Kindle Fire HD8を使ってみた感想…コスパが良すぎて最強の娯楽用タブレット

Amazon Kindle Fire HD8

AmazonのKindle Fire HD8をサイバーマンデーセールで購入しました。

これまでもFire7は持っていましたが、それは妻用で、今度は僕のNexus9が寿命が近かったので、その代わりとして購入しました。

個人的にはかなり気に入っています、色々な意味でコスパ最強の漫画用タブレットになりますね。

スポンサードリンク

最初はバグが多発

動画でも紹介しましたが、最初はバグが多発してドン引きしました。

ですがその後にアップデートが来てからは全くバグがなくなりました。初期設定だとアップデートされていない状態だったのかな…??何にせよ最初にドン引きしたものの、すぐに気に入るようになりました。

コスパが最強過ぎる

確かに気になる点はいくつかあります。

  • 動画だと解像度がやはり低い
  • ブラウザなどを開くと重い
  • とりあえず動作が遅い、ハイエンドスマホを使っていると更に差に引く

こういう不満はありますが、それを上回るほどにコスパが良すぎます。

4,980円で買えたのは大きすぎる

正直な話、8,980円だと個人的には高いかなー?って気はせんでもありません。

ですが4,980円なら「これは最高だな!」と思ってしまうレベルではあります。サイバーマンデーセールなどで価格が落ちている時に買う事を強くオススメしたい…いやまぁ8,980円でも安いんですけどね…。

この安さである事を加味すると、寝室で練る前に漫画を読む用にしたり、VOD動画を見るぐらいには全然良いと思いました。ただ本腰を入れて見るような「映像美」を強みとした動画を見る分には微妙ですね。

ディスプレイが微妙なのは事実

iPhoneなどのハイエンドスマートフォンに慣れている人なら尚更なんですけども、ディスプレイが微妙である事は紛れもない事実なのです。

だからどうしてもスマホに比べると汚い…という評価になってしまいます。

改めてiPhoneにせよPixel3にせよ、有機EL使っているわけなので、そりゃ綺麗だよなーと思うばかりですわ…

なのでそこだけは加味した方が良いかなーとは思いました。

持ち運びも考えて個人的には8がベター

家の中で見るにせよ、外に持ち運ぶにせよ、個人的には7より8だなーと思いました。

Kindle7の場合はどうしても小さくて、漫画にせよ小説にせよ文字が小さくなりがちです。

Amazon Kindle Fire HD8
左が7で右が8です。

サイズの問題で僕はやっぱり7より8だなーって感じですね。

同一アカウントで使える

Kindleは一つのアカウントで複数使うことが可能です。

つまり妻のFire7でプライム・ビデオを見て、僕のFireHD8で別のプライムビデオを見る事も可能なのです。

テレビの取り合いなんてならずに、家族が各々好きな動画などを見ることが出来るって意味でもベターです。もちろん漫画だって同じですよ。

なので僕のアカウントで全部登録して利用しております。

コスパ最強の低価格タブレット

個人的にはやはり7より8ですが、これ以上にコスパが最強のタブレットは当然ないだろうなーって感じです。

僕はiPad Proも地味に持っています。

 

記事でも書いてあるように、iPad ProはあくまでPro仕様です。特に2018年モデルなんかは、Photoshopなどを使う人向けに強くアップデートされています。

iPadは高級品、更にProは仕事で使う人向けである事を忘れてはいけません。

もちろん動画を見るならiPadの方が綺麗である事は間違いありませんけどね…でも正直持っている身としては、そこまでiPadだから綺麗だとは思わないんですよね…。

そういう意味では結局「安価なFireで良いのでは…」って思いもあります。

まぁお金に余裕があって、何より「Apple以外を使うわけにはいかない!」ってぐらいのAppleファン以外は、無理にiPadを買う必要はないと思います。Applegが大好きなら、そりゃそっちの方が良いですよ。

いつも書いてますが、メーカー統一すると連携がしやすいのでめっちゃ楽ですしねーそういう意味ではやっぱりAppleは強いです。僕も統一しようかなーって思ってきてたりしますから…。

ってわけで、個人的には「2018年で買った良かった物」の上位に食い込んできました。理由はもちろん。

コスパが最強過ぎるからです。

娯楽用としてはこれ以上のタブレットはないなーと思います。

持ち歩きもしやすいですしね。ぶっちゃけ4,980円で買った場合、すぐに壊れてもそんなに痛くないし…。