ワイヤレスイヤホンのオススメは「QY8」…安くてBluetooth4.1にも対応

      41,761 views 

QY8

ちょっと今後外に出る事になったので、外を歩いている最中に使おうと思ってイヤホンを購入する事にしました。

そこで今回購入したのが「QY8」です。今回このイヤホンを購入するに至るまでまたもや熟考を重ねてみたので、それについても紹介していきたいと思います。

結論を先に言いますが、この値段でこんな良いものが売ってて良いのか…?って本気で思いました…。ワイヤレスイヤホンってもっと高いのがいっぱいありますからね…。

それぐらい最高に良い商品だと思います。うーん今回は本当に当たりを引きました…!!珍しい!笑

スポンサードリンク

も・く・じ♡

Bluetoothの安いワイヤレスイヤホンが欲しかった

僕が今回使おうと思った理由が、外出が今後増えて行くので、その際に暇にならないように音楽を聴けるようにしたい…というものでした。もちろん運動中に聴けるにも越した事はないとの思いもありましたが、その際に「ワイヤレスが良い」と思ったのです。

何故ならこれまで何度もスマートフォンにぶっ刺したイヤホンが引っこ抜けて痛い目にあっているからです…笑

イヤホンのコードは本当に邪魔

イヤホンのコードは鬼のように邪魔です。かつてジョギング中にiPhoneを持ち歩き、コード付きのイヤホンをぶっ挿していましたが、仮にiPhoneを腕に巻いていてもピョンピョンとコードが飛び跳ねてめちゃくちゃ邪魔でした…。

ましてや内ポケットにiPhoneを入れたりしたら、胸元でコードがぴょんぴょんはねてこれもまた邪魔すぎて…それでイライラしていたんですね。

ポケットに入れていた時期なんかは手にコードが引っかかって突然ブチッと引っこ抜ける事もしばしばありました。この経験があったので、僕は「買うならBluetoothにしよう」と思ったんです。

最新規格のBluetooth4.1対応で

ただこれ「値段が高ければやめよう」と思っていたんですが2016年3月現在の最新規格であるBluetooth4.1なら、過去のように「すぐにブツブツ切れる」なんて事はないのではないか?と僕は希望を持ったのです。

ともかくBluetoothで買うなら4.1しか嫌だ!というワガママな願望を持って探しました。4.1以外ならコードが付いているイヤホンでもう良いかなー?ぐらいのそれぐらいの軽い気持ちです(笑)

これがまた案外探してみたら安いのがあったんですよね…これにはビックリしました。そして安いのがあるなら良いやと購入しました。

それが今回のQY8です。

QY8は実にベターなイヤホン

QYシリーズについて僕はさっぱり知らずに、適当に調べている時にたまたま見かけただけで、見た時に正直ビックリしました。

これほど僕の要望にピッタリなイヤホンが売っているとは…!!

ネットで探す前に実は家電量販店に行って実際にイヤホンを見てたので、これぐらいのもっと値段が高くなるものだと思っていたんですけど、まさかの想像を遥かに超える激安で買える事が出来てビックリしています。

実に小さくて使いやすそう

これまでもBluetoothのイヤホンやヘッドフォンは購入した事がありましたが、家で使っているヘッドフォンで首が疲れてしまっておりまして、出来れば軽いイヤホンが良かったんですね。

そして過去に購入したランニング用のイヤホンをつけてみたら、耳が痛くてですね…正直微妙だなと思ってしまったわけです。

ですが実際に購入したQY8はこれぐらいでして、この時点でちょっと感動しました。

QY8

実に小さいですよね。そしてびっくりしたのが充電ケーブルですよ。こういうのってどうせまた独自規格だと思ってたんですが、よく見るとマイクロUSBなんです…!!Nexus9と充電器を併用出来るって事です、うーんありがたい!

やっぱり独自規格の充電形式を持っている機器って微妙ですよね…無駄に充電器を増やす必要がないのってやっぱり正義だって僕は思います…!!

QY8

広げるとこんな感じです。最初「充電ケーブル短すぎだろ」って思ったんですが、僕が持っている他のケーブルでも普通に挿せたんで問題なしです。うーんやっぱり規格が統一されていると嬉しいですね。

でも早くUSB3.1 Type-cで統一して欲しいんですけどね…Nexus5XがもうType-Cなんでよけいにそう思います…(笑)

QY8

マイクロUSBはここのカバーを剥がして挿し込みます。これがまたカバーを外すのが大変でして…僕は常に爪を短くしていないとタイピングがしづらいので嫌いなんですが、短すぎて全然開けられませんでした…そしてそういう日に限って妻が出かけておりまして…(笑)

爪が長い人はおらんのか!って思ったぐらいなので、これはちょっと困るかなぁ…。

QY8

イヤーチップの代えもこれだけあります、これどうやらサイズ違いが色々入っているようなので、デフォルトのサイズが気に入らない人はこれを変更すれば良いみたいです。

僕はデフォルトのサイズで気にならなかったので、ちょうど良かったです。実際に合っているのかどうかは自分で入れ替えてみてチェックしてみると良いと思います。

スポンサードリンク

音質はかなりクリアに聴こえる

実際に今Nexus5Xに繋いでGoogle Playミュージックを飛ばして記事を書いているんですが、かなりクリアに聴こえます。またベースが結構効いている曲を流してみても、良い感じに重低音も聴こえてきます。

5000円ぐらいする有線ヘッドフォンと遜色ない

5000円支払ったヘッドフォンと聴き比べても、そこまで大きく劣る気はしないですね。

実際に今交互に付け替えてみて聴き比べてみましたが、個人的には全然こちらも負けてないと思いました。

5000円も支払った有線ヘッドフォンと音質が変わらないって…技術の進歩はほんとに凄いですね…ちょっと悲しくなってきました…。

そりゃiPhoneにイヤホンジャックがなくなるって噂も出ますよね…。

ノイズキャンセリングも良好

これ、外を歩く時とか走る時は逆にちょっと危険な気もするんですが、ノイズキャンセリングもかなり強力になっています。

実際にNexus5Xで音楽を流して、音量を最小にした状態で妻に声をかけてもらったんですが、あんまり聴こえませんでした…。

音量を2〜3段階上げたら本気で聴こえません。うちで飼ってる猫のハムちゃんが、僕に何かを訴えて「にゃーん」と鳴いてても全然気付きません…(笑)

これは電車に載ってる時とか、近くにいる人がうるさい時とかは音声遮断って意味で相当使えそうですね…。

音が途切れてきたら再起動してみよう

僕も最初使ってた時にガンガン音が途切れたんです。

そこで「なんだこれ不良品か!?」って本当にビックリしたんですが、試しに本体を再起動しても全く変化なしですよ…。

「これはお金を無駄にしたかも…」と凄くげんなりした時に気付いたんですよ。

スマホを再起動してないと…。

スマホを再起動したら安定した

試しにスマホを再起動しようとしたら、見事に固まっておりまして「やっぱお前のせいか!」と確信しまして…(笑)

そこで再起動したら見事に快適に戻りました。まさかのBluetooth4.1もダメなのかと思ってビックリしましたが、単純にスマホ側の問題ってだけでした…恐るべしAndroid、恐るべしNexus5X…(゚A゚;)ゴクリ

実際に使ってみた感想

とりあえず使ってみた感想について書いていきます。

これらについてはまた触っていくうちに新しく思った事があれば追記していきます。

密閉型イヤホンが嫌いな人には微妙

イヤホンを耳に差し込む形になって、完全に塞いでしまいます。だから耳が圧迫される感覚があって、ちょっと不思議な感覚になります。

ノイズキャンセリングが入っている時点で、そりゃ密閉しないとノイズを遮断出来ないので、こうなるのは当然なんですが、こういう完全に塞ぎこむ形のイヤホンが嫌いな人には微妙かもしれません。

実際に妻に使わせたら「これ完全に密封されるから嫌だわ、耳が痛くなりそう」と即答されましたから…。

耳を密閉されると痛くなるタイプの人には微妙だと思います。

ちなみに僕も最初「中耳炎の時の感覚に似てて嫌だなぁ」って思ったんですが、すぐ慣れました…(笑)

むしろこの密閉されてノイズが遮断される感じが最高です。でもこれつけてるとキーボードをタイプする音も聞こえないので、気がついたら凄い音を立てて文字を打ってそうでそこは怖いですね…。

耳栓としても使える

僕は周囲の声で集中が切れるタイプですが、音楽では集中が切れないタイプです。

こういう僕みたいなタイプには何をするにもこれは最高だと思います。耳を密封するので周囲の声はほとんど聞こえなくなります。

そしてちょっと小音で曲でも流しておけば全く聞こえません。これで一人の世界に没頭して様々な作業をする事が出来ると思います。

ある意味では勉強をする時にも使えるんじゃないでしょうか?本当に便利な時代になりました…。

ただこれ、耳栓同様に自分の声は妙に響きます(笑)

電池持ちはあくまで5時間程度

ただしBluetoothの最大のデメリットである電池持ちですが、これは5時間程度となっています。

ただこれは公称で5時間程度なので、実際には3時間程度の可能性もあります。

ただ1日の通勤時間って長くても1時間〜1時間半ぐらいじゃないですか、往復でも3時間ぐらいだと思うんですよね。そういう意味では十分使えますね。

待機時間だともっと長くなるみたいですが、Bluetoothで繋ぐタイプのイヤホンを電源入れたまま放置する人ってあんまりいないと思うんですよね…僕は絶対しません…(笑)

使う時だけ長押しで入れれば良いだけなので、待機時間に関してはそこまで気にする事もないかなと。

コードはアウターの中に入れないと邪魔

結局これ、Bluetooth商品とは言ってもイヤホン同士を繋ぐコードは存在するわけですよね。

髪型にもよるとは思いますが、これはどちらかと言うと後ろに回す方がベターですよね。前にあると作業の邪魔になるので。

そして後ろに回した際に、コードをアウターの外に置いておくと、なんと首を回した際にちょっとイヤホンがズレます…(笑)

これを解決するにはアウターの中に入れておくしかありません。家の中でジャージを着た状態で作業してて、そこで首をちょっと横に回しただけでイヤホンがちょっと引っ張られる感じがして不快でした。

これが外で本格的なダウンジャケットなどのモコモコしたものだったらもっと大変だと思うんですよね…。

だからコードは必ずアウター(コートとかジャンバーとか)の中に入れておく事をオススメします。外に出してると何かしら引っかかりますよと。

それに、ないとは思いますがコードを出しっぱなしにしてたら後ろから引っ張られたらすっごく痛いと思いますしね…引っ張る人はいないと思うけど…(笑)

スマホを隣の部屋に置いてても聴ける

試しに隣の部屋にスマホを置いたまま、隣の部屋に移動して聴いてみたんですが、ここまで離れるとさすがに一瞬音が途切れる事はあります(笑)

でもそれでも普通に聴く事は出来てます…恐ろしすぎるで…。一応10メートル離れてても大丈夫って話でしたが…ここまで届くもんなんですね…。

ってわけでスマホを鞄に入れたままとか、ポケットに入れたまま聴くなんて余裕だと思いますよっと。

ちなみに別のフロアに移動(1Fに置いたまま2Fに移動とか)してみたらさすがに途切れまくりました。やっぱり障害物が多いとダメですね…(笑)

音量を上げ過ぎると音漏れはある

Nexus5Xで使ってみての感想ですが、音量が1~3ぐらいまでは一切音漏れはしません。ですが4~6あたり(バーで言う中間辺り)にくると音漏れがちょっとづつしてきます。

そう考えると、全く音を出してはいけない静かな空間では、音量は1~3ぐらいで留める方が良いという事になります。それ以上にしていくと徐々に音漏れがし始めると考えて良いでしょう。

ってわけで静かな空間で使う時はその点を注意しておいてくださいね。

音飛びは定期的にはある

イヤホンを購入してから毎日使っていますが、定期的に音飛びはあります。

常に飛ぶって程ではありませんが、何日かに1度ぐらいの確率で音が飛んだり、例えば電源を入れて使い出した直後は音が飛んだりする事が結構あります。

でも常に飛ぶって程ではありませんし「たまにあるかなー」ぐらいなので、個人的には気になりません。でも「一瞬でも音飛びしたら嫌だ!」って人の場合は、イラッとするかも知れません。

そういう人の場合は注意です。僕はそこまでは音飛びを気にしないので(そもそも移動中は歩く事に集中しているし)あんまり気にはなりません。

スマホを自由に使えるのは快適

これまではスマートフォンに有線のコードを挿して使っていたわけですが、そうなるとやっぱりコードがずっと繋がってて邪魔だったんですよね。

それがなくなるって凄く快適です。たまに音飛びがありますが、それが気にならないぐらい快適。スマホをポケットやカバンに入れたままにしてずっと歩いていけるってのは個人的には良いなぁと思いました。

外の音が聞こえなくなるのは注意

ただ外で使う分には、音量を最小にしても車の音などが聞こえづらくなるので、事故には注意しましょう!

僕は全然人が通らない所だったり、電車の中では両耳つけてますが、外を歩いている時は片耳は外すようにしています。

そうでないと後ろを歩いている人の足音とかも全く聞こえなくなったりするので、ちょっと危険です…あまりにも周囲の音が聞こえないのは良くないですよね…。

だからそういう注意は必要だと思います…。

コード伝いに音がするのは気になる

どうしても左右のイヤホンにコードがひっついているので、そのコードがスレる音が響くのは個人的には気になります。

ワイヤレスじゃなくてコードがあるイヤホンでも服にこすれると音がイヤホンに響くんですよね。

結局このワイヤレスイヤホンでも二つのイヤホンを繋ぐコードが繋がっており、それが歩いている時や首を動かした時にスレて、その音が響くって事です…。

またコードが襟元に引っかかってたまにイヤホンが抜け落ちる事もあるので、完全ワイヤレスとの大きな違いはここになりそうです。

数ヶ月でBluetoothが繋がらなくなった

毎日出勤時に使い続けていたんですが、数ヶ月でBluetoothが繋がらなくなりました。

電源を入れても繋がらなかったり、使っていたら突然ぶつっと切れてしまう事が非常に増えてしまい、使い物にならなくなりました。

ただ値段が現状だともはや2千円ちょいなので、再購入して使うのも手なのかなぁ…とは思っています。

「安かろう悪かろう」と言えばそれまでの話ですし…なんとも言えない部分ではありますけどね。

でもこれ、しばらく放置してたらまた繋がるようになったので…これもまたなんとも言えない所です…なんでや…。

通話(電話)で使ってみた感想

このイヤホンを使って通話をする事も可能になっています。

そこで試しに電話もしてみたんですが、自宅で使う分には良いんですが、外で使う分にはちょっと厳しいかなぁ…ってのが正直な所です。

電話ならボタンでON・OFFが可能に

コールが来たら右耳につけている方にあるボタンを押す事で電話に出る事が出来ます。

そしてマイクに関しては特に気にせずそのまま喋れば話す事が可能になっています。

そして電話を切る際にはもう一度ボタンを押せば良いだけで、この操作に関しては非常に楽でした。

ただ電話が来た時点でイヤホンを使って音楽を聞いているとちょっと面倒になります。ちゃんとスマホを取り出して音楽を停止しないと面倒な事になります。

LINE通話はボタンを押してはいけない

少なくともNexus5Xで使っている場合ですが、ボタンを押すと何故か通話が途切れてしまい、更に酷い場合は相手側に僕が聴いていた音楽が流れると言う不具合が起きました…(笑)

今時は通話するなら恐らくLINE通話が大半になると思うんですけど、その際にあまり使い物にならないって事になりますね…。

ただ普通に話す分は使えるので「LINE通話の際にはボタンに触れない」と覚えておくと良いでしょう。

外だと雑音が沢山入る

外で使ってみると、人間の声よりも車の走っている音の方が大きく聞こえるので、雑音が沢山入る事になります。

それ以外にも歩いている音すら振動が伝わって来るので全然使い物になりません。少なくとも移動中に使える代物ではないという事になります。

室内でも作業しながらの会話はバレます

室内で移動をする事なく会話する分には全然使えるのですが、何か作業をしていたらその音がダイレクトに聞こえてしまいます。

例えばーキーボードを操作しながら電話していてもその音が声と同じぐらいの音量で伝わってくるので、そういう意味では全く使えません…。

ですから営業の電話とかでは一切使えません。相手に他の事をしているのがバレバレです。

例えばイヤホンをつけたり外したりするのも丸聞こえになります…(笑)

だから作業をしながらの通話が出来ないので、結局微妙っちゃ微妙ですね。

スマホでの通話が嫌いな人にはそれでも使える

ただスマホを手に持って通話するのが嫌いな人にはそれでも使えると思います。

僕自身がスマホでの通話が大嫌いです。

通話している最中になんか誤作動が起きてしまって、気がついたら機内モードが作動してネット通信が切れる…なんて事も僕は本当にあるので…(笑)

そういう誤作動防止、スマホに顔の脂がつくのを防止するって意味では凄く良いので、スマホでの通話が嫌いな人には使える…とだけ言っておきます(笑)

操作方法は実に簡単

操作方法ですが実に簡単です、本体についている「QCY」と書かれている部分を長押しして電源ON、更に長押しをし続けているとBluetoothのペアリングモードになります。

その状態でパソコンやスマートフォンなどでBluetooth設定画面を開くと「QY8」と言う表示が出るので、それを選択すればBluetooth接続は完了です。

再生・停止のやり方

再生と停止も大きな「QYC」と書かれているボタンを押すだけで可能です。軽く押せば再生/停止が可能です。

長押しをすれば電源をOFF/ONになります。

早送りと巻き戻しは長押し

大きなボタンは本体の側面についていますが、今度は耳の上部分にくる側面に小さなボタンがついています。

ここを長押しすると早送り、巻き戻しが可能になっています。と言っても秒数での巻き戻しとかではなく、あくまで「次の曲へ」「前の曲へ」が出来る程度です。

だから細かい微調整は出来ないって事になりますね。そもそもイヤホンで操作する際にそんな操作はしないとは思いますが…たぶん…。

そこまで細かい操作をしたい時はスマートフォンやPC本体を操作しろっって話になりますよね…(笑)

音量調整は同じボタンを軽く押す

音量の上げ下げもイヤホン本体から可能です。ボタンの上の方を軽く押せば音量を上げる事になり、下の方を押せば下げる事になります。

これらは大体感覚でわかると思うので、適当に触ればすぐに気付くと思いますよっと。

操作中にちょっと耳が気になるのが難点

個人的に問題だなーと思ったのは、操作をしている時に耳がちょっと気になるんですよね…。

元々耳にぴったりと押し付けるタイプのイヤホンなので、そこであまりグリグリ動かしていると耳が「ビキビキ」って言ってくるんですよ…。

だから個人的にはあまりこちらで操作をするのはオススメじゃないですね…操作をしたい時はスマホを出した方がベターなんじゃないでしょうか…。

でも唐突に止めたい時はスマホを取り出すよりもこちらを押した方が早いとも思うので、そういう時には必要になるとも言えるのかも知れませんね。

値段はたったの3500円程度

気になるお値段ですが、たったの3500円程度でした…!!

おいおいこんなに良いものが3000円で良いのかよ…って本気で思います…なんなんだ今の時代は…ってよく見たらセール中でしたこれ…笑

ってわけで現状のAmazonで購入した際に3500円だっただけなので、他のお店でいくらなのかはわかりません。50%オフって書いてあるしねこれ…。

でもこれはほんとにお得だと思います…こんなに安く使えるものなんだなぁ…と…。

ちなみにセール品である事に気付いたのは本当にここまで書いてからでした…たまたまセール中に買ってしまったんですね僕は…(笑)

セールって…素敵ですね…ほんとに…。

Amazonで購入後にフォローメールが届く

びっくりしたのが、正規代理店というQYJ-JPから購入後にフォローメールが届いていました。

そこには操作のやり方はもちろん、よくある問題についてなども書かれていました。ちょっと見てみると「お、これは知らなかったな」と思う点もあったりしたので、かなり便利です…。

って事で、もし買う人はAmazonで登録しているメールアドレスをチェックしてみると良いですよ。そのメール内容をチェックすればだいたい使い方もわかるんじゃないかな…もちろん説明書もついてきますけどね!(笑)