BenQ デスクライトを使ってみた感想…自撮り用にも学習机にも使える

BenQ1のデスクライト
BenQのデスクライト

今回初めてBenQ様からデスクライトを提供してもらいました。

BenQ WiT MindDuo LED デスクライトです。

実際に使ってみてどういう感想を持ったのか、細かく紹介します。

個人的には勉強用、そして撮影用として使うには結構良いですね~。

スポンサードリンク

デスクライトの用途

そもそもデスクライトの用途ですが、何のために必要なのかと言われれば「手元の作業をする際に必要」ってことが言えます。

  • 手元で細かい作業をする際に
  • 勉強をする時に
  • 明かりが必要な時に
  • 自撮りをする時に

こういう理由があると個人的には思っています。僕的には自撮り…というよりも動画を配信する時や撮影をする時に必要になると感じております。

なので実は僕は今回この商品を提供してもらった理由が2つ、子供の勉強用と僕が動画を撮る時用です。

では実際に使ってみてどうだったのか?改めて紹介したいと思います。

実際に使ってみた感想

動画でも撮っているので、文章が面倒な人はこちらを見てみてください。

操作はしやすい

本体のヘッド部分を操作することで光の強さと、光の色と白っぽくか黄色っぽくするか変えることができます。

俗に言う寒色か暖色ってやつですね。個人的には青みがかっている方が好きなので、デフォで青白い方を僕は採用しています。

これをヘッド部分を押してからダイヤルを回すことで調整が可能、これでいつも調整しながら光の強さも調整することができるので個人的にはこれが良い!!

また操作感とはちょっと異なりますが、人感センサーがついているのを個人的には気に入りました。

電源のオン/オフがやりやすい

一つは人感センサーがついていること、ライトの近くに人がいなければ消えますし、戻ればまたつくことになります。

これは勉強をする時…まさにデスクライトとして使用する時に重宝します。

また電源のオン/オフは指で電源の部分に触れずとも近くを通す事で操作可能になっていました。

これも個人的には良いなと思いました。最近のガジェットぽいと言いますか、個人的には近未来的なガジェットが大好きなので、こういうのに弱いです…(笑)

スイッチよりもセンサーで反応してくれる物に魅力を感じてしまいます…。

BenQ1のデスクライトのSwitch部分
この右側の凹んでいる部分がセンサーになっています。手でなぞると電気のON/OFFが可能です。

ヘッド部分が自由に動かせるのが最高に良い

デスクライトとして使う際に、手元に明かりが欲しい時って、結構角度に注文があったりします。

どうしても上向きに欲しい時だってあります。BenQのデスクライトはそれが可能になっています。

BenQ1のデスクライトを折りたたんだ状態
これぐらいペッタンコに折りたたむ事も可能です。

更に頭だけを色々な角度に動かす事も可能になっているので、個人的には重宝しています。

動画でも語っていますが、自撮りをする時や生配信をする際にヘッドを自由に動かすことができるのが便利ですね。

手元を映すライトとしてベター

当たり前といえば当たり前ですが、一番の用途はやっぱり勉強用になると思います。

子供はもちろんですが、大人の場合でも机の上で勉強をする際に使えると思います。

手元に灯りが必要な時に重宝する

勉強時はもちろんですが、それ以外にも「手元に特に灯りが必要なシーン」は結構存在します。

例えばガジェットなどの機械類をいじっている時に「背面が暗くて見えない」なーんてときにもこういうライトが大活躍します。

スタンドで自立しているのは当然として、更に向きを自在に変化出来るので、下から上部を照らす…なーんてことも出来ちゃいます。

個人的にはこれが一番良いと思いました。

意外と機械いじりとかしているとそういうシーンあるんですよ…内部の上部(わかりづらいな)を照らしたい時って…そういう時に使えるんで、個人的には色々なシーンで重宝しております。

撮影時の簡易ライトとしても使える

デスクの上にライトを置いておくと、デスク上で商品等を撮影するときにも使えます。

これはブロガーとしての意見ですが、ブロガーは商品紹介を頻繁にするのでそういう時にも光って必須なんですよ。

暗い画面で撮影しても物は綺麗に撮れません。そんな時の調光として活用出来ます。

このタイミングで商品紹介をしていないので実例をまだ出せませんが、今後商品紹介をした際に実例を載せるかも知れません(笑)

このデスクライトをオススメ出来る人

子持ちの人や、僕のようにブロガー&You Tuberな人には凄くオススメ出来ますね。

うちは完全に普段は子供の勉強&手元を移す用(うちの子も完全にクリエイター基質なので手元で色々扱います…笑)かなーと思いまする。

やっぱり手元に明かりが欲しい人って限られると思うんで…勉強はこういうLEDライトがある方が絶対に捗りますが…。

いかんせんこれ、高いんですよ。

1万円でも高いと思うのに2.4万円ぐらいします。これだと気軽に買える物ではないかなーと。

でも当然高いだけあって質は高い。自由に角度調整が可能だし、何よりも重心もしっかりしているのでよほど変に使わない限り転倒もしないと思います。

質は高いけど、ある程度お金を持って無い限りはチョイスに入りづらいかなー?ってのが正直な所です。

でも子供に集中して勉強をさせたい人や、僕みたいに仕事で使う人にはかなーり良いと思います。

やっぱり安かろう悪かろうを選ぶより、高くても質が良い物の方が絶対に良いです。これ毎回言ってますがブロガーとして10年間色々なものを買ってきた上での結論です。

ってわけで、個人的にはクリエイター&子持ちにオススメしたいですね!!

いやまぁ、まさにそれ僕なんですけど…(笑)