Beoplay E8を使った感想まとめ…音質も良く使いやすいトゥルーワイヤレスイヤホン

投稿日:2017年11月22日 更新日:

Beoplay E8

B&O PLAY様から完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」を提供して頂いたので実際に数日使ってみたレビューを紹介します。

今回はありがたい事に発売日前に提供頂いてちゃんと良い点と悪い点をハッキリ書いて欲しいという依頼でした。ぶっちゃけ言われなくても悪い点もハッキリ書くタイプなのでこちらとしてもありがたい限りです(笑)

ってわけで数日間使い倒した感想とデメリットなどを紹介していきたいと思います。

個人的には改めて完全ワイヤレスイヤホンの良さを実感した形になります!

スポンサードリンク

Beoplay E8とは?

B&O PLAYから2017年11月22日に発売された完全ワイヤレスイヤホン、現状Amazonで32,900円で発売されています。

値段はちょっと高いんですが、それだけ安定した性能を持ってました。またApollo7よりはちょっと安いので、それはそれでありだなと。

同封されている物

  • ケース
  • イヤホン本体
  • 充電ケーブル(Micro USB)
  • イヤーチップ

電源コネクタはありませんでしたが、別にそれぐらいは誰でも複数持っていると思うので、別に不要かなと…PCに繋ぐなり、他の充電器に繋げるなり、なんとでもなるはずです。Micro USBなので絶対誰でも持ってますしね…。

イヤーチップは恒例で複数入っています。僕は今回はデフォルトのサイズでピッタリだったので変更してません。自分に合うサイズのイヤーチップに変えれば快適に音楽を聴く事が出来ますよ。

サイズについて

Beoplay E8のケースのサイズは以前紹介したApollo7とほぼ同じです。

サイズ比較
サイズはW73 x H47 x D33 mmと公式サイトで書いてありますが、どちらの商品も同じぐらいです。

サイズ比較
手に乗せるとこれぐらいですね。適度に小さくて適度のサイズがあるので、無くすことはないかなと、ケースはね!(笑)

サイズ比較
ストッパーもなくこのように開く形になっているのでちょっと不安ですが、実はこれ本体と充電器は磁石みたいにひっつくようになっています。だからカバンに入れてても大丈夫だと思います。

僕はカバンに入れてても開いたり飛び出したりする事はありませんでした。

サイズ比較
イヤホン本体のサイズはこれぐらい。コレに関してはApollo7より少し大きくなります。もちろん全然重くないけどね。

サイズ比較
個人的にはコチラの方が付け心地は良いです。2つを並べるとこうなる。

特徴まとめ

では気になるスペックがどうなっているかと言うと、公式サイトを参照にするとこうなります。

特徴内容
連続使用時間音楽再生最大4時間
イヤホン単体での操作可能
防水機能一切明記されてないので全く無いかも
充電本体・ケース共に充電時間2時間でフルチャージ、ケースをフルチャージしておけば単体でも2回本体のフルチャージが可能
Bluetooth4.2
本体重量左6g、右7g、ケース45g
対応コーデックAAC

充電はケースに入れて行う

これはもうトゥルーワイヤレスイヤホンでは恒例ですね。本体をケースに入れる事で充電が可能になります。

そしてケースもUSBケーブルを挿して充電しておけば、ケーブルを挿していない状態でも本体を2回フルチャージにする事ができます。

通勤や登校時に使うとしても片道1時間程度ならケースに入れている間に充電出来るので2~3日は使える計算になります。片道2時間だと毎日ケースの充電をしないと厳しいかも知れませんね。

本体とケースの関係は、ある意味ケースがモバイルバッテリーだと思えばわかりやすいかも知れません。

余談ですがケースが小さすぎて僕は何度か外で落とした事があります、泣けてきます。気をつけろ。

イヤホンの操作方法

イヤホンの操作方法ですが、なんとこのBeoplay E8さんはタッチパネル的な操作方法になってまして、物理ボタンじゃないです。

イヤホン本体を触れる通した事になるんです、充電ケースから見えている丸い部分ですね。

Beoplay E8
この丸い部分ですね。カチッと押す事が出来ないので注意なんだぜ…。

ボタン操作意味
左右両方をしばらく長押しペアリング
右側を長押し電源オン(右側だけで両方つきます)
1回タップLで周囲の音が聞こえるようになるモードのON/OFF、Rで一時停止・再生
2回タップLで前の曲、Rで次の曲
3回タップRでGoogle assistant・Siriの呼び出し

また着信中に1回タップで電話を取る、5秒長押しで拒否、2回タップで切断が出来るようになっています。

ただこの操作ですけど、ちょっとタッチパネルならではの問題点があります。

イヤホンに触れた時点でタップしてしまう

例えば耳からイヤホンがちょっと外れそうだったり、なんかズレてる感がある時とかにちょっと押し込んだりするじゃないですか、やっぱり触れてしまうんですよ(笑)

曲が止まったり、周囲の声が聴こえるモードになったりする、これがちょっとうっとうしい(笑)

指二本で上下の端っこの部分を持って押し込めば済むんですけど…基本指一本で押し込む癖がついているので、これはちょっとうっとうしいですね。

この点が操作性の悪さとしてちょっと出てきます。個人的には最大のデメリットです。

電源ONF/OFFについて

Beoplay E8は右側がメインとなっています。

右側のボタンを長押しすると電源が入ります、左側はそれに連動する形になってます。

電源を切る時はケースに入れればそれで勝手に電源が切れます。音楽も勝手に止まります。

んで左側に関しては、実は右側のイヤホンに近づける事で勝手に起動します。

左側だけケースに入れておけばそれで起動しませんし、途中からでも出して自分の耳につければ起動します。耳から外した時点ですぐ電源は切れるんです。これにはちょっと驚きました。

ただ弱点としては左側だけをつけて音楽を聴く事は出来ない点ですよね。

僕はよく片耳だけつける事があるんですけど、その際には右側だけにしているのでそこまで困りませんが、左をメインで使いたい人は困るかも知れませんね…。

Bluetoothの音途切れはほぼ無い

Bluetoothのワイヤレスイヤホンって時点で「音が途切れる事があるのでは?」という不安がありますね。

僕が使っている感じた「たまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーに途切れる」ってぐらいで、ほぼ途切れる事はないです。

それもだいたいつけた直後にたまーになんか一瞬途切れるぐらいで、ほぼ途切れる事はないです。

特に移動していない時は全く問題がないですね。都心の方で人がたくさんいる場所に行ってもほぼ途切れる事はなかったです。

以前もあったんですが、Bluetoothイヤホンは特定の場所で電波が悪くなる事があるみたいで、もしかしたら場所によって途切れる事はあるかも知れません。

ですが僕が使っている限りは、ほとんどないですよ。

ただ万が一、自分の家の中が途切れやすい環境だったら笑えないですけどね…僕は家の中では本当に一切途切れる事はないです。

Beoplay E8の悪い点

個人的には感じたBeoplay E8の悪い点もまとめておきます。

最も気になったのは「スポーツ使いが出来ないかもしれない点」です。

防水関係の記載が一切無い

公式サイトにも実際に届いた商品や説明書にも防水関係の記載が一切ありませんでした。

実はこれ一番気になってます。

汗をかくランニング中に使っても良いのか?ちょっとぐらい雨に濡れても平気なのか?イヤホンではそういうの結構死活問題になりかねないので…。

この辺りはちょっと明言欲しかったですね…。

ペアリングがやり辛い

最初にペアリングするんですけど、これが何故か何度もミスします。

最初僕のスマホがおかしいのかなー?って思ったんですけど、妻のスマホでもダメでした…なんぞそれ…。

耳につけた状態で両方のボタンを長押して、離した際にポンッと音がしたらペアリングモードになっているので、後はスマホで操作すれば出来る…はず…。

これを何故か耳から離した状態でやったら何度やってもエラーが出ました…なんでや…理由は不明です…。

これ何度やってもダメだったので、本当に耳につけてペアリングしないとダメなのかも知れません。

ただし一度設定が終わってしまえば、ケースから出てRイヤホンをタップすればすぐ接続されるので後は再生すれば良いだけなので非常に使いやすいです。

ただ繰り返しますが最初のペアリングが…何故か全然上手くいかないんですよね…それが気になるだけかなと。

ちなみに電源はケースに入れた時点で勝手に切れるので、僕は音楽を切る時は常にそれでやってます。

充電直後はちょっと熱い

ケースに入れて充電をするわけなんですが、その充電している最中にイヤホンを取り出して使用するとちょっと熱を持ってます。

実際に僕は有線イヤホンと比較する際に何度も取り出してはケースに入れて~を繰り返していたので、そこそこ充電直後に使ってたんですけど、結構熱を持っててビックリします…(笑)

でもまぁ別にこれはそこまでは気にならないかなと、たまに熱を感じるぐらいですし、使用してたらすぐに冷えてくるのでわからなくなります。

アプリで音質の変化が可能

Beoplayには専用のアプリがあります。

グーグルプレイなりiTunes Storeなりで「Beoplay」で検索すれば出てきます。

後は設定するだけなんですけど、問題はこのアプリが日本語に対応してないことです。

一応説明書でやり方は書いてあるので、見ながらならわかると思います…見ながらチェックしてみてください…(笑)

Beoplay E8
設定が終わるとこういう画面になるので、下の方をタップすれば移動します。

Beoplay E8

  • WARM
  • RELAXED
  • BRIGHT
  • EXCITED

この4項目のどこでも良いのでタップすると、音質が変化します。僕と妻はEXCITED寄りが好みでしたが、これはまぁ気分と曲と好みで変えれば良いかなと、それが出来るのは個人的には良いなと感じました。

音質を変更して自分好みに出来るのは良いなと、ただこのアプリ自体は…あまり使うことはない気がせんでもない…(笑)

音漏れが全くせずノイズキャンセリングも強い

今回たまたま耳のサイズにピッタリ合ったのかも知れませんが、音漏れが本当に全くしません。

元々僕は大きめの音で曲を流すのが好きなタイプですが、外にいる時は一応音漏れを気にしてほとんど音量を出さないようにしています。

ですが試しに静かな自宅内で妻に聴いてもらったんですが、このBeoplay E8だと僕が「耳が痛くてやばい」って言うレベルの音量にしても「微かに聞こえるかも」ってレベルだったようです。

これなら電車内でもよほどの満員電車で密着してない限りは大丈夫だろうとの事で、それなら全然良いかなーと。

んで外からの音もほとんど聞こえないんですが、それは左耳のイヤホンをタップする事でマイクで音を拾うモードに切り替える事が出来るので、これがまた便利です。

左のイヤホンをタップすれば音も拾える

これもアプリでモードを変化出来ますが、僕は完全に音楽を止めてマイクで音を拾うモードにする事をオススメします。

外で声をかけられたり、気になるアナウンスが流れたらすぐ左耳をタップすれば聞けるようになります。

トゥルーワイヤレスイヤホンで一番怖いのはイヤホンの紛失です。

ふとした時にすぐイヤホンを外すのは面倒ですし、じゃあケースに入れれば良いかと言えばまた電源が落ちるので面倒。そこで左耳をタップするだけで外の音が聞こえるようになるのはかなり便利なのではないでしょうか?

個人的にはこれもBeoplay E8で気に入っている点の一つです。

音質は有線イヤホンより良い

あくまで「安物なら」に限りますが、千円とか二千円ぐらいの安物イヤホンを僕はデスクトップPCに繋いで普段音楽を流しているんですけども、この安物イヤホンに比べると、まさかのトゥルーワイヤレスイヤホンであるBeoplay E8の方が音質が良いんです。

重低音も効かせてくれるし、ノイズキャンセリングも強いので作業中にも没頭しやすいので非常に良いです。

移動中につけるのはもちろんですが、家の中でも静かにしておかないといけない人はこういうイヤホンの方が楽です。コードが無いって時点で動きは自由ですからね。

同じフロアなら隣の部屋でも聴ける

僕はスマホから繋いで聴くのがメインの用途なんですけど、隣の部屋に移動しても普通に繋がってました。たださすがに別のフロアに移動すると途切れてしまったので、フロアをまたぐのは無理がありますね…(笑)

距離的に5メートルぐらいは離れても大丈夫ですし、僕の部屋にスマホを置いて扉を閉めて別の部屋に入って扉を閉めても一切途切れませんでした。

そういう意味でもかなり便利です。スマホから多少離れても使えるって事になります。うーん最近の無線イヤホン凄いわ…。

総合的に見るとかなり良いイヤホン

個人的にはかなり気に入っています。最初はペアリングが全く出来ずに「ゴミじゃん!」って本気で思ってどうしようか迷ったんですが…(笑)

ペアリングさえ無事に終えてしまえば後はかなり使い勝手が良い優秀なトゥルーワイヤレスイヤホンでした。音漏れがほぼ無いのも個人的には最高ですね。

Apollo7との大きな違いは本体のサイズがApollo7の方が小さい点、Beoplay E8はノイズキャンセリングが強く周囲の音もタップ一回で拾うモードに切り替えられる事が出来る利便性ですかね。

個人的にはフィット感は特にBeoplay E8の方が良いです。

また誰もが気になってしまう「落とすのではないか?」問題ですが、これだけフィットしているので全くそんな心配はありませんよ~。走っても全く問題ありませんし、逆立ちしても落ちません(わざわざ試しました)

まぁ冷静に考えるとApollo7が去年買った商品だと考えると、ガジェットで1年も経てば進化するのは当然かと…音質が非常に良いのも納得かなーとは思いました。

正直もう「Bluetoothは音質が悪いから微妙」って時代はとっくに終わったと思ってます。数万円出せば全然良い音質のトゥルーワイヤレスイヤホンがあるって事ですね!

関連記事

ストレージとは?クラウドや外付けでカバー可能なので速度重視で

ストレージとはPC本体にデータを保存するHDDやSSDの事を指します。 人間で言うと「記憶力」の部分です。メモリは一時的な記憶容量ですが、ストレージは完全に保存する場所の事です。 ストレージの容量は即 ...

CPUって一体何なの?パソコンの頭脳なので慎重に選ぼう

パソコンの性能を調べる時によく出て来る名称の一つである「CPU」ですが、皆さんはCPUについて御存知でしょうか? 今回はこの「CPU」について紹介したいと思います。CPUの意味と、性能が良いとどういう ...

USBとは?様々な規格が存在し転送速度も大きく異なる

PCを購入する時によく見かける「USB」の欄ですが、正確に把握している人はどれだけいるでしょうか? 今回は常に新規格が登場する面倒くさい部分である「USB」について紹介したいと思います。 でも実はUS ...

メモリとは?同時に複数の作業をする時に必要になるもの

パソコンにおける「メモリ」は別名で「RAM」とも表示されます。これは「Random Access Memory」の略です。 PCスペックにはこのメモリも重要視されて書かれています。 ではこのメモリとは ...

無線LAN規格とは?最新規格が使えるかどうか買う前に必ずチェック

モバイル機器などの「無線LAN」「Wi-Fi接続」を使ってインターネットをつ場合の「無線LAN規格」についてご存知でしょうか? 実は無線LANを使って使用する端末や、無線LANルーターを見る時にはこの ...

Copyright© ガジェ論 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.