Air Podsは最強のトゥルーワイヤレスイヤホンだ!通話もしやすくて使いやすさが最高に良い

Air Pods

Appleから発売されているトゥルーワイヤレスイヤホン「Air Pods」をとうとう買ってしまいました。

実際に使ってみてどれだけAir Podsが優れているのか実感したので、今回は全力でレビューさせていただきます。

安いのに性能が良いAir Podsはマジでオススメですね。

スポンサードリンク

純正はやはり最高に良い

改めて感じたのは「iPhoneの純正品である」という点です。

他のトゥルーワイヤレスイヤホンの場合は、どうしても純正品ではないので接続が面倒です。

でもAir PodsはiPhoneのために作られた、同じメーカーが作った製品です。

iPhoneに近づけて蓋を開ければ同期し、充電ケースから取り出して耳につければその時点で電源オン、そして耳から外した時点で電源オフ、とても快適に滑らかに自動的に使う事ができます。

Apple Watchの時にも感じた事ですが、iPhoneのために存在するApple Watch、そしてiPhoneとApple Watchのために存在するAir Pods、このように全てが「この商品のためだけに存在する」ってだけで、価値が高まる事を実感しています。

独占禁止法とかにも引っかかるのかも知れませんが、やはり同じメーカー同士で「これでしか使えないけど、完全にフィットするように開発してあります」と割り切ってある方が良い気はしますね。

設定方法などは動画を参考に

実際に届いてから設定して初めて使ってみるまでを動画にまとめてあります。

まぁ設定方法と言っても、本当に充電ケースに入れたままiPhoneの近くで蓋を開ければ同期しますし、後は耳に乗せて音楽を流すだけで聞こえるんですけどね…。本当に感覚で使う事ができる作りになっています。

音質とつけ心地について

僕は元々イヤフォンはカナル型イヤホンを使ってきました。

耳にぶっ挿して聴くタイプですね、これまで使ってきたトゥルーワイヤレスイヤホンが完全にそのタイプでしたし、仕事でいつも挿しているイヤホンもいつもそういうものです。

でもずっと使っていると、確かにちょっと耳が痛くなってくる感覚もあるので、ある意味ではこの耳垂れイヤホンもありかなー?と最近思ってきています。

つけ心地は悪くない

個人的にはこの「耳の引っ掛かりに乗せるだけ」という仕様は嫌いではありません。

耳に圧迫感がないので、特にカナル型イヤホンが嫌いな人には最高の形状をしていると言って良い、僕も耳が痛い時はこれをつけると「ああ、優しい」と感じます。

ただやはりつけ心地よりも気になるのはノイズキャンセリングと音漏れです。

ノイズキャンセリングは無い

当然ですが耳の穴を半分フリーにしているので、ノイズキャンセリング機能はありません

外にいて「周囲の雑音がうるさいな」と思った時にイヤホンをつける人は多いはず。僕もその一人です。

電車内などの公共交通機関を使う時にこれは特に使いまして、周囲がうるさい時はイヤホンをつけて自分の世界に浸り、考え事をしながら外をぼーっと眺めるのが日課でした。

でもAir Podsの場合はノイズキャンセリングができないので、周囲の雑音を切る事ができません。

メリットとしては耳を塞いでいないので「逆に声をかけられてもすぐわかる」などの点です。外を歩いている時につける場合なんかは特に安心ですね。車とか走っている音が聞こえた方が良いので…。

音漏れがするのは気になる

電車などで雑音が聞こえなくしようと思うと、どうしても音量を上げる必要がありますが、このタイプは音が外に漏れる形状になってしまいます。

って事で音量が大きいと豪快に音漏れします。個人的には電車で音漏れをしている人があまり好きではありません。だから僕自身も音漏れをしたくありません。

なのでこの点はマイナスだなーと日々思っています…コレに関しては家でつけて「どれぐらいの音量だと漏れるか」「どれぐらいの音量だとどの距離の人に届くか」妻に聞いてもらってチェックしてもらい、その上で使ってます…(笑)

音質はクリアなタイプか

僕は音楽の専門家ではないのでよくわかりませんが、ウーハー効かせてドゥンドゥンするタイプではないのはよくわかっています(笑)

だから重低音が強いタイプではないですね。ベース音を強調したい人にとっては不満がある音質かも知れません。

通話時の性能がとても強い

コレに関しては動画でも僕の感動っぷりを伝えているのでチェックしてみてください。

自分の声が大きく相手に届く

これまで僕が使ってきたトゥルーワイヤレスイヤホンだと、これが全然ダメでした。

でもAir Podsは自分が喋っている声が大きく、そして周囲の雑音が小さく相手に届きます。これによって非常に喋りやすくなっていました。

動画でも言っているように、これは総て妻にチェックしてもらっています。

他のイヤホンだと「歩いている音がうるさくて全く聞こえない」と言われてしまうレベルでした。Air Podsではそれがないので、歩きながらでも快適に会話が可能になっています。これは本当に凄いと思います。

通話専用で買っても良いぐらい

個人的には快適過ぎて「通話専用で買うのもあり」だと思うレベルです。

実は僕は電話をする時は室内でと決めてまして、そしてスマホ単体で電話するのを極力避けます。

長くなりそうな会話の時は必ずトゥルーワイヤレスイヤホンをつけて会話するようにしていました。

それを考えるとこのAir Podsでの通話が最も楽でして、通話だけのためにAir Podsを買うのもありだと思うレベルです。

価格がとても安い

Air Podsの最も気に入っている点がこれ「価格がとても安い」という点です。

高い物は3万円ぐらいするのに、まさかの約1.8万円で買う事ができます。これは個人的には「ヤバすぎだろ」と思うレベルです。

この金額でこの機能ならそりゃ買いますよ…音質が他のイヤホンに比べると少し劣る気はしますが、それ以上の価値はあると正直思っています。

Air Podsは一度使うと手放せないレベル

僕は有線イヤホンは基本的には使いません。

使うのはデスクトップPCで作業をする時ぐらいですね。それ以外のシーンで未だに有線イヤホンを使う必要があるとは思えません。音楽の専門家だったらもしかしたらBluetoothでの音質が気になるかも知れませんが、そうでもない限りは不要。

僕は有線イヤホンにはもう戻ろうとは思いません。

音質に特に強いこだわりがある人以外は、別に良いんじゃないかな…音質にこだわる音は、僕はBOSEのスピーカーで良いかなーとは思ってますが…。

僕はAir Podsは現状だと最強のトゥルーワイヤレスイヤホンだと思ってます。うーん、まさかここまで良いとは思いませんでした…通話がしやすいのは良いですね本当に。