Nexus5X用にモバイルバッテリーCHOETECH B616Qを買った感想

      1,032 views 

CHOETECH-B616Q

Nexus5Xや他のモバイル機器にも使えるモバイルバッテリーを探した結果「CHOETECH B616Q」に行き着いたので、今回はこのモバイルバッテリーを使ってみた感想について紹介したいと思います。

モバイルバッテリーを使おうと思った理由はやはり僕もポケモンGOを発端にスマホゲーム熱が高まってしまいまして、LINEガンダムウォーズにハマったのがきっかけです(笑)

( ・(ェ)・)つ LINEガンダムウォーズ攻略まとめ

ゲームブログの方で攻略も書いているので興味がある方はチェックしてみて下さい。

このLINEガンダムウォーズと言うスマホゲームのアプリが非常にバッテリーを食うのでその対策で買った感じです。

結論を先に書くと、かなり良い感じだったので是非オススメしたいです。でも他のモバイルバッテリーもそう大差ないのかなぁ…とは勝手に思いましたけど…(笑)

スポンサードリンク

CHOETECH B616Qとは?

ハッキリ言って「CHOETECH」というメーカー自体を初めて聞きました(笑)

モバイルバッテリーと言えばAnkerですよね。だから最初はそっちを買おうと思ったんですが、Nexus5XはUSB Type-Cでないと接続出来ないので、出来れば変換ケーブルではなく最初からType-Cがついているものが良いと思ったんです。

んで適当に調べてみたら今回買ったモバイルバッテリーは「Nexus5X対応」って書いてあるし、Type-Cを挿せる穴もついているっぽかったのでそれなら良いだろうと選択した感じ。

CHOETECHは中国企業

これ購入してから知ったんですが、中国企業のようです…。チャイナリスクが頭に浮かんだんですが、でも実際に届いた商品を見る限りそう悪くはなさそうです。

当たり前ですが中国製品総てが粗悪品って事はない…はず…(笑)

この「中国製」って時点でちょっと引いてしまう人もいるかも知れませんが、なんだかんだ別の企業の製品を買ってもmade in Chinaな事はよくあるので、あまり深く気にしない事にしました(笑)

サイズも小さいがちょっとだけ重い

今回買った「CHOETECH B616Q」ですが、実際に届いた画像を紹介したいと思います。

CHOETECH-B616Q

外装はこんな感じに入っておりました。

CHOETECH-B616Q

大体これぐらいのサイズになります。僕の手のひらに乗っているのでまさに手のひらサイズってぐらいですね。スマホよりちょっと大きいぐらいのサイズです。

スマホよりは重い

あくまでNexus5Xに比べて…ってだけの話ですが、Nexus5Xよりは重いです(笑)

Nexus5Xが136g程度らしいのでそりゃそうか…ってぐらいのレベルですが…個人的にはそこまで重いとは思いませんし大きいとも思いません。

ただ他のモバイルバッテリーを使った事がないので「初めてモバイルバッテリーを買った人間がこれぐらいなら全然持ち運べるな」と思えたのは事実です。

スポンサードリンク

使い方の説明

これ使い方なんですが「IN」と書かれている所に差し込むのは「モバイルバッテリーを充電する時」と言う事になります。

あくまで「USB1」「USB2」と書かれている所にUSBを挿して、反対側をモバイル機器に挿して充電する事になります。

CHOETECH-B616Q

だからUSB Type-Cを直接差し込めるのは充電する時のみ…と言う事になります。

Type-Cと普通のUSBの変換ケーブルが付属

本体に片方が普通のUSBで、もう片方がUSB Type-Cというケーブルが付属しているので、充電する時はそちらを使う事になります。

最初試しにINに挿してスマホと繋いだら、逆にスマホからモバイルバッテリーに充電する形になってて吹きました…なんじゃそりゃ!(笑)

この変換ケーブルがあるから別に問題なくNexus5Xも充電する事は出来ました。

CHOETECH-B616Q

こうなります。大体サイズ似たようなもんでしょ(笑)

QuickCharge2.0はNexus5Xでも可能

実際に試しに「LINEガンダムウォーズをやりながら充電」する事によって充電速度について調べてみました。

以前試した事があるんですが、Nexus5X純正のUSB Type-Cケーブルで充電しながらLINEガンダムウォーズをやると、プラマイ0になるんです。充電が進みません、それぐらいバッテリーの消耗が激しいアプリです(笑)

では実際にこのモバイルバッテリーで充電した際にどれぐらいの速度が出るのか試したんです。

速度はType-Cと同等

全く充電が進みませんでした(笑)

つまりUSB Type-Cで充電した時と同じ速度で充電は可能…と言う事になるので、個人的にはそれなら全然良いと思うんですよ。

またこのQuickCharge2.0ってのは、要するに高速充電の事なんですけど、USB Type-Cと同スピードで充電が出来た時点で使えると思って良いと思います。

それぐらいの速度で充電は可能でした。

バッテリーは10400mAH

今回のこのCHOETECH B616Qのバッテリーが10400mAHなので、Nexus5Xが2700mAHって事は単純計算で3回ちょいはフル充電が可能って事になります。

それだけ出来れば外でLINEガンダムウォーズやってても生きていけそうです…!またポケモンGOとかも一緒ですよね。

外で激しくスマートフォンを使う人、外で長時間コンセントがない環境にいる人にとっては最強のアイテムの一つになりそうですね!

バッテリー残量はランプでわかる

CHOETECH-B616Q

本体についているボタンを押すとバッテリー残量を調べる事が出来ます。1つで25%ずつで、4つランプが光る部分があります。

当然4つ点灯すれば100%で、2つしか点灯しなければ50%しかないって事になります。

ここでバッテリー残量については簡単に調べられるのでおすすめです。

今回買ってみて思ったんですけど、モバイルバッテリーはガチで良いなと。この商品に限らず、やっぱりスマホを使っている以上は一つ持ってた方が良いですね。

海外から発送されるので届くのが遅い

このCHOETECH B616Qですが、海外から発送されてくるので結構時間がかかるのはデメリットの一つです。

今回僕も1周間近くは待った気がします…でもまぁそんなに急いでなかったから良かったかなと…(笑)

でも実際届いたのは本当に良い商品な感じなので個人的には満足してます。本当にモバイルバッテリーって小さいんですね…。

価格は約4千円

価格ですが、約4千円でした。正直これが安いか高いかもわかりません…(笑)

1万円を超えるようなモバイルバッテリーも結構見たので、それよりは安いものを…と思って探した結果がこれでした(笑)

何にせよ個人的には満足しているので一度ご検討あれ!

モバイルバッテリーは自分の用途に合わせよう

僕の場合はスマートフォンがUSB Type-C対応なので、それに対応しているものでないと意味がありませんでした…。

iPhoneの人の場合はiPhoneが充電出来るものを、自分の持っているモバイル機器がちゃんと充電できるものを購入するようにしましょう!

稀に自分が持っているモバイル機器を充電出来ない事もあるみたいですからね…(笑)

正直今回はちゃんと動いて本当に良かった…と胸を撫で下ろしてたりします…(笑)