遠隔操作)する事が出来ます。

今回で言うとChromebookから、僕のメインPCであるWindowsのデスクトップPCを操作する事が出来ました。

ただあくまで今回は自宅内でWi-Fiを使っての操作なので、全く苦もなく操作出来たのかも知れません。これがまた外からの操作だとちょっと意味合いが違ってくるような気はします。

ただ便利なものに違いはないので、とりあえずサクッと導入方法から紹介します。

設定のやり方

まずいつも使っているデスクトップPC側からChromeリモートデスクトップの拡張機能をインストールします。

これ( ・(ェ)・)つChromeリモートデスクトップ

Chromeリモートデスクトップ

これをインストールしたらChromeリモートデスクトップを開いて、下の方のマイパソコンの設定をしましょう。

Chromeリモートデスクトップ

PINコードを設定します。要するにリモートコントロールをする際に毎回パスワードをを入力する必要があると言う事です。ただし使えるのは数字のみで、6桁以上が必要です。

Chromeリモートデスクトップ

ここまで設定したら準備完了です。同じアカウントを使っているのだから、この時点でChromebookにもリモートコントロールは入っているはずです。

Chromebookで操作してみよう

今度はChromebook側でリモートコントロールを開きます。同じようにマイパソコンを操作しようとするとPINコードを求められます。

Chromeリモートデスクトップ

さっき決めたコードを入力すれば、このウインドウにそのままパソコンの画面が表示されます。

Chromeリモートデスクトップ

デュアルディスプレイ(2つのディスプレイを使う事)にしてあるので、横にだだっぴろくなっております…。

Chromeリモートデスクトップ

このように左右に画面が並ぶ事になります。マウスカーソルを左右に持って行くとスクロールして画面が移動して見えるようになるので、デュアルディスプレイだと微妙…笑

Chromeリモートデスクトップ

しかもご覧の通り文字も小さくなってしまうので、実にやりづらかったです…うーんこれはデスクトップPCとの環境の差が出てしまう所ですね…。

Chromeリモートデスクトップ

リモート画面右上に持っていくとこのようなメニューバーが表示されます。一番左がメニュー、二番目がリモートオフと言う感じになっております。

スポンサードリンク

Windowsをリモートコントロールした場合の操作の違い

Chromebookの検索キーが、Windowsボタンと同じになっており、また右側にあるCtrlキーも同様にWindowsボタンとなっています。

これが地味に操作しやすくなっているので、個人的には気に入りました。いつもChromebookを操作する時は検索キーを押して、そこをいつものWindowsボタンと同じつもりで使っていたので、個人的にはスムーズに操作出来ました。

デスクトップがデュアルディスプレイになっているせいで、画面が小さくなってしまって使いづらい…と言う点はありましたが、そこもまぁ仕方ないかなーとは思いました。

またキーの割当に関しては、リモートコントロールのウインドウにメニューがあり、そこで調整する事も出来るのでお好みに調整出来なくもないです。

僕はデフォルトで問題ないかなーとは思いましたけどね。

デスクトップに電源が入っていないと機能しない

Chromeリモートデスクトップの最大のデメリットがこれになります。

メインPCに結局電源が入っていないと機能しないんですね…電源が入っていたら、どうやらスリープモードになっていても問題はないっぽいです。

つまり「出掛ける時もPCの電源を切ってはいけない」って事になります。せっかくリモートコントロール機能があっても、操作出来なければ何の意味もありませんからね…。

ってわけでこの点に関しては注意が必要になると思います。出掛ける際に電源を切る癖があると、いざ使おうと思っても使えない…なんて事になりかねません。

Androidスマートフォンからも可能

びっくりしたのがAndroidスマートフォンからも普通に可能でした。

( ・(ェ)・)つGoogleリモートコントロール Androidアプリ

これをインストールして、そのまま上記した通りのPINコードを入力したらまさかのスマートフォンからもリモートコントロールが可能になります…便利過ぎる…。

たださすがにスマートフォンからの操作はちょっと大変ですけどね…横長の画面を縦長で操作する事にもなりますし…せめてタブレットからじゃないと厳しいかな…。

ファイル持ち出しなどには実に便利

Chromebookなどで作業をしている時に、仮に「しまった必要なファイルがメインPCに入れたままだ」って思った時とかはさっとリモートデスクトップで繋いで、ファイルをGoogle Driveにアップロードすればそれだけで事足りるってのは凄く便利だと思います。

ただどれだけの通信量が必要になるかは気になる所ですよね…僕みたいにテザリングを使っている人間だとちょっとこの辺りは厳しいのかも知れませんね…。

ただWi-Fi環境がある場合は何も気にしなくて良いわけなので、そこは凄く便利だと思います。

もし「メインPCじゃないと出来ない作業」がふとした時に出てきたら、これでサクッと終わらせる事は可能ですよね。これは本当に便利だと思います。

パソコンの電源をさくっと切れるのも便利

僕が結構やるんですけど、夜の寝る前にPCの電源を切り忘れるんですよ…。

そんな時にスマホからさっと電源を切れるのは地味に便利です(笑)

いやまぁそれぐらい起きて切りに行けって話なんですけどね!!笑

それすら面倒な時は結構使えるなーって本当に思いました。特に冬の寒い日とか…布団から出たくないじゃないですか…そういう時は良いですよね…笑

いざと言う時のために設定はしておいた方が良いかも

そうそう使うタイミングはないのかもしれませんが、いざという時のために設定だけはしておいた方が良いと僕は思いました。

外にいてもうどうにもならなくなったらシャレになりませんしね…ただPCの電源をつけっぱにする必要があるって言う欠点つきですが…。

外で作業する事が多い人には凄く良い機能だと思うので、困った経験がある人はやってみたらどうでしょうか?

僕もWi-Fi環境がある時なら、画像編集をリモートデスクトップでしたらかなり楽になりそうだなーと感じました。これがあればChromebookの欠点を完全になくす事が出来るかも知れませんね…。