ディスプレイのサイズを変える時に気をつける事まとめ…解像度を間違えると見づらくなるよ

      294 views 

アチャー

PCのモニターを買い直したんですが、とんでもない事が起きてしまったので、同じようなミスをしないように基礎的な話を改めて書いておきたいと思います。

今回僕がやらかしたのは「解像度とインチ数のバランス」の問題です。

実はサイズが大きくなればなるほど、解像度も大きくならないと意味がないって事を僕は買う度に忘れてしまいます…。

スポンサードリンク

以前までの環境と解像度

僕は以前まではiiyamaさんの23インチのワイドディスプレイを使っていました。

その横には初期に購入した19インチのスクエアディスプレイ(安物)でした。

更にテレビを横に、上部にゲーム用のディスプレイを置いていたんですね。

ここまでは快適だったんです、ここからが本題。

23インチでフルHDだった

僕の持っているディスプレイは23インチでフルHDでした。

解像度は数字にすると「1920x1080」という事になります。

そこで最近は対して2画面も有効的に使っていないので「もう少しワイドなら全然余裕を持って作業が出来るやろ」とウルトラワイドディスプレイを買う事にしました。

LGのウルトラワイドディスプレイを選択

僕が購入したのはこれでした。ただこれやらかした事に僕自身も買い間違えたんですね。

このモニターの「スタンダード」を注文しちゃったんですが、僕は「曲面」の方を見て気に入ってたんです…。

その結果、34インチの解像度3440×1440を買うつもりが2560×1080を買ってしまったんです。

ってわけで「34インチぐらいあればディスプレイ1.5個分は確保出来る」と思っていたのに、僕のモニターはこのような表示になってしまいました。

解像度が低いと文字が大きくなる

モニター
元々のモニターで表示したのがこれぐらいだとすると。

モニター
今回買ったモニターだとこれぐらいになります。

これ、スクショだとよく意味がわからないと思います。

ですが実はこれ実寸で、モニターの縦の長さは5cmは違います。5cm違うけど、表示されている縦の領域は一緒なんですよ。

つまりそれだけズームをして表示されている状態になっているわけです。これがまた凄く見づらい…。

完全にモニターがちょっと前に出てきた感じまでするんですよ。モニターとかなりの距離があれば話は別かも知れませんが、近くにある場合はかなりキツイと言って良い。

元々僕は3440×1440を買ったつもりでいたので「これまでと同等、もしくはもう少し文字が小さくなるはず」と思っていたので「デカッ!」とつけた瞬間にビックリしました…。

そして現在の解像度を見てみてビックリ、何故か「2560×1080」になっていたので驚いて購入履歴を見たら買う商品を間違えていた事に気付いたわけです…。

スポンサードリンク

モニターを大きくするなら解像度も上げる必要がある

当然ながら、今回の結論としてはこれです。

モニターのサイズを大きくするなら解像度を上げる必要がある!

いやまぁわかってたのにやらかしたので…どうせやらかしたなら、ちゃんとネタにしようと思って記事にしました…凄く恥ずかしいですけどね…。

ビデオカードが悪いと解像度に対応してないかも?

自分の使っているPCのビデオカードを必ずチェックしてから購入しましょう。

ビデオカードのチェックのやり方は簡単です。

ビデオカードのチェックのやり方
デスクトップで右クリックを押して「ディスプレイ設定」を選択します。

ディスプレイが表示されたら「アダプターのプロパティの表示」を選択すればそのままビデオカード名が出て来ます。

後はそのビデオカード名で4Kレベルの解像度に対応しているかどうか検索すれば問題なしです。

30Hzと60Hzの違いについて

僕の使っているビデオカードの場合はギリギリですかね…HDMIはあるので、それで30Hzになってしまうって事です。

ただ僕は仕事でしか基本的に使わないんので、映像が多少遅れても別にね…と言う感じです。

60Hzがベターなんですが、その半分の30Hzになってしまうと、映像などで残像が出るとの事。僕はPCではほとんど動画などは見ません、本当に作業用なので…。

もしゲームなどもやる場合は、この60Hzに対応している事を確認しましょう。

実際に3440×1440で使ってみた

新しく来たLGのディスプレイを使ってみたらこうなりました。

モニター

流石にこれだけあれば十分ですよね。ブログの表示領域だけで区切ったらこれぐらい展開出来るわけですよ。

ちなみにこれ、横幅ですが82cmあります、更に縦が36cmあるので、それぐらいでこんだけ表示すると文字はちゃんと見えます。それだけたくさんの表示があるって事です。

実査に見てみないとわからないかも知れませんが、これぐらいで僕はちょうど良いですね。文字サイズ的には19インチのショボいモニターと一緒ぐらいかな…24インチのフルHDとも一緒ぐらいだと思います。

ビデオカードは対応さえすればなんとかなるレベル

ゲームをする場合は別ですが、ビデオカードは対応さえすればなんとかなります。

僕が使っているビデオカードは、上記した通り30Hzになってしまいますが何の問題もありませんでした。

ですがこれがゲームの場合は話が別、3Dゲームなどをやる場合は本当にちょっとカクカクしてイライラするので、ダメです(笑)

You Tubeぐらいならそこまで気にならない

じゃあYou Tubeもヤバイのかと言えばそうでもありません。

You Tubeの動画は別に遅延などが気になるレベルではなかったし、動き事態もそこまで変に感じませんでした。

ただやはり純粋に動画などの画質も気にするならば、やはりビデオカードは最低限4Kに近い画質が対応しているものを選択するべきでしょう。

4K対応のビデオカードといえばこれぐらいになります。GeForce GTX950ぐらいからのがベターかと。

でもこれぐらいになると電源の問題なども出てくるし、PCのサイズによっては入らない可能性も出てくるので、そのあたりも考慮する必要があるので本当に注意です。

画面を大きくするなら解像度も増やそう!

ってわけで今回の結論ですが、PCディスプレイの画面を大きくするなら解像度を増やした方がベターです。

ちなみにこれはテレビにも同じ事が言えます。フルHDで55インチとかにすると画面がちょっと汚く見えます。

4Kぐらいならある程度見れたものになりますが、以前使っていたテレビが50インチ近くてフルHDだったので、正直あまり綺麗ではありませんでした…。

ってわけで僕の失敗談が誰かしらの参考になれば幸いです~。