Fitbit Blazeを使ってみた感想…運動強度もわかって必要最低限の機能があるベターなスマートウォッチ

      2016/09/28  4,545 views 

Fitbit Blaze

以前から使っていたFitbit製品ですが、今回はスマートウォッチ「Blaze」をとうとう購入しました。

元々僕はウェアラブルデバイスに興味津々でして、ずっと「いずれはスマートウォッチが欲しい」とは思っていたのですが、BlazeではLINE通知も受け取れると知ったのでとうとう購入してしまいました。

もう一つの理由に以前から使っていたCharge HRのバンドがちょっと切れ始めていたので、まぁ良いかな~と…要するに買い替え時期に来た感じです。

またCharge HRと比べても値段が大差ない割に、表示が多くなった事と、何より見やすくなったと言う点で僕は非常に重宝しそうです。

ちなみに買ったのはこれです。

スポンサードリンク

Blazeの特徴は?

まず大きな特徴としてディスプレイがついた事です。Charge HRにはディスプレイはなく、文字がちょっと見える程度でしたが、Blazeは時計としてもバッチリ使えるのが個人的には良いなと感じています。

Fitbit BlazeとCharge HR

2つを同時につけてみました。こういう違いがあります。

でも個人的にはこの画像で注目して欲しいのは、Charge HRよりBlazeの方が腕にフィットして馴染んでいる点です。当然今もつけたままこの記事を書いていますが、腕に密着する面積は大きくなっているのに、不思議と邪魔な感じはしません。

Fitbit BlazeとCharge HR

バンドの幅が少し広がったせいか、逆に安定感が増して非常に付け心地が良くなっています。またより一層時計っぽく見えるので、そこまで見栄えも悪く無いとも僕は思います。

もちろんビジネスシーンでつければ微妙なのかも知れませんが、僕は別に営業マンとかではないので問題ないレベルでしょう。ただ変なガジェットオタクには見られるかも知れませんが…まぁそこは実際に好きなのだから構いません(笑)

充電は本体を外して行う

充電器はこのようなものにかわりました。

Fitbit Blazeの充電器

USBポートに繋いで使うタイプです。ただ完全に充電器は独自規格となるので、この点はちょっと面倒ですね。

Fitbit Blazeを外してみた

本体をこうやって実は外す事が出来ます。この状態でこの背面にある端子が刺さる形で充電器に挿し込めばOKです。それで簡単に充電が出来ます。

充電する度に外さないといけないのは面倒ですが、一応公称では最長5日間は使えるとの事なので、短くても3日に1度充電するレベルだとは思います。そう考えればまだ大丈夫なのかなーと…。

個人的にはこういう毎日使うタイプのデバイスは保って1~2年だと思っているので、そしたらまた買い換えれば良いかなー?って感じです。

Fitbit Blazeを外してみた

バンド部分はこのように残る事になります。そしてこのバンド部分は別売りで買い換える事ができるので、ビジネスシーンならそれ用のバンドに切り替えれば、いつでも使う事は可能です。

Blazeで新しく出来る事

Charge HRでは出来なかった点を個人的に挙げていきたいと思います。

Blazeでやれて嬉しいと思ったのはまずこれです。音楽操作です。

Google Playミュージックも操作可能

実際にNexus5XでGoogle Playミュージックを操作してみました。僕は元々iTunesに入っていた曲を全部Google Playミュージックに移植して使っています。

だから外にいる時はAndroidスマートフォンで持ち歩いて使っているんですね。試しに設定をして操作してみました。

Fitbit Blazeを外してみた

このように表示されます。実際にこれで操作は可能でした。ですが本体の同期とはまた別に設定でBluetooth連携をしないといけないのでちょっと面倒なのも事実です。

ただこの設定方法は公式アプリで親切に紹介してくれているので特に迷う必要はありません。Blaze本体を起動したら右にスワイプしまくって「設定」をタップし「Bluetooth Classic」を連動に変更すれば良いだけの話です。

後はスマートフォン本体にBluetooth連携をしておけば、音楽を鳴らしている間はBluetooth連携されるので、このBlazeから操作が可能になるって事です。

自宅内でスマホから曲を流している時、スマホを放置したまま音量調整も選曲も可能になるのは非常にありがたいですね。

ちなみに音量調整はBlaraze右側にあるボタンで可能です。

LINEなどのアプリとの連携も可能

以前までは別のアプリをインストールしないと出来ませんでしたが、Blazeがアップデートされてデフォルトで全アプリの連携が可能になりました。

これでLINEはもちろん、他のアプリもスマホに通知が出るものは総てBlazeでも通知を受け取る事が可能になります。個人的にはこの時点でスマートウォッチで欲しい機能は完全についたと言っても良いでしょう。

少なくとも僕が欲しい機能は全部つきました!(笑)

ってわけで一応やり方を紹介しておきます。

スポンサードリンク

BlazeでLINEなどのアプリ通知を受け取る設定方法

Fitbitのアプリを開いたら「Blaze」の所をタップ、そこで「着信およびメッセージ通知」をタップしましょう。

するとこの画面が表示されます。

Fitbit Blaze

ここで「アプリ通知」を選択すれば良いだけ。後は自分が好きなアプリを選択すれば、そのアプリの通知がBlazeにも来るようになるわけです。

これだけやってればバッチリLINEの通知もBlazeで受け取る事が出来ますし、Gメール通知も、チャットワークの通知も受ける事が出来ます。いやーこれはありがたい。

特に僕は家の中にいたりするとスマホを放置してPCに向かってたりするので、妻からのLINEや電話に気付かない事も度々あったので、そういう時に重宝しそうです。

LINEの着信は一回のバイブで終わってしまう

ただ残念な点ですが、普通の着信はずっとバイブが鳴り続けてくれますが、LINEの着信の場合は一度バイブして止まってしまいます。

ですが通知内容は「◯◯さんからの着信」と表示されるので、それで「ヤバイLINEの通話だ」と気付く感じですね。

Fit Notifications

ちなみにLINEの通知はこのように届きます。メッセージもある程度は表示してくれるので、これだけ見れるだけでも十分ですよ。ちなみに複数件通知は溜まっていくので、下にスワイプして行くとどんどん並んで表示されます。

一番下に行くと通知を削除する事ができるようになっていました。

ちなみにTwitterのメンションやDMもメッセージまで表示されるのでチェックは非常に楽ですよ!

ちなみにホーム画面で上から下に引っ張りだして音楽の操作画面、下から上に引っ張れば通知を確認出来ます。

スマホと離れすぎると遅れて通知が連続して届く

夕食時に仕事部屋にスマホを放置したまま別のフロアで夕食を作って食べていて、終わってから仕事部屋に戻ったらめっちゃ連続で通知が届きました(笑)

スマホからあまりにも離れていると、近づいた際に自動的に接続して連続で通知が届くので、スマホから離れ過ぎたら絶対無理って事ですね。そりゃまぁBluetooth連携でしょうから当然ですね!(笑)

バッグの中にスマホを入れっぱなしにしていても、連絡があったら即座にわかるってのがメリットなので、ここは仕方ないと思います。

Blazeを使うべき人は?

僕が考えるBlazeを使うべき人は、やはり健康志向がある人です。

Fitbitが元々運動強度を図るトラッカーを発売しているメーカーなので、当然ながらBlazeにもその機能はあります。

Blazeでは以下の事が可能になっています。

  • 歩数を調べる
  • 心拍数から消費カロリーを計測
  • 動き方からどれぐらいの強度で運動をしたのか自動的に計測してアプリで表示
  • 移動距離・登った階段の数を計測
  • ストップウォッチ機能つき
  • スマホに届いた通知をバイブで知らせBlazeで内容も簡易的に確認可能
  • バイブでアラームをつけられる
  • スマホへの通知をアプリを入れれば全部送る事が出来る

個人的にはLINEやTwitterなどのアプリからの通知も、今回紹介した「Fit Notifications」があれば可能な点が気に入っています。

スマートウォッチに求める事なんて「可能な限りの運動量と消費カロリー」「スマホからの通知」ぐらいなので、僕はこれだけで現状は満足しています。

運動強度を見るトラッカー機能については以前と大差なし

あくまでメインの目的は運動強度を見るために、心拍数を測った上での運動にはなるんですが、それはもう以前からの機能とそこまで大きな差があるわけではないです。

ただ運動をする際に、Blazeを起動させて右に2回ほど移動すれば「エクササイズ」という項目が表示されるので、これから行うスポーツをそこから選択すれば、自分でどのスポーツをするのか記入出来るのは楽だなーとは思います。

またここに表示されるエクササイズ名はアプリから編集が可能になっています。そこでいつも行うエクササイズを選択していると非常に楽になりますね。

ただ別に無理に書かなくても運動していると判断されたら勝手にBlazeが運動強度を見てくれたりするので、そこはありがたいです。

ランニングやウォーキングなども普通に入っているので、多くの人が行うエクササイズはだいたい入っていると思います。スポーツに関しては入ってないのが気になる所ですね…サッカーとかフットサルとかさ…。

防水機能についても進化は無し

敢えて言うなら先日発表された新しいApple Watchのように「水泳中もつけられる」って機能が無いのは気になるかなーってぐらいですね。

Blazeはあくまで生活防水なので、水泳中や入浴中はつける事は出来ません。

また濡れたまま放置すると肌が荒れる可能性があるので、濡れたら一度外して肌と本体を一度拭く事が推奨されています。実際にこれは僕もつけてて思います。

肌が荒れやすい人は特に気をつけて欲しいです。僕もこの点は凄く気を使っています。

一度充電すれば数日は保つ

気になる充電頻度ですが、少なくとも購入直後は数日保ちます。

僕はフル充電した後に使ってますけど、まだ全然減ってないです。丸一日使ってても全然減らない。また使用中にBlazeを見ればすぐに電池残量がわかる点も個人的には気に入っています。

充電に関しては毎日する必要はありません。最大5日間は使えると公式サイトにも書いてありますが、それだけ使えればスマートウォッチとしては十分でしょう。

手を上げてBlazeを見れば起動する

これ地味に嬉しいのが、普段スリープモードになっていても、手を上げてBlazeを見る動作をすれば自動的に起動する設定にデフォルトでなっています。

アプリ側から起動しないようにも出来ますが、左側についているボタンをわざわざ押すのが面倒です…。自動的に起動するこの機能を個人的には重宝しているのでオススメしたいですね。

そんな大げさに持ち上げなくても普通に時計を見る動作をすれば勝手に起動してくれますよ~。

アクセサリも充実

例えば液晶フィルムなども複数販売されています。本体に傷がつくのが嫌な人は購入すると良いでしょう。

僕は今回は「どうせ自分の使い方だと1年ぐらいで壊れるだろう」と買わなかったんですけど、冷静に考えたらこれバンドも入れ替える事が出来るので、結構長く使える気がするんですよね…失敗したかも知れません…。

こういうビジネス用とか女性用とか色々あるんで、本体をもっと大事に使う事を考えた方が良かったかなーってちょっと公開してます…手首って案外色々な所にぶつける箇所だと思うので…うーんやらかしたかな…。

スマホと一緒で何度も触れるから手垢とかはバリバリつくのでフィルムは貼る事をオススメしたいです…。

個人的にはこの色々なバンドに張り替える事が出来るってのはやっぱり良いなーって思いますね。

スマホの通知に気づかない人には最高に良い

例えば僕は面倒くさがりで、仕事に集中しているとスマホはどこかに置いたまま何時間も見ない事も多々あります。

外にいる時もスマホはカバンに入れたままで通知が来ても気づかない…なんて事も多々あります。

その結果、妻からのLINEに気付かない事も多々ありますし、仕事関係の連絡に気づかない事もよくあります…(笑)

その通知にサクッと気づけるようになったのは本当に大きいです。Charge HRでは出来なかった事の大きな一つがこの「通知機能」です。

僕はスマートウォッチに求めている事はこれだけです。

  • 即座に時間を確認出来る事
  • 心拍数で強度を確認した上で運動記録をつけてもらう事
  • スマホからの通知が一目でわかる事

この3つだけです。これが出来る時点で僕はこのBlazeにはある程度満足しています。

この用途ぐらいには結構答えてくれますよ!ただ水泳中の消費カロリーも見たい人の場合は困っちゃうかな…。

どうでも良いけど、個人的には最近買ったものがだいたい「アタリ」なので最近ちょっと見る目がついてきたかなーって思ってます…(笑)